• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月04日 14:13

新潟方式反安倍勢力結集で政権刷新を実現 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、主権者の意思を踏みにじってTPPを強行採決することは、民主主義の否定であるとした、、10月31日付の記事を紹介する。

TPP承認案の採決を11月2日以降に先送りすること。これが野党の最低防衛ラインである。

共同通信社世論調査では、TPP審議について次の調査結果が示されている。

環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案について
今国会で成立させるべきだ        17.7%
今国会にこだわらず慎重に審議するべきだ 66.5%
今国会で成立させる必要はない      10.3%
分からない・無回答            5.5%

また、共同通信社は南スーダンでの自衛隊による「駆け付け警護」についても調査している。

南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている陸上自衛隊の部隊に、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」の任務を付与することに

賛成        30.6%
反対        57.4%
分からない・無回答 12.0%

世論調査に十分な信頼を置くことはできないが、上記の数値は主権者の考え方と大きくは離れていないと思われる。TPPについて、明確に反対とする回答が少ないのは、TPPの詳細についての理解が進んでいないことを反映してのことだろう。
メディアがTPPの重要な内容をまったく伝えない。
TPPは単なる関税率引き下げの協定ではない。各国の制度、規制に全面的に影響する、経済社会の枠組みを決定する強制力を持つ協定=条約なのである。
「米国産牛肉のステーキを安く食べられる」という一言で片づけてよい問題ではない。
国会で参考人質疑が行われ、また、すでに北海道と宮崎で地方公聴会が開かれたが、この場でも、さまざまな問題点が指摘されている。

農業の崩壊
食の安全の崩壊
公的保険医療制度の崩壊
労働規制の撤廃
金融資産の収奪
共済制度の崩壊

などさまざまな問題が警戒されている。
多くの有識者がTPPの重大な問題点を指摘し、日本はTPPに参加するべきでないと主張している。この重要な主張がメディアでまったく紹介されていないのである。
そのために、一般市民の多くが、TPPについて判断しあぐねているというのが現状である。
官邸前で継続して展開しているTPP批准阻止運動でも、まずは「この国会での拙速な批准をしないこと」を呼び掛けている。
地球温暖化対策のパリ協定は、日本の承認が遅れ、日本は発効に間に合わない失態を演じている。
これに対して、TPPは発効の見通しがまったく立っていない。米国が承認しなければTPPは流れる。
その米国でTPP承認の見通しはなく、仮にクリントンが大統領に選出され、手のひらを返してTPP承認に進む場合でも、米国はTPPの修正を求めてくると見られている。

だから、TPP交渉参加国は、米国の様子を見守っており、拙速に承認に進もうという国はほとんどない。日本がTPPを焦って拙速承認する理由はなく、拙速承認は主権者に対する背信行為である。
世論調査結果は、日本の主権者がTPP拙速批准に反対であることを鮮明に示している。この主権者の意思を踏みにじってTPPを強行採決することは、民主主義の否定である。安倍政権は強行採決しても、その直後の世論調査結果を改ざんする。「強行採決したが支持率は上がった」というウソの情報をメディアに流布させる。

しかし、このようなペテンに二度も三度だまされるほど、日本の主権者は愚かでない。
安倍政権は次の総選挙で木っ端微塵に吹き飛ばされることになるだろう。まずは、衆議院でのTPP採決を11月2日以降に先送りさせなければならない。

※続きは10月31日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1579号「新潟方式反安倍勢力結集で政権刷新を実現」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

2020年10月01日 14:33

【10/6】タピオカミルクティーのオンライン・ビジネスフォーラム(台湾経済部、貿易センター主催)

 台湾経済部(経済産業省に相当)、台湾貿易センター(JETROに相当)は6日、「2020 台湾タピオカミルクティー国際フォーラム」をオンラインで開催する...

2020年10月01日 14:28

カジノ×ゲーム×オンラインで新市場の形成目指す、中村龍道氏の挑戦(2)

 『現実世界ではコロナの感染拡大防止の観点から規制がかかり、従来通りの仕事ができなくなる、あるいは仕事を失う人が増えています。しかし、デジタルのなかの仮想世界にはコロ...

2020年10月01日 14:18

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(3)

 『近代市場経済システムは、倫理観を備えた市民による自由な経済取引が人々を豊かにし、幸福をもたらすという前提の下、発展してきました...

2020年10月01日 14:06

20万人のコロナ死者たちへの愛憐の情のかけらも示さないアメリカ大統領選候補たち

 アメリカ大統領選挙候補者「トランプVSバイデン」のテレビ討論(現地時間9月29日)を目撃して9割の人々は「アメリカの終焉」を確信したのではないか...

pagetop