• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月13日 15:55

カジノでタバコは吸えるのか?

 6月27日、東京都の受動喫煙防止条例案が可決された。小学校や保育園などでは屋外に喫煙場所が設置できないほか、従業員を置いている飲食店での喫煙が禁止される。全面施行はオリンピック直前の2020年4月が予定されている。合わせて改正健康増進法が今国会で通過する見込みだが、条例は改正健康増進法よりも厳しい内容となったことで注目を集めた。

 統合型リゾート施設(IR)整備法案が今国会で通過する見込みだ。これにより、カジノが解禁となるが、気になるのがカジノでタバコが吸えるのかどうかだ。結論からいうと、カジノでポーカーやブラックジャックをしながらタバコを吸うことはできない。カジノが東京にできようが、ほかの道府県にできようが同じだ。

 喫煙に関し、健増法や都の条例は施設の類型を定めている。健増法は大きく屋内か屋外かで喫煙の可否を定め、条例はさらに小中高校、保育所、幼稚園は屋外でも喫煙を制限する。厚労省や国交省は、「カジノはオフィスビルやホテルなどと同じく、多数の者が利用する施設となるだろう」といい、多数の者が利用する施設では、原則屋内禁煙とされている。

 改正健増法は、喫煙専用室でのみ喫煙可能としており、「ながら喫煙」を禁止している。たとえば、飲食し「ながら」の喫煙は禁止され、「喫煙専用室」は喫煙室であることを示した標識やドアで仕切るなど、煙が漏れ出ない構造であることが求められる。

 どうしてもカジノに行きたい喫煙者は、タバコが吸いたくなったらゲームが一段落するのを待って喫煙室に行くか、これを機に禁煙するかの選択肢しか残されていないようだ。

【永上 隼人】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop