2024年04月24日( 水 )

光熱費ゼロ?これからの住宅ZEH(Net Zero Energy House)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

denki 地球環境の保全が叫ばれるなか、住まいの分野においても広がりつつあるZEH(ゼッチ)(Net Zero Energy House)。先日の当NetIB-Newsで発信した(株)栄住産業 代表取締役社長 宇都正行氏が記事内で述べている通り、ZEHが我が国の住宅の標準仕様になる日は、近づいている。

 国家が定義するZEHとは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現したうえで、太陽光発電などによってエネルギーをつくり、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロとする住宅を示す。2020年までに、「標準的な新築住宅でZEH」となることを目標としている。そのためには、ハウスメーカーや工務店などが建てる新築住宅の“過半数”がZEHとなっていることが必要であるという。現段階では、戸建住宅が対象となっているが、マンションなどの集合住宅も目指していく方向性だ。

 ZEHは、高断熱基準と設備の効率化によって20%以上省エネを満たし、さらに太陽光発電などによりエネルギーをつくり出して正味のゼロ・エネルギーを目指すものである。福岡県内の住宅関係者は、「もちろん賛成するが、まだまだ広報含め、普及活動が不足している。また、これまでの戸建住宅よりZEHの住宅は割高感がある。さまざまな課題をクリアにして、前に進めていくことが必要だ」と話す。

 今後も、ZEHについて発信していく。

【河原 清明】

 

関連キーワード

関連記事