• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月16日 07:04

5年続いた乗っ取り騒動がようやく決着のアコーディア・ゴルフ(後) 年を越すお家騒動 

パチンコ・パチスロの平和の新オーナーの野望

golf1min PGMホールディングス(株)による(株)アコーディア・ゴルフの乗っ取りには、1人の人物の野望が存在していた。PGMの親会社である、パチンコ・パチスロ業界トップの(株)平和のオーナー石原昌幸氏だ。「パチンコ王」と言われた平和の創業者、中島健吉氏から平和を買収した石原氏は、成熟市場となったパチンコ・パチスロ機事業から、ゴルフ場事業を柱とする総合レジャー産業への脱皮を目指す。

 まずは2011年11月、ゴルフ場2位のPGMを買収した。PGMは02年、米投資ファンドのローン・スターが(株)地産グループのゴルフ場を買収して立ち上げた運営会社で、05年に東証一部に上場した。PGMの親会社はローン・スターから平和に交代。次に、子会社に組み入れたPGMが、ゴルフ場首位のアコーディアのM&A(合併・買収)を仕掛けていく。

 壮絶バトルの第1ラウンドは、12年6月28日に開催されたアコーディアの株主総会。双方によるプロクシーファイト(委任状争奪戦)によって開催中に議案の可否が終わらないという異常事態になった。2日間におよぶ前代未聞のマラソン総会の結果、会社側が勝利した。

 第2ラウンドは、12年11月から13年1月にかけてのPGMによるアコーディア株のTOB(株式公開買い付け)。このとき、旧村上ファンドのレノが参戦した。大量の株式を買い占めてキャスティングボードを握ったレノは、自社株取得を行うことを要請する書簡をアコーディアに送り、TOB期限である13年1月17日の正午までの回答を求めた。イエスならPGMのTOBに応募しないが、ノーならTOBに応募するという内容だ。
 アコーディアの回答はイエス。レノはTOBに応募しなかった。TOBが成立しなかった要因だ。

究極の買収撃退策、焦土作戦

 第3ラウンドは、究極の買収撃退作戦である。アコーディアは14年8月、保有する133ゴルフ場の7割に当たる90カ所をシンガポールのファンドに売却し、1,117億円以上の資金を手にした。その資金で450億円以上の自社株をTOBで買い入れた。
 ゴルフ場の売却で資産を切り離すことで、本体には優良資産がなくなる。PGMの敵対的買収を撃退する焦土作戦だ。同時に、ゴルフ場の売却で得たカネで、レノから要求されていた「自社株買い」の原資を手入れた。一石二鳥の奇策だ。

 レノら旧村上ファンドはTOBに応募し、296億円で売却した。平和はアコーディアの買収を断念。15年7月、平和はPGMを完全子会社化して、PGMの上場を廃止した。

 そして今回、村上世彰氏、野村絢氏の父娘と側近の三浦恵美氏は、買い増してきたアコーディア株全株を194億円で売却。前回分と合わせて490億円を手にした。これまで投じた金額は380億円程度とみられており、差し引き110億円程度の利益を挙げた。

 アコーディアの乗っ取り騒動では、仕掛けた側の平和のオーナー石原昌幸氏は撃退された。一方、アコーディアの経営陣は、投資ファンドへの身売りに追いやられた。どちらも挫折した。その間隙を縫って、村上ファンドは漁夫の利を得たのである。

(了)
【森村 和男】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月25日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】有名芸能人の政治的発言(3)NEW!

 不当判決の裁判官に対する解職請求制度は、権威主義に馴らされた現在の国民の意識、知的レベルではとんでもない制度のように写るかもしれない...

2020年09月25日 07:00

孫正義氏の究極の選択~ソフトバンクグループの株式の非公開化はあるか?(3)NEW!

 SBGは保有資産4.5兆円を売却、資金化を進める一環として、8月上旬までにアリババ株を活用して計1.6兆円を調達した...

2020年09月24日 17:47

【BIS論壇N0.330】インドの現状と中印関係(後)

 インドでは、10カ所のGlobal in‐House Center(グローバル自社センター)、Mega Industrial Clusters(巨大産業集積地域)の...

2020年09月24日 17:39

中国経済新聞に学ぶ~中国の5Gユーザー年内に1億人突破へ(後)

 調査会社・ニールセンが9月12日に発表した報告によると、間もなく到来する5G(第5世代移動通信システム)時代に対して、中国の消費者は積極的な姿勢を見せ、それを待ちわ...

2020年09月24日 17:05

国の「太陽光・風力発電推進」どこまで本音?再エネ政策に漂う不透明感(前)

 洋上風力バブルでも、相変わらず向かい風が吹く日本の再生可能エネルギー。燃料費ゼロでも多額の初期投資と送電系統の空き容量などの問題から、太陽光・風力発電は政策なしには...

2020年09月24日 16:51

「博多廊」「星期菜」が10月1日より営業再開~IMD Alliance

 福岡を中心にホテル・旅館、和・鮨・洋・カフェ・中華レストランを店舗展開するIMD Alliance (株)は、営業を自粛していた「九州の旬 博多廊」と「西中洲 星期...

2020年09月24日 16:37

明倫国際法律事務所が海外リーガル雑誌のウェルス・マネジメント部門賞を受賞

 明倫国際法律事務所が、海外リーガル雑誌Lawyers Worldwide Awards Magazineが主催するLawyers Worldwide Award M...

2020年09月24日 15:24

もっと糸島を楽しもう、観光アプリ『いとたび』登場

 糸島市とNTT西日本、そして、糸島を拠点にさまざまな「おもしろい」コトの創出に取り組むいとしまちカンパニーは、観光振興に関する実証実験の一環として、糸島観光ポータル...

2020年09月24日 13:24

【凡学一生のやさしい法律学】有名芸能人の政治的発言(2)

 芸能人出身の国会議員には一定の法則がある。決して全盛期に政治家に転身した例はない。このことは国会議員の地位が、芸能人の全盛期の収入に代わると見なされた結果であると推...

意外に早い?菅内閣終わりの始まり

 菅内閣は内閣発足直後に次期衆院選の情勢調査を実施したのではないか。調査結果を踏まえて解散総選挙の時期を判断することになるだろう...

pagetop