• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月05日 11:52

「バングラデシュの少女を救う」シャプラニールの挑戦

 「バングラデシュの少女たちは、“家事使用人”というかたちで休みのない労働を強いられています」。こう語るのは、国際協力NGO特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会(東京都新宿区、岩城幸男代表理事)の前ダッカ事務所長である藤崎文子氏だ。一体どういうことなのか。その過酷な実態と、少女たちを救う挑戦について聞いた。

偶然知った“家事使用人”の実態

シャプラニール前ダッカ事務所長で、今年8月に東京事務所海外活動グループチーフに就任した藤崎文子氏<

シャプラニール前ダッカ事務所長で、今年8月に東京事務所海外活動グループチーフに就任した藤崎文子氏

 藤崎氏のバングラデシュとの出会いは20年以上前にさかのぼる。

 「私はアジアがとにかく大好きで、よく旅行していました。大学時代は外国語学部で国際関係などを学び、卒業後は自動車メーカーに就職。アジアのマーケット担当になりました。そのころ、フィリピンで自動車普及が引き起こす環境問題を目の当たりにし、5年後も自分が車を売る姿が想像できなくなったのです」(藤崎氏)

 さらに、学生時代訪れたインドで子どもたちが置かれている厳しい労働環境が思い出された。「それは本当に衝撃的でした。海外でゆっくりご飯を食べられる自分がどんなに幸せかと。彼らは選択肢が限られている一方で、日本は頑張れば報われる社会です。世界から見たらとても恵まれていることだと気づきました」と、藤崎氏は振り返る。
 そこで、現地で1人ひとりの顔が見える仕事をしたいと考え、97年にシャプラニールに入職。それ以来、バングラデシュとネパールを中心に活動してきた。

 そんな藤崎氏によれば、バングラデシュでは家庭が貧しいといった事情で、33万人もの少女たちが他人の家に送り出され、“家事使用人”として働かされているという。
 「バングラデシュは日本以上に保守的で、女性は社会に出ても仕事の選択肢が極めて少ないのです。縫製業は盛んですが、仕立ては計算が必要ですから、教育を受けていない女性は“家事使用人”がほぼ唯一の労働形態と言ってもいいでしょう。また、送る側の親の心情としては、年頃のかわいい娘が悪い男に狙われないようにと、少しでも裕福な家庭で監視のもとで働いてもらう方が安心できるという側面もあります」。

 およそ7割が14歳以下の少女だが、雇用主への食事の準備、洗濯、買い物から子どもの世話まで時間に追われて学校に行く暇もない。その上、雇用主から暴力を振るわれることもあり、ひどいケースではレイプされたり、死亡事件まで起こってしまうという。そんな実態を知った親は「こんなことになるなら送り出すんじゃなかった」と後悔の念を漏らす。それだけ情報が外に伝わらず、これまで隠された事実だったのだ。

 藤崎氏がそんな実態を知ったのは、ストリートチルドレンの支援活動をしているときだった。ストリートにいるのはなぜかほとんど少年で、少女が見当たらない。そこで、少女のストリートチルドレンに「これまで何をしていたの?」と聞いたところ、「人の家に雇われて家事をしていた。でも、あまりにも仕打ちがひどかったから私は逃げてきたの」という衝撃の事実を口にしたのだ。

教育で未来の選択肢を広げる

youjotati そんな環境を少しでも改善すべく、シャプラニールでは基礎教育などを受けられる支援センターを06年からこれまでに4カ所開設。現在はダッカ市内2か所でセンターを運営しているが、来年4月から3カ所目を開くため、クラウドファンディングを使って新たな支援者を発掘し、さらに支援の輪を広げようとしている。

