• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月14日 11:31

豊富な実務経験が裏付ける。プラスの価値を生み出す提案力(前) 福岡の未来を創る101社 

明倫国際法律事務所

広まる企業の海外進出

meirin 明倫国際法律事務所は国内での経営法務を中心に、知的財産、企業側労務、危機管理・対応、国際業務、M&A、行政支援と多様な分野の相談に応じる。弁護士等は現在17名(弁護士16名、非日本弁護士である中国実習律師1名)体制で、経営を同一にする独立の総合法律事務所では、九州・沖縄・中四国で最大規模を誇る。福岡を本拠に、上海、香港、シンガポールにもオフィスを構えるほか、クアラルンプール、ホーチミン、バンコク、ジャカルタなどアジア11都市の現地法律事務所と密接な提携関係を築き、アメリカ、EU、東ヨーロッパ、ロシアにまでネットワークを広げる。そうした海外拠点の多さから、豊富なネットワークを活かした海外業務を手がけることが増えており、2015年の海外関連の取扱件数は年間200件を超えた。

 代表パートナー弁護士の田中雅敏氏は「基本的には九州の企業のアウトバウンドをお手伝いすることが一番多いのですが、その裾野が広がってきているという印象があります」と話す。それは例えば、次のような事例だ。福岡で工芸品や服を扱っている店舗で外国人がモノを買って自国へ持ち帰る。そのモノを偶然見かけた地元の外国人が気に入り、タグや説明書などから情報を集めて福岡の企業を突き止め、問い合わせてくる。企業側からしてみれば海外取引など全くの想定外で、突然アウトバウンドへのつながりができる。海外法人と代理店契約を結ぶ、あるいは現地法人を設立するといったような本格的な海外展開の一歩前ともいうべき、こうした形の海外進出も近年増えているという。「現地法人を展開するような資金力や組織体制を持っていなくても、Eコマースなどを上手に使って海外をマーケットにできるチャンスが広がっている」と田中弁護士。海外案件では言語がまず一つのハードルとなってくるが、同事務所は翻訳会社などを通さず事務所内で直接英語、中国語で業務やドキュメンテーションを遂行する。インバウンド分野では、商品の表示や、知財管理、PL法の関与などが絡むが、同事務所はそうした法律関係の相談にも対応する。費用面も、「中小企業に適切な規模と費用で専門性の高いサービスを提供する」というコンセプトのもと、活用しやすいように配慮された料金設定がなされている。

事業全体の見直しをサポート

 しかし、同事務所の特徴は海外進出のバックアップに留まらない。田中弁護士は「中小企業における海外進出は、全体の事業戦略のなかに一部海外戦略も組み込まれているというケースがほとんどです。私たちは、海外戦略の部分のみを単独でお手伝いするのではなく、その企業の事業全体をサポートします。海外戦略はその全体の事業戦略の一部として最適なサービスを提供するようにしています」と語る。「海外を検討する際に、まずは自社の強みは何か、事業戦略が適切かなど、事業全体を見直す」こと。それが同事務所の真髄である。

 各々が特色を活かすことが求められている時代にあって、他との差別化は企業が生き残っていく唯一の手段だ。単に商品が安価であるというのではもはやマーケットに訴求せず、技術的・品質的に優位で付加価値の高いものでなければならない。その中で、知的財産の位置づけは一つの重要な課題となる。ブランド戦略の立案、特許権や意匠権の取得、あるいは特許の取れない性質のものであれば営業秘密として囲い込む、といった方法で差別化は維持できる。同事務所は事業戦略そのものに知財を組み込み、特許権や商標権、意匠権の取得、取得した権利の活用による他社との差別化や、営業秘密を守る具体的な製品の作り方の提案に至るまでをサポートする。一度差別化が図れれば、海外においてもその価値が維持されるだけでなく国内においても新たな事業展開のなかで優位に立つことができる。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:田中 雅敏
所在地:福岡市中央区天神1-6-8 天神ツインビル7F
開 業:2010年1月
TEL:092-736-1550
URL:http://www.meilin-law.jp

<プロフィール>
tanaka田中 雅敏
慶應義塾大学卒。1999年、弁護士登録。2001年、弁理士登録。認定経営革新等支援機関。企業法務や企業経営に関する幅広い知識と経験で、企業・事業に関する法律と経営の両面から、企業への総合的サービスを提供する。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

人々の日々の生活を陰で支える都市インフラの担い手(前)

  松山建設 (株) 豊富な実績を有する総合建設業者  松山建設(株)は、1956年に現在の築上町で「小松組」として創業したのが始まり。62年には...

2019年01月17日 14:45
NEW!

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

   日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を...

2019年01月17日 14:26
NEW!

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(前)

  大さんのシニアリポート第75回 ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』(東海テレビ制作/監督・伏原健之)を観た。主人公の津端修一は建築家である。日本...

2019年01月17日 14:08
NEW!

トライアル、来期上期に九州で5店出店~ドミナント化進む

   トライアルカンパニーは来期(2020年3月期)上期に、九州で神埼千代田、大町(以上佐賀県)、敷戸(大分市)、山鹿(熊本県)の4店を出店する。3月上旬に計画して...

2019年01月17日 13:21
NEW!

まだ間に合う!賞金総額100万円 学生グループ限定HP制作コンテスト

  応募は1月31日まで  高校生や専門学生、大学生が運営する学生団体やサークルやイベント、部活動、研究室、ゼミなどのグループ活動に関するネット発信で賞金...

2019年01月17日 11:31
NEW!

『脊振の自然に魅せられて』初冠雪登山を楽しむ

   昨年の12月、ワンゲルの後輩や脊振の自然を愛する会のメンバーに声をかけ、忘年登山を行った。参加者は11名、ワンゲルの男女の学生から高齢者までを含む登山となった。...

2019年01月17日 11:12
NEW!

【流通ジャーナリスト西川立一のトレンドウォッチ】青果と加工食品の専門店の平均月商1,200万円~Una Casita(おなかすいた)が首都圏で拡大中

   「Una Casita(おなかすいた)」というちょっと変わった店名の青果と加工食品の専門店が、首都圏で人気を集めている。3年前に1号店を東京・下北沢にオープン、...

2019年01月17日 10:50
NEW!

米中貿易経済戦争の本質:5Gをめぐる主導権争い~HUAWEI(華為)に対する米国の対応から見える焦り(4)

  東洋学園大学教授 朱建榮 氏 中国の5Gに対する米国の狙撃作戦  米側は各国に対して、「HUAWEIは安全上問題がある」としてその採用を阻止し...

2019年01月17日 10:29
NEW!

まちかど風景 筑紫野市でコスモスの店舗建設中

   福岡県筑紫野市原田6丁目でドラッグコスモスの店舗が新築されている。場所はJR原田駅入口交差点そばで、マルキョウ原田店の真向かいで、かつてはミスタードーナツとダイ...

2019年01月17日 10:05
NEW!

農総研、JPと共同で鳥栖に物流拠点開設~物流効率化とコスト削減へ

  ※クリックで拡大  (株)農業総合研究所(本社:和歌山市黒田、及川智正社長)は11 日、日本郵便(株)九州支社と共同で、佐賀県鳥栖市に...

pagetop