• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月10日 15:43

奄美・トカラの歴史(5)~琉球貿易とトカラ~

 前回は主に交易に関係した「国司」「郡司」について述べましたが、今回は薩摩藩の琉球貿易における琉球・奄美・トカラの関わりを述べます。

 一般に江戸時代は鎖国とされますが、実際は長崎だけでなく、幕府の許可の下、松前藩の北方貿易、対馬宗氏の朝鮮貿易、薩摩藩の琉球貿易が行われていました。

 琉球は、長年にわたる中国との冊封制度によって貿易の大きな利益を上げていました。前回述べたように、薩摩藩の支配下にあり、日本(薩摩)と貿易をしていることは、中国に絶対に知られてはならないことでした。そこで、薩摩藩・琉球は、琉球-薩摩の貿易を、「琉球-トカラ(吐加羅)」とするのです。この吐加羅は、奄美大島に最も近い現在の宝島です。トカラを琉球の「属島」とし、薩摩役人を宝島人とするのです。

 薩摩藩の琉球支配が中国に露見する可能性としては、琉球国王継嗣を認証する冊封使による滞留期間時の発覚と、中国への漂流・漂着による発覚がありました。

 前者について。冊封使節は500~600名、滞留期間は半年にもおよぶ大集団です。1683年の使節に対して、「宝島人」としますが、髪形や着衣などから日本人と見抜かれていました。1718年には、七島郡司からの「宝島人」を使節に会わせたいという申し出を、藩は却下しています。「宝島は琉球属領」が通用しないとの判断です。以後、使節来航の際は、薩摩船は他港に移され、薩摩役人も別村に隠れるなどの隠蔽策をとります。

 後者について。1815年には、大島代官所の勤務終了の役人など49人や砂糖32万斤などを積んでいた船が中国の広東省に漂着しました。この時、この役人は「宝島在番勤務」と称しました。奄美(琉球王国領)の船が薩摩に向かうのは不都合だからです。漂着時の対応問答集として、唐琉球問答書(1738年)や旅行心得之條々(1753年)などがあります。

 以上のことをしても中国には見抜かれていました(中国も体面上、それを可とした)が、「宝島人」のことは、幕末まで受け継がれました。たとえば、1853年のペリー来航以前に、琉球には英仏などがきて開港・貿易を求めます。幕府や島津氏はある程度認める考えもありましたが、冊封制度の関係から琉球自体は絶対反対で、その理由は「琉球は小国で、産物も少なく、日用品等も中国や度佳羅(とから)島から買い求める程であり、貿易をする力はない。」といったようなものでした。また、28代島津斉彬も当初は造船を重視しますが、後には汽船(軍艦)購入に傾きます。1858年に琉球でフランスと交渉しますが、汽船購入は度佳羅商人の依頼とし、交渉に当たった家臣も度佳羅島医師と称しました。交渉は成功しますが、斉彬死去のため購入は中止となりました。

 なお、1824年には、イギリスの捕鯨船が宝島で牛を掠奪しようとした事件がおこり、翌年幕府の異国船打払令につながりました。

(つづく)

<プロフィール>
麓 純雄(ふもと・すみお)
1957年生。鹿児島大学教育学部卒、兵庫教育大学大学院修士課程社会系コース修了。元公立小学校長。著書に『奄美の歴史入門』(2011)『谷山の歴史入門』(2014)『鹿児島市の歴史入門』(2016 以上、南方新社)。監修・共著に『都道府県別日本の地理データマップ〈第3版〉九州・沖縄地方7』(2017 小峰書店)。ほか「たけしの新世界七不思議大百科 古代文明ミステリー」(テレビ東京 2017.1.13放送)で、谷山の秀頼伝説の解説などに携わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年09月21日 17:38

【10/3】福岡のソウルフード、てんぷらの「ひらお」がアクロス福岡にオープン

   福岡のてんぷら専門店「天婦羅処ひらお」が10月3日、福岡市中央区のアクロス福岡地下2階に新店舗をオープンする。店舗面積は約35坪で、席数は30席。...

2018年09月21日 17:11

【沖縄県知事選2018】投票所での撮影は許されるのか?~公職選挙法では「想定外」

  進んで日常を「晒す」時代の秘密選挙のありかた ▲広大な面積を独占する普天間飛行場。  右側に輸送機「オスプレイ」が停まっているのがわかる ...

2018年09月21日 16:55

筑後川に男性の変死体

   21日午後0時57分、福岡県大川市新田の新田大橋から南方約600m先の筑後川内で、通行人が男性の変死体を発見した。現在、福岡県警が遺体の身元などを調べている。

2018年09月21日 16:12

「筑後川で人が流された」は見間違え~ネット一時騒然

   きょう(21日)昼、増水した筑後川で「人が流された」との通報が警察および消防に寄せられ、緊急車両が事故現場とされる河畔に集結。SNSでも「筑後川で誰かが流された...

2018年09月21日 16:09

中国経済新聞に学ぶ~日本3大車メーカー 中国で生産力拡大

   トヨタ、ホンダ、日産の日本3大自動車メーカーがこのごろ、中国での増産投資計画のスタートを相次いで決定し、生産能力を拡大させ、中国市場でより多くのシェア獲得をねら...

2018年09月21日 15:39

生涯介護のいらない人生で最期まで親の尊厳を保つ~痛みや高血圧は悪玉か善玉か?

  日中特殊鍼法研究会会長 長尾治療院院長 長尾 良一  ▲長尾 良一 氏  痛み、痺れ、だるさなどや、不安やイライラ...

安倍政治の終わりの始まり意味する自民党党首選

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は20日の自民党総裁選で明らかになった勢いに翳りがみえる安倍...

2018年09月21日 15:22

アセアンのリーダー国を目指すインドネシアの強みと弱み:日本の出番!(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年09月21日 15:08

地場企業を育成したバンカー(4)~企業と街を育んだ銀行マン

  福岡銀行元専務 杉浦 博夫 氏  地域の発展には、商工業の育成が欠かせない。それを担うのが、主に地元の銀行であろう。預金という形で企業の財産を守る...

2018年09月21日 15:00

【特別企画】芝居と音楽が織りなす至福の時間と空間~1人演劇「信長」

   芝居と音楽のコラボ再び。昨年6月、大濠公園能楽堂で開催された中島淳一氏と黒木あすか氏による競演は大盛況で幕を閉じた。そして今回、新たに元衆議院議員で音楽家の新開...

pagetop