2024年02月26日( 月 )

糸島市とあなたを結ぶAI(人工知能)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 糸島市では、(株)富士通研究所と九州大学マス・フォア・インダストリ研究所(※)と共同で、AI(人工知能)を活用して糸島市への移住希望者と移住候補地(行政区)をマッチングさせる実証実験を行っている。

 実証実験が行われているシステムの概要は次の通り。(1)専用サイトに移住希望者が希望(交通アクセスが良いなど)を入力→(2)移住者が移住に対して何を重視するのかなどを九州大学の数理技術が分析→(3)富士通研究所のAIが最適な移住候補地(行政区)を推薦するほか、候補地の密着情報(人口や面積といった統計的な情報だけでなく、地域の行事や雰囲気などを伝える地域での生活に密着した情報)を伝える(詳細はコチラ)。

 増加傾向にある糸島市への転入者数。福岡県内からの移住者が中心(下図参照)。

 遠方から糸島市への移住をお考えの方は、一度AIの意見を聞いてみるのも面白いのではないか。

【代 源太朗】

※九州大学マス・フォア・インダストリ研究所:文部科学省共同利用・共同研究拠点にも認定されたアジア初の産業数学の研究所。金融、保険、資源探索、災害予測、エンターテイメントなど、現代社会を牽引する高度テクノロジーの多くについて研究している。

 

関連キーワード

関連記事