• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月16日 14:13

独自システム構築で業務効率を改善へ~(株)グッデイ(前)

(株)グッデイ 代表取締役社長 柳瀬 隆志 氏

 「グッデイならできる♪」のテレビCMで、北部九州では相応の知名度を有するホームセンター「グッデイ」。同店を展開する(株)グッデイの代表取締役社長の柳瀬隆志氏は昨年6月、40歳で社長に就任した。自身は商社マンを経て同社に入社後、独自システムの構築をメインにした業務効率の改善に力を注ぐ。4月10日には自社のシステムを他の小売業へ提供する事業もスタートするなど、業界内外で話題となっている。

Tableauを活用し作業時間を100分の1に

 ――社長就任からまもなく1年を迎えます。柳瀬社長は以前からシステムが得意な経営者としての印象が強かったですが、4月10日には自社のシステムを使ってデータ活用支援事業を始められました。元々、システム関係のお仕事をされていたのでしょうか。

(株)グッデイ 柳瀬 隆志 代表取締役社長

 柳瀬社長(以下、柳瀬) 私は大学卒業後、商社でコンビニエンスストア向けの海外の商品の買い付けなどを行っていました。そのとき、エクセルを使用した表計算システムなどをつくったりして、効率良く仕事を行う工夫は常に考えていましたが、まさか家業を引き継ぐ際に業務効率化の仕事を行うとは思ってもいませんでした。

 ――システム構築には、アメリカのBI(ビジネス・インテリジェンス)ツール「Tableau(タブロー)」を使用されていると聞きました。

 柳瀬 私は商社を辞めて2008年に弊社に入社した後、最初は店舗に配属となり、その後に本部のほうに入りました。13年からは副社長となったのですが、当時、取引先とのやり取りはエクセルの表計算システムを使っていました。しかし、汎用ソフトの限界と言いますか、これだと分析にとても時間がかかります。その後、業務効率化に向けて、ツールを探し始め、ようやく2年前にアメリカのTableauと出会いました。まずは自分で試してみて、「これは使える」と確信したので、アライアンスパートナー契約を結びました。

 ――Tableauのメリットは、どのようなところにありますか。

 柳瀬 Tableauは簡単にいうと、企業の膨大な情報を蓄積し、分析・加工するものです。専門知識がなくてもデスクトップ上でドラッグ&ドロップするだけで、表やグラフなどのビジュアル化されたデータを簡単に閲覧できます。我々はこのBIツールとクラウドデータベースを組み合わせたプログラムを活用しているのですが、これによりさまざまな業務効率の改善が期待できます。

 ――具体的には、どのような改善が見られましたか?

 柳瀬 それまではエクセルを用いて1カ月かかっていたデータ分析が、100分の1の時間で済むようになりました。たとえば、以前であればPOSデータの分析は月初に取りかかり、月末に結果が出るという1カ月がかりの仕事でしたが、今では半日もあれば出せます。

 ――それは、かなりの業務の効率化になりますね。

 柳瀬 Tableauが社内で浸透した後、昨年9月に取組先にも公開しました。現在は、社内外で150名程度が使用しています。我々のホームセンターは、取り扱いアイテムが約7万アイテムもあり、16名のバイヤーで回していますが、我々はこの集計作業、データ加工に費やす時間を大幅に短縮できたので、かなりの効率化につながっています。当然、経営上も大きなプラスとなっています。

 ――最近の具体的な成果を教えてください。

 柳瀬 我々は、園芸と工具が主力のホームセンターなのですが、昨年10月、園芸品を生鮮食品のように扱う「絶対鮮度宣言」を打ち出しました。たとえばパンジーやビオラの苗は、厳しい品質基準に合格したものを入荷から4日以内で販売します。これは、仕入と在庫管理がしっかりできていないとできません。販売日数が限られていますので、販売数を予想して、それに応じて商品を仕入れます。目標数字に誤差があれば翌週訂正します。まさに仮説と検証の繰り返しなのですが、このようなことを実現できるのはTableauのおかげです。管理システムが整ったおかげで、従来よりも正確な「消費者インサイト(購買欲求)」を引き出す仕組みをつくることが可能となりました。