 「センターでは1年半のカリキュラムを組み、ベーシックなレベルでベンガル語、算数、英語を、ほかに保健衛生や家事も教えます。一定の教養が身に付けば仕事の上で失敗も減り、雇用主にもメリットがありますし、彼女たちも仕事でミスをして雇用主からの暴力を防げ、評価も向上して給料アップや転職など、将来的に選択肢が広がります。何よりもできることが増えるのが、彼女たちの楽しみとなり自尊心を持つことにもつながります」(藤崎氏)。

 今年7月、首都ダッカでカフェが襲撃され、日本人も巻き込むテロ事件が起こった。NGOの活動は制限が一層厳しくなったが、シャプラニールではそんな状況下でも次の世代を担う子どもたちを支援すべく国際協力にまい進している。

■クラウドファンディング「過酷な児童労働からの解放へ バングラデシュの少女たちに教育を!」

<期 間>
2016年12月20日(火)午後11時まで

<目標金額>
310万円(12月3日現在で62%達成)

<URL>
https://readyfor.jp/projects/girls_education

<COMPANY INFORMATION>
所在地:東京都新宿区西早稲田2-3-1
代表理事:岩城 幸男
設 立:1972年9月

▼関連リンク
・バングラデシュで40年支援活動「取り残された人々」を見つめて(前)
・バングラデシュで40年支援活動「取り残された人々」を見つめて(後)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月17日 17:34
NEW!

キャナルシティ前のアーフェリーク迎賓館が6月に閉鎖へ

   キャナルシティ博多近くの結婚式場、アーフェリーク迎賓館(福岡市博多区祇園町)が6月末に閉鎖されることがわかった。アーフェリーク迎賓館を運営するテイクアンドギヴ・...

2019年01月17日 17:22
NEW!

【パチンカー代の『釘読み』】パチンコ「プラザ」運営の宣翔物産、地元密着で生き残れるか

   宣翔物産(せんしょうぶっさん)と聞いてピンとこない人でも、パチンコホール「PLAZA(以下、プラザ)」の名前は耳にしたことがあるはずだ。福岡県内で9店舗営業中...

2019年01月17日 16:46
NEW!

レギュラーガソリン、全国平均価格142.8円~11週連続の値下がり・長崎県が全国最高値

   資源エネルギー庁が1月17日に発表した石油製品小売市況調査によると、1月15日時点でのレギュラーガソリン1Lあたりの全国平均価格は142.8円で、前週(1月7日...

2019年01月17日 16:03
NEW!

阪神淡路大震災から24年~被災者のこころのケアは今

  震災遺構がある神戸市中央区の 神戸港震災メモリアルパーク  1995年1月17日、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が近...

2019年01月17日 15:38
NEW!

「携帯料金は4割値下げ余地がある」~菅官房長官の発言を検証する(下)

  【表1】を見ていただきたい。日本を代表するトップテン企業の売上高および当期純利益の順位表である。 ~この表から見えるもの~ 2.日本の売上高トップ...

人々の日々の生活を陰で支える都市インフラの担い手(前)

  松山建設 (株) 豊富な実績を有する総合建設業者  松山建設(株)は、1956年に現在の築上町で「小松組」として創業したのが始まり。62年には...

2019年01月17日 14:45

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

   日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を...

2019年01月17日 14:26

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(前)

  大さんのシニアリポート第75回 ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』(東海テレビ制作/監督・伏原健之)を観た。主人公の津端修一は建築家である。日本...

2019年01月17日 14:08

トライアル、来期上期に九州で5店出店~ドミナント化進む

   トライアルカンパニーは来期(2020年3月期)上期に、九州で神埼千代田、大町(以上佐賀県)、敷戸(大分市)、山鹿(熊本県)の4店を出店する。3月上旬に計画して...

2019年01月17日 13:21

まだ間に合う!賞金総額100万円 学生グループ限定HP制作コンテスト

  応募は1月31日まで  高校生や専門学生、大学生が運営する学生団体やサークルやイベント、部活動、研究室、ゼミなどのグループ活動に関するネット発信で賞金...

pagetop