2024年06月19日( 水 )

キューサイ、藤野会長辞任!事実上の新体制に

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

キューサイ(株) 本社

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長)の藤野孝氏が、8月31日付けで取締役会長を辞任していたことがわかった。

 同社は昨年9月、子会社の日本サプリメント(株)の、特定保健用食品(トクホ)「豆鼓エキスつぶタイプ」、「ペプチドエースつぶタイプ」など6商品の許可取り消しや、今年2月に許可条件を満たしていない8商品をトクホであるかのように表示していたことで、景品表示法違反(優良誤認)および総額5,471万円の課徴金納付命令が下されたことなどの責任を取る形で、今年3月末までに、同氏を除く取締役全7人が辞任している。

 前社長だった藤野氏は、代表権のない取締役会長に就任していたが、同氏が以前、日本サプリメント(株)代表取締役として、辞任した他の役員よりも、行政処分を受けた対象商品の製造や販売に深く関わっていたことで、内外の関係者から、会長職に留まる藤野氏の責任を問う声が上がっていた。

 藤野氏から引き継いだ現社長の神戸聡氏は2015年に(株)ドクターシーラボから、副社長の佐々木剛司氏は今年2月に西日本シティ銀行から今年2月にそれぞれ就任している。同社の社歴や役員経歴も浅いことや、9月1日付けで、専務取締役にコカ・コーラボトラーズジャパン(株)から島原芳紹氏、執行役員に松下茂幸氏が就任していることから、業界関係者からは「藤野会長が辞任したことで、古参のキューサイの関係者がすべていなくなった。これから大きく変わる可能性がある」、「これからは親会社の色が濃くなるのでは」という声があり、事実上の新体制となった同社の動向が注目される。

 

関連キーワード

関連記事