 ――これは在庫の平準化につながり、業務効率化となりますね。

 柳瀬 在庫が平準化され、最終的にはAI(人工知能)で処理できれば理想ですね。しかし、データ分析は容易にできても、業務改善にまでつなげるのは難しく、課題はあります。ですが店舗を回るとき、今までは各店長と数字を共有することが難しかったのですが、現在はグラフなどを用いて打ち合わせができるので、情報共有も非常に楽です。

(つづく)
【矢野 寛之】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:柳瀬 隆志
所在地:福岡県筑紫郡那珂川町松木2-61
設 立:1950年2月
資本金:5,000万円
売上高:(16/3)324億4,600万円

<プロフィール>
柳瀬 隆志(やなせ・たかし)
1976年、福岡県生まれ。95年、久留米大学附設高校卒業後、東京大学経済学部に進学。大学時代はボート部に所属した。大卒後、三井物産に入社。2008年に嘉穂無線(株)(現・(株)グッデイ)に入社後、1年間の店舗勤務、営業本部長、副社長などを経て、16年6月に同社の社長に就任した。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月02日 17:27

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(前)

 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企...

2020年07月02日 17:10

新型コロナウイルス~首都圏を中心に感染拡大

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月2日...

2020年07月02日 16:40

姪浜駅に憩いの場「めいのはまMarché」オープン

 JR九州フードサービス(株)は、福岡市地下鉄・JR「姪浜駅」構内に、個性豊かな専門店が集まる憩いの場「めいのはまMarché」をオープンさせる...

2020年07月02日 16:26

ストラテジーブレティン(255号)~Point of No Return、米国の対中金融制裁が俎上に~慎重な投資姿勢を(前)

 6月30日、「香港国家安全維持法」が制定され、即時施行された。香港の民主主義と自治が失われ、一国二制度が終わった。世界は熾烈な米中冷戦へと展開していくだろう...

2020年07月02日 16:17

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(前)

 関電事件は究極の国家犯罪の完成形である。法律犯罪国家における利権構造の雛形といえる本件事件は、日本は悪徳法律家が支配あるいは跳梁跋扈する法匪国家であることを示した...

2020年07月02日 16:00

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(1)

 6月15日、河野防衛大臣は「イージス・アショア」の配備計画の停止を発表した。日本国内のみならず、周辺国や製造元のアメリカにも激震が走った...

2020年07月02日 15:30

サザン無観客ライブで売り上げ6億5,000万円!ウェブ配信動画に光明

 サザンオールスターズは6月25日、無観客リモートライブを開催。400人を超えるスタッフと40台カメラで演出されたライブは、有料視聴ライブとして8つのメディアで配信さ...

2020年07月02日 15:06

【特別寄稿/山崎伸二教授】新型コロナウイルス感染症は我々に何を教えてくれたのか(後)

 20世紀に入ると感染症の治療薬が次々と見つけられていく。1910年、自らが合成したヒ素化合物を1番から順番に調べていた秦佐八郎がドイツ人パウル・エーリッヒとともに...

2020年07月02日 14:31

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(後)

 不安感は不満となって顕在化する。向かった矛先の1つは政治だった。並行して、感染状況のみならず、制度や対処が違う他国の部分的な状況がマスメディアとSNSを介して人々に...

2020年07月02日 14:17

【インタビュー/玉城絵美】「リモート」のその先へ 10体のアバターを動かす世界がすぐそこに(後)

 日本では新型コロナウイルスの感染が広がる前から、〈リモートでコミュニケーションせざるを得ない社会が来る〉と、世界に先駆けて大きなプロジェクトが動き出していました...

pagetop