• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月10日 16:04

日本人客がいない~どこへ消えた? 耳より情報 

 4月25日~30日、駆け足でベトナムの首都・ハノイに行った。飛行機の便の都合で羽田からのフライト。180人乗りのエアバスは、ほぼ満員である。日本人客が占める割合は40%程度だとみられた。贅沢にもビジネスクラスを選んだのだが、ワインは非常にまずい。料理も同様である。
 帰りはハノイ~福岡間のチケットが取れたので楽だった。帰路は僅か3時間半。エコノミーだが、ぐっすり眠れた。
 驚いたのはベトナム人女性が子どもを抱いて搭乗していることだ。3組いて、そのうちの1人は2人の子どもを連れている。さすが子連れ2人には姉妹らしい人がサポートしていた。驚いたというのはこの3組の女性に旦那の存在が見られないのだ。

 帰りの便も満席であった。朝7時20分に到着して入国手続きに向かった。外国人専用と日本人専用を比較すると8:2ぐらいの比率だった。午後8時半にはアジア各地から5便が福岡空港に到着する。以前NetIB-Newsでこの便での外国人と日本人の乗客の比率が7:3と紹介したことがある。そのくらいの比率には驚くことは無かった。

 ところがだ。入管情報がマイクで流れてきた。各部署に周知徹底させるために流しているのだ。「次の着陸便の日本人は3名です」と耳にして愕然となった。1分してまたマイクががなった。「次の次の便は日本人ゼロです」と告知するのである。一体、日本人客はどこへ消えたのであろうか!!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop