わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月09日 07:02

奇跡のJ1昇格 V・ファーレン長崎 高田明社長の目指すものは(3)

(株)V・ファーレン長崎 代表取締役社長 高田 明 氏

 Jリーグ・J2は毎シーズン有力チームが入れ替わり、当初有力視されていたチームが下位に沈み、ノーマークの弱小チームが躍進するドラマが繰り返されている。とくにJ1への昇格争いは、「まさか」の声が漏れるような快進撃や大逆転劇が相次ぐ、世界でも稀に見る過酷な戦い。2017年4月に高田明氏が代表に就任したV・ファーレン長崎の昇格劇は、そのなかでも白眉といえるだろう。立役者の1人である、高田明代表に話を聞いた。

J2の力を越えたから昇格できた

 ――来シーズンの目標としては、やはりJ1残留ですか。

昨年11月から使用開始されたクラブハウス

 高田 いやいや、残留は目標にはならないですよ。残留では、皆さまの夢にならないでしょう。「残留するぞ!」というためにJ1に上がったわけじゃないですから(笑)。どんなことでも、達成できるかどうかはわかりません。ビジネスの世界でも、目標を掲げても目標に達せないことはある。努力しても、自分たちの力だけでは越えていけないいろいろなリスクがあります。だからこそ、そのプロセスにどれだけ向き合っている自分たちをつくれるかということが、結果的に、残留以上のものを生み出していくと思います。一戦一戦、一秒一秒を真剣に戦っている選手の姿を想像し、それを応援しているファンと県民の姿を想像し、それが一体になったときに残留どころかアジアも……という世界にいけるかもしれない。そういう夢をもってもいいじゃないですか。

 ――目標が残留ですと、現実的すぎるかもしれませんね。

 高田 18年の年末になって、「いやあ残留してよかったですね」という人は誰もいないと思うんですよね。夢はもっていいんですよ。それが自分たちがもっている以上の力を出してくれる。人間、やらなきゃいけないと思ったらやれるんですよ。本当の情熱が出てくれば、周りが見る以上の力を発揮できるんです。それが、V・ファーレン長崎が13戦負けなしで昇格できたということだと思いますよ。「J2の実力ではJ1では通用しない」ではなくて、「J2の力を超えたからJ1に上がることができた」と、選手たちの力を信じたいんですね。その証拠に、毎試合違うヒーローが出てきてくれました。全選手が1つの方向に向かっていました。よく「社長、いったい何をしたらそうなったんですか」と言われますが、私は何もしていません。気持ちを語ってきただけです。でも、人は気持ちで変わるということが、V・ファーレンの今年に現れていると思います。

20億円規模の収入目指して経営基盤を強化

 ――では18年は、社長としてどんな動きをしていくおつもりですか。

クラブハウスのエンブレムは、募金したサポーターの顔写真で作られている

 高田 経営の立て直しはまだ道半ばです。ようやく1人立ちできたというところですね。V・ファーレン長崎はジャパネットの子会社ですが、その立場にいつまでもいてはいけない。まだ企業再生の途中ですね。

 ――企業としての営業収入は、福岡、鳥栖など同じ九州のJリーグクラブと比べてもまだ低い状態です。アビスパ福岡の半分以下ですね。

 高田 そうですね。広告収入は3億5,900万円。これはトップの名古屋グランパスの10分の1以下ということになります。これは17年は大きく改善しました。それにJ1では20億円程度の規模の営業収入がなければ経営していけませんが、そこも見えてきました。でも、強化を進めていくためにはまだ足りませんから、努力しています。サガン鳥栖さんが27億円ほどですが、ここを目指して努力していきます。

 ――観客動員数も増えるでしょうから、入場料収入も期待できますね。

 高田 17年の1試合平均の観客動員数は5,941名でした。たしかに少ないですが、平均ではなくて昇格がみえてきた時期でみていただきたいですね。名古屋との試合では1万人を超える観客に来ていただきました。逆に観客が多過ぎて入れないことも心配してますよ。

(つづく)
【深水 央】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:高田 明
所在地:長崎県諫早市多良見町化屋1808-1
設 立:2006年6月
資本金:3億4,000万円
売上高:(17/1)7億4,900万円

 
キーワードタグ:長崎  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑むNEW!

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現NEW!

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦NEW!

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

2020年01月24日 17:07

(株)ラック社長・柴山文夫氏「お別れ会」~約1,400人参集!故人の人柄を慕った方が数多く

 2019年12月17日に満78才で永眠されたラック社長・柴山文夫氏のお別れ会が同社の結婚式場「RIT5」で行われた。参列者は1,400人を超え献花の時間は40分にも...

2020年01月24日 16:21

武漢市ってどんなところ? 三国志の舞台 桜の名所

 新型コロナウイルスの発生地・武漢市。同市の日本での知名度はこれまで高かったとはいえず、中国ビジネスを行っている諸氏には知られているという程度であろう。

2020年01月24日 15:30

加盟者の契約更新率トップはセブン~コンビニ3社比較

 データ・マックスが、コンビニ加盟者が本部との契約更新時期を迎え、契約更新をした件数とせずに契約終了した件数を調査したところ、19年2月期で契約の更新率が最も高かった...

2020年01月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 12月27日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月24日 14:30

【検証】「ゴーン国外脱出」~王は法を犯さない

 被告人・ゴーンは入管法違反(形式犯)の罪を犯しただけなのに、「国権を揺るがす」「国権に対する重大な挑戦」とまで非難されている。日本人の入管法違反に対し、このような言...

pagetop