• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月27日 17:33

金正恩委員長が突然の訪中~米朝首脳会談を前に(前)

 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長を乗せたと見られる特別列車が26日、北京駅に到着した。4月の南北首脳会談、5月に予定される米朝首脳会談を控えて、金書記の突然の訪中は大国の動向に翻弄されてきた「コリアの闇」を再照明するのに十分だ。
 1953年の朝鮮戦争の休戦から65年。金訪中は、朝鮮半島に強大な影響力があるのが依然として中国である、という地政学的な歴史観を再びよみがえらせた。朝鮮戦争は実質的な米中代理戦争だった。その「終戦」もまた、南北当事国の意思とは別に、中国と米国の意向に大きく左右されるということでもある。

 金訪中をめぐる周辺国の分析・論調は、混乱している。列車到着からまる1日が経過した27日午後になって、保守派の産経新聞が北京発で「確定」ニュースを流したが、これはとても異例である。これまでの北朝鮮首脳の北京入りが、事前に把握されていたのと較べても、異常事態である。
 多くの日本人が誤解しているが、戦後の日本は朝鮮半島情勢に影響を受ける「周辺国」ではあっても、解決能力のある「当事者」ではない。
 敗戦によって半島での既得権を失ったのだ。戦後に起きた朝鮮戦争でも、日本は米軍の発進基地ではあっても、戦争当事国ではない。朝鮮戦争は米国と韓国が、中国と北朝鮮を相手に戦った戦争である。
 スターリンのソ連も表面上は、戦争の当事者ではない。だから朝鮮半島情勢で「決着」をつける際、日本とロシアが疎外されるケースはあっても、中国と米国が排除されることは国際政治の力学上ありえないのだ。

 金正恩委員長の訪中は、北朝鮮の最高指導者として初めてだ。
 産経新聞(27日午後)の報道によると、中朝双方は今年初めから金正恩訪中について交渉。北朝鮮が核放棄に向けて取り組む姿勢を示すことを、訪中の条件にしていた、という。
 北朝鮮の核開発が最終段階に到達したことによって、北朝鮮に対する米国主導の締め付けが格段に強化された。中国は金正恩政権を持て余し気味だったが、今年に入って平昌五輪の開催を機会に、北朝鮮側が「和平戦術」に転化した。
 その後、周知の通り、妹の金与正の訪韓、韓国特使の訪朝を経て、南北首脳会談、米朝首脳会談の構想へと急ピッチで進展した。
 中国当局者にとっては、南北首脳会談はともかく、米朝首脳会談の開催は、自らのテリトリーを脅かす事態である。北朝鮮側にとっても「5月の米朝首脳会談」実現へと進むのは、予想外の急展開だったに違いない。

(つづく)

<プロフィール>
shimokawa下川 正晴(しもかわ・まさはる)
1949年鹿児島県生まれ。毎日新聞ソウル、バンコク支局長、論説委員、韓国外国語大学客員教授、大分県立芸術文化短大教授(マスメディア、現代韓国論)を歴任。現在、著述業(コリア、台湾、近現代日本史、映画など)。最新作は「忘却の引揚げ史〜泉靖一と二日市保養所」(弦書房、2017)。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

販路拡大と従業員教育に注力し 次世代にレールを繋ぐ

 ビルやマンション建設の要となる鉄筋コンクリート。そのコンクリートのなかにある鉄筋の部材を繋ぐ、いわゆる「継手」を専門として請け負うのが(株)アクティスだ…

時代の荒波を乗り越えるためホールディングス制導入

 2020年1月、福岡市中央卸売市場の鮮魚市場で仲買を営む(株)アキラ水産は、新たに(株)アキラホールディングスを設立し、持株会社体制へと舵を切った…

資産税の「フロントランナー」 さらなる高みを目指して

 (税)アイユーコンサルティングは、全国的にも数少ない資産税案件を専門としたコンサルティング型(税)で、全国でもトップクラスの実績を誇っている(2019年度実績:47...

入居者目線とオーナー満足度を高めるアパートづくりで全国展開

 昨今のコロナ禍において、会社経営者やサラリーマンなどから投資対象として一際関心が高まっている、賃貸アパートの経営。家賃収入で資産を増やしていくアパート経営では、いか...

2020年11月27日 16:41

クイーンズヒル田原司氏の人となり

 当サイトで複数回にわたり発信している、名門の「クイーンズヒルゴルフクラブ」の運営会社・(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場をめぐる騒動。元理事6名の発起により「クイーン...

2020年11月27日 16:34

九経連などが「ベトナムスマイルフェア」を実施

 27日、渡辺通り電気ビルにて「ベトナムスマイルフェア~がんばろう!! ベトナム留学生応援企画~」が開催された...

2020年11月27日 16:24

三井不動産、東京ドームにTOB実施か

 三井不動産が東京ドームに対して株式公開買い付け(TOB)を行おうとしていることがわかった。買収総額は1,000億円規模になるとみられている...

2020年11月27日 16:15

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(前)

 「ソーシャル」というキーワードをこれほど耳にした年はなかったのではないだろうか。しかし、今回は一世を風靡した「ソーシャルディスタンス」ではなく、本来の意味での「ソー...

2020年11月27日 15:04

負けを認めないトランプ大統領に見る精神的若さの可能性と限界(3)

 しかも、そんな“アンチ・エイジング社会”アメリカで今、新たな進化が見られるようになった。何かといえば、「リバース・エイジング」という発想法である...

2020年11月27日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』すばらしい脊振の紅葉(2)

 山の季刊誌『のぼろ』の記者から、「池田さん、脊振山系で一番紅葉のきれいな所はどこですか」と電話が入った。来年の『のぼろ』の秋号の紅葉特集は、脊振にするという...

pagetop