• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月28日 07:03

【検証】八幡物産『北の国から届いたブルーベリー』届出撤回の顛末(1)

161223_s_hc 八幡物産(株)(本社:鳥取県米子市、八幡清志代表)は11月25日、同社が販売する機能性表示食品『北の国から届いたブルーベリー』(届出番号:A164)の届出を取り下げた。同品(届出番号A89)は昨年9月16日にも一度受理されたが、同30日に撤回しており、今回が2度目の受理撤回となった。同じ商品名で撤回が2度に及ぶのは今回が初めてのケース。

 最初の撤回は、届出に採択した論文が査読付きではなかったという理由からだった。そして今回の撤回も、採択文献が機能性表示の根拠としては弱いとの理由によるもの。同社は消費者庁の指摘に基づき再レビューを行った結果、同品が機能性表示食品として販売するには根拠不足ということがわかったとして撤回を決めたと、自社ホームページなどで発表した。

 同品の届出をめぐっては、早くから日本アントシアニン研究会(矢澤一良会長)がその不備を指摘し、八幡物産に届出の取り下げを申し入れていた。しかし八幡物産は、今回の撤回は研究会の指摘とは「無関係」と話している。業界各紙がそのことを報道した。
 データ・マックスは八幡物産に対して12月6日に「届出の撤回理由が研究会の指摘と無関係なのか」「撤回の理由と同様の指摘を研究会から受けたことがないか」の確認を求めたが、「質問には答えられない」とのことだった。

 表に見るとおり、日本アントシアニン研究会が機能性表示食品『北の国から届いたブルーベリー』の届出に最初に疑義を指摘したのは2015年12月27日。その後、16年1月7日付で正式に書面で通知。その際、消費者庁にも申し入れを行っている。
 そして八幡物産は16年3月1日に、同品を発売。研究会側は3月17日、指摘について質問を繰り返した書面で、八幡物産との過去のやり取りをホームページ上で公開する可能性を示唆した。それに対し八幡物産は、東京地方裁判所に仮処分命令の申し立てを求めることで、研究会がこれまでの経緯を公表できないようにした。その後、八幡側が申し立てを取り下げる6月24日までの約3カ月間、両者は東京地裁の一室で互いの正当性を主張し合った。

 データ・マックスはこのほど、裁判所で行われた審尋資料を入手した。両者の間で当時、どのような論争が行われていたのか、資料を踏まえながら検証したい。

 両者の対立をめぐっては、「事業者間のビジネス上の揉めごと」「事業者間の争いに業界団体が首を突っ込むべきではない」など、誤解に基づいた見解が流布している。裁判所のなかでの審尋は公けにされていないため、憶測の範囲内で話題が取り上げられるに過ぎず、公正な審判が下されないままだった。八幡物産もメディアの取材に対し、研究会の指摘と撤回は無関係だとし、それをそのまま業界紙が報道。今も真相はうやむやのままになっている。

 さらに同社は、機能性表示食品を取り下げる方針を明らかにした後も約10日間、自社ホームページ上で同品を機能性表示食品として販売し続けた。その間、実際に同品を注文した消費者は、機能性表示食品としての根拠を持たない『北の国から届いたブルーベリー』を機能性表示食品として受け取っている。「事業者の自己責任に基づく制度」とする消費者庁は、この行為が食品表示法に抵触するとまでは言えないとしている。しかし、実際に機能性表示食品の資格を満たさない商品を購入した一部消費者の利益は守られているのか。ほかにも似たような商品が市場に流通している恐れはないのか。

 両者間で交わされた論争を本サイトで紹介し、読者の公平公正な判断を仰ぐことが公けの利益に寄与するものと信じたい。

(つづく)
【田代 宏】

健康情報サイトはこちら >>
健康情報サイトでは健康・食に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月29日 09:00

根強い低価格志向、マルキョウ7品目を値下げ~主要3社食品18品目売価調査NEW!

 根強い値下げ圧力――データ・マックスが26日に調べた低価格3社の食品18品目売価によると、1月6日時点に比べ、トライアルは値上げ1品目、値下げ2品目、ルミエールは値...

2020年02月29日 07:00

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(2)NEW!

 2016年4月に新たな障害者雇用促進法(2013年改正)が施行された。改正のポイントは3つ。(1)障害があることを理由に採用を拒否したり、低い賃金を設定したりするこ...

2020年02月28日 18:49

【新型コロナ】繁忙期真っ只中の住宅業界「在庫で対応も長期化を懸念」

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、TOTO、LIXILなど住宅設備機器の一部で納期遅延が発生したことで、地場の住宅業界でも影響が出始めた。

2020年02月28日 18:34

休校要請、対応わかれる各自治体~東京23区

 安倍晋三首相は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために全国の小中学校、高校、特別支援学校に3月2日から春休み終了まで臨時休校にするよう要請した。

2020年02月28日 18:11

【ベトナム視察記】ぼったくり額は交渉で決定~タクシー運転手

 ベトナムの移動手段として定着した配車アプリ・GRAB。今回の視察では手頃な料金と位置確認ができる安全性から日本人の間ではタクシーより利用頻度が高いことがわかった。

2020年02月28日 17:53

「まるで、政府への忖度強要だ!」イベント中止・延期要請に悲鳴を上げる九州の演歌公演業界

 安倍首相は2月26日、「全国的なスポーツ、文化イベントなどについては、今後2週間は中止・延期、または規模縮小などの対応を要請することといたします」と政府の新型コロナ...

2020年02月28日 17:29

シリーズ・コロナ革命(3)~中国人系経営者に聞く:業務減のため社員を休職に

 中国で共産党関連組織での勤務経験のあるインバウンド企業の経営者A氏に話を聞いた。

2020年02月28日 17:20

ベトナムの最前線にみる「勢い」と「現況」

 データ・マックスは2月14日から17日にかけて、近年急成長を遂げているベトナムのハロン湾(自然世界遺産)、ハノイ市街近郊を視察した。

2020年02月28日 17:14

九州地銀の株価全面安続く

 本日(28日)の東京株式市場の日経平均株価は、前日比▲ 805円27銭の2万1,142円96銭(▲3.67%)。一時1,000円を超え2万1,000円を割る局面もあ...

2020年02月28日 17:12

コロナで業界再編が加速か~学習塾業界

 安倍首相が新型コロナウイルス感染症対策として、全国小中高に休校を要請したことを受けて、学習塾各社も対応に追われている。現時点では、学生や保護者に対して予防措置を訴え...

pagetop