• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月24日 15:34

地ビール工房「ブルーマスター」――福岡のクラフトビール

 近年若者のビール離れが進むなか、クラフトビールが注目を集めている。クラフトビールとは小規模で独立したブルワリーが醸造するビールのことで、独特の味わいと香りが特徴である。大手ビール会社が大量生産するビールに対し、クラフトビールは生産者や地元の特徴が色濃く表れる。福岡県でも地ビールは生産されており、その中でもビール一筋で経営を行っている会社が、「ブルーマスター」を看板商品とする(有)ケイズブルーイングカンパニー(本社:福岡市城南区、加藤秀則)だ。

 代表の加藤秀則氏が創業したのは2001年5月。当時は90年代後半の「地ビールブーム」が終焉したばかり。創業にあたって周囲に賛同する人はいなかった。しかしビールに対する熱意は止まらず、必死で製造免許を取得し、夫婦で創業するに至った。製造から販売までゼロからのスタートだった。

 2000年代に入り、ビール市場は価格の低い発泡酒や第3のビールが席巻している。その中で加藤氏はお客さんに自分の口に合うビールを見つけてもらうことを喜びに、自らの至上命題としている。開業当時はオーソドックスなエールビールを生産していたが、地元のいちごを使ったエールビールなどフルーティーな商品もそろえるようになった。現在販売に際して特に力を入れているのがクラフトビールを提供するイベントだ。主催している「九州ビアフェスティバル」は好評で今年は6回の開催を予定している。直接お客さんと触れ合うのも、自分のビールを見つけて欲しいという加藤氏の思いが形になったものだ。

 「日本人の口に合うエールビールを」――。加藤氏の熱意が信念となり、多くの人の共感を得ている。

【木村 尚基】

▼関連リンク
・THE BREWMASTER 公式HP​


流通情報サイトこちら >>

 流通情報サイトでは流通業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

<日刊マックス流通のご案内>

 日刊マックス流通は沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「日刊マックス流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月15日 09:00

【8/15~31】福岡出身プロゴルファー小田孔明氏が豪雨災害復興チャリティー開催NEW!

 プロゴルファー小田孔明氏らは、令和2年7月豪雨の被災地のファンへの恩返し、復興支援の思いを込めて、チャリティーオークションを本日15日から31日までモバオクで開催す...

2020年08月15日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(後)NEW!

 ナインアワーズが再生を手がけるのは、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で、かつターミナル駅徒歩数分の立地に限定している...

2020年08月15日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(後)NEW!

 市担当者は「受け皿となる民間事業者はある。ただ、業務量が膨大なため、単独の企業ではなく、複数企業から成るSPC(特別目的会社)を想定している」と話す...

2020年08月15日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(4)NEW!

 神戸市の人口は、20年6月時点で151万人。阪神淡路大震災の影響により151万人から142万人まで減少したが、その後は回復を続け、2011年には154万人に達したも...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

pagetop