• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月19日 11:46

健康食品の広告問題、「L-92乳酸菌」の広告を問う(前)

 健康情報ニュースは昨年11月に「健康食品の広告問題、『業界紙』の広告を問う」(記事URL)、今年1月にはその続編(記事URL)を報じ、業界紙が掲載する原料広告の違法性を指摘した。そのさなか、今度は全国紙に掲載された乳酸菌の広告をめぐる問題が持ち上がった。

効能効果を新聞に広告、翌日にサプリ購入のチラシ

 「この広告は認められるのか?」――昨年12月20日に都内で開かれたシンポジウムで、(一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON)の阿南久代表理事が問題提起を行った。「この広告」とは、全国紙に掲載された「L-92乳酸菌」の医薬品的な効能効果をうたった広告である。

 今年に入っても、「この広告」は複数の全国紙で派手に展開されている。代表的な事例を挙げる。1月15日付の東京新聞に掲載された全面広告。キャッチコピーは「“腸”が免疫の鍵だった!」「花粉症 アトピー性皮膚炎 通年性鼻炎 インフルエンザの改善が確認されたL-92乳酸菌」。メカニズムの説明とともに、花粉症の症状や皮膚炎スコアなどが改善されたとする研究成果を紹介した。医学博士の榎本雅夫氏が写真入りで登場し、研究成果を権威付けている。

 1月29日付の日本経済新聞でも全面広告が掲載された。同様のキャッチコピーを記載し、「8週間でアレルギー症状の緩和、ウイルス感染予防の可能性を確認!」「免疫に挑む、L-92乳酸菌」とアピール。「花粉飛散前に『L-92乳酸菌』を8週間摂取することで花粉症の『鼻』と『眼』の症状緩和が確認されました」「『L-92乳酸菌』は、他にも通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状への有効性が確認されています」などの記載がある。

 これらはほんの1例にすぎない。その後も、全国紙で同様の広告が掲載されている。さらに、広告が掲載された翌日には、同じ新聞に「L-92乳酸菌」を配合したサプリメントの折り込みチラシが入る。

 前述の東京新聞に全面広告が掲載された翌日の1月16日、日本経済新聞に全面広告が掲載された翌日の1月30日にも、それぞれの新聞にサプリメントの折り込みチラシが入った。

 折り込みチラシは、アサヒカルピスウェルネス(株)(本社:東京都渋谷区、千林紀子社長)が販売するサプリメント『アレルケア』の宣伝広告。「L-92乳酸菌配合のアレルケアに、100万人の「ありがとう」」のキャッチコピーがあり、「L-92乳酸菌」の文字はひときわ目立つようにデザインされている。

 初回限定価格の「1回のみお届け」1,680円(約30日分)、「定期お届けコース」2,940円(約60日分)をアピールし、お試し購入を促す内容だ。

所在を明かさない“学術団体”

 折り込みチラシは、アサヒカルピスウェルネス(株)によるもの。一方、全国紙に掲載された広告は、「環境・生活習慣型アレルギーケアフォーラム」と称する団体が広告主となっている。

 今月6日付の東京新聞に掲載された「L-92乳酸菌」の全面広告によると、全国のアレルギー研究や治療で名高い専門家が発起人となり、2007年11月に設立された学術団体だという。同フォーラムのホームページを見ると、活動目的について、「現代生活におけるアレルギーの問題を再定義するとともに、最新の研究や臨床における新たな知見をベースにした情報発信に取り組むことで、現代人のQOL(Quality of Life:生活の質)向上に貢献することを目指します」としている。

 ホームページの冒頭に「(略)アトピー性皮膚炎や花粉症、ぜんそくなど『環境・生活習慣病としてのアレルギー』について考えていきます」と記載されているが、そのすぐ上には「L-92乳酸菌を知ろう!」の文字が目立つようにデザイン化されている。「NEWS」欄には直近のニュースとして、「2017/04/03 『L-92乳酸菌』の長期摂取によりアトピー性皮膚炎の症状緩和が維持されることが確認されました。有効性データはこちら」「2015/01/31 『L-92乳酸菌』の成人アトピー性皮膚炎への有効性が発表されました。有効性データはこちら」などと紹介している。

 学術団体と称しながら、まるで「L-92乳酸菌」の宣伝が目的であるかの印象を受ける内容だ。ホームページには、同フォーラム事務局の住所も電話番号も記載されておらずEメールアドレスのみ。所在がはっきりしないため、記者はEメールを通じて問い合わせた。

 質問事項は次の3点。(1)事務局の住所と電話番号、(2)学術団体とされているが、「L-92乳酸菌」と結び付きが強い理由、(3)全国紙に掲載する全面広告の費用はどこから出ているのか。

 今月15日、同フォーラム事務局からEメールで回答が寄せられた。住所・電話番号については、「当フォーラムは東京都の千駄ヶ谷に所在しておりますが、ご連絡につきましては、すべてメール対応といたしております」とし、一切明かさない。

 広告については、「当フォーラムとしての判断で実施しておりますので、詳しい回答は差し控えさせていただきたい」と回答。また、「当フォーラムは、アサヒカルピスウェルネス(株)が協賛企業となっております」と説明した。

 浮かび上がったのは、東京・千駄ヶ谷のどこかに事務局を置いていることと、アサヒカルピスウェルネス(株)が協賛企業であること。複数の全国紙に「L-92乳酸菌」の派手な広告を展開しながら、その所在さえ明らかにしない正体不明の“学術団体”だということだ。

 健康食品業界には「○○○研究会」「△△△フォーラム」といった学術団体を装った組織が数多く存在する。その多くは、関係する企業が活動資金を出して、学者に特定の原材料・成分の効能効果をアピールしてもらっているのが実態だ。

(つづく)
【木村 祐作】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop