2022年08月18日( 木 )
by データ・マックス

乗っ取り事件発覚の産廃会社、事業譲渡へ

 ※クリックで拡大

 金隈産廃処分場(福岡市博多区)を運営する(株)和幸商会(本社:福岡市博多区、箭内伊和男代表)が別会社への事業譲渡を進めていることがわかった。同処分場をめぐっては、一部の役員らが結託し、特定の人物を排除すべく、役員の辞任届や取締役会議事録などを偽造、行使していたことが発覚していた。

 譲渡先は、関係者の“予想通り”乗っ取りの首謀者とされる人物が代表取締役を務める会社だった。和幸商会の事業を引き継ぐとみられているのは、今年1月に設立された(株)大和(本社:福岡市博多区)で、同社代表は一連の乗っ取りの首謀者である柏田清光氏。多額の負債は和幸商会に残したまま、事業だけを大和に譲渡するものとみられる。

 7月23日、和幸商会は取引先へ「処分場一時閉鎖の件」と題した1枚の文書を送付。データ・マックスが入手した同文書によると、大和が産廃処理業の新規許可申請のため、8月中旬から約1カ月間処分場を閉鎖し、許可取得次第、産廃の受け入れを再開するという。

※クリックで拡大

【東城 洋平】

▼関連リンク
・金隈産廃処分場 別会社で拡張画策か
・舞台は法廷へ~終わり見えぬ産廃処分場乗っ取り事件(前)
・産廃処分場の譲渡示す「誓約書」発覚~「和幸商会」差し押さえ逃れの可能性
・産廃処分場の乗っ取り事件 答えぬ2人の『新』株主

関連記事