• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月10日 15:43

奄美・トカラの歴史(5)~琉球貿易とトカラ~

 前回は主に交易に関係した「国司」「郡司」について述べましたが、今回は薩摩藩の琉球貿易における琉球・奄美・トカラの関わりを述べます。

 一般に江戸時代は鎖国とされますが、実際は長崎だけでなく、幕府の許可の下、松前藩の北方貿易、対馬宗氏の朝鮮貿易、薩摩藩の琉球貿易が行われていました。

 琉球は、長年にわたる中国との冊封制度によって貿易の大きな利益を上げていました。前回述べたように、薩摩藩の支配下にあり、日本(薩摩)と貿易をしていることは、中国に絶対に知られてはならないことでした。そこで、薩摩藩・琉球は、琉球-薩摩の貿易を、「琉球-トカラ(吐加羅)」とするのです。この吐加羅は、奄美大島に最も近い現在の宝島です。トカラを琉球の「属島」とし、薩摩役人を宝島人とするのです。

 薩摩藩の琉球支配が中国に露見する可能性としては、琉球国王継嗣を認証する冊封使による滞留期間時の発覚と、中国への漂流・漂着による発覚がありました。

 前者について。冊封使節は500~600名、滞留期間は半年にもおよぶ大集団です。1683年の使節に対して、「宝島人」としますが、髪形や着衣などから日本人と見抜かれていました。1718年には、七島郡司からの「宝島人」を使節に会わせたいという申し出を、藩は却下しています。「宝島は琉球属領」が通用しないとの判断です。以後、使節来航の際は、薩摩船は他港に移され、薩摩役人も別村に隠れるなどの隠蔽策をとります。

 後者について。1815年には、大島代官所の勤務終了の役人など49人や砂糖32万斤などを積んでいた船が中国の広東省に漂着しました。この時、この役人は「宝島在番勤務」と称しました。奄美(琉球王国領)の船が薩摩に向かうのは不都合だからです。漂着時の対応問答集として、唐琉球問答書(1738年)や旅行心得之條々(1753年)などがあります。

 以上のことをしても中国には見抜かれていました(中国も体面上、それを可とした)が、「宝島人」のことは、幕末まで受け継がれました。たとえば、1853年のペリー来航以前に、琉球には英仏などがきて開港・貿易を求めます。幕府や島津氏はある程度認める考えもありましたが、冊封制度の関係から琉球自体は絶対反対で、その理由は「琉球は小国で、産物も少なく、日用品等も中国や度佳羅(とから)島から買い求める程であり、貿易をする力はない。」といったようなものでした。また、28代島津斉彬も当初は造船を重視しますが、後には汽船(軍艦)購入に傾きます。1858年に琉球でフランスと交渉しますが、汽船購入は度佳羅商人の依頼とし、交渉に当たった家臣も度佳羅島医師と称しました。交渉は成功しますが、斉彬死去のため購入は中止となりました。

 なお、1824年には、イギリスの捕鯨船が宝島で牛を掠奪しようとした事件がおこり、翌年幕府の異国船打払令につながりました。

(つづく)

<プロフィール>
麓 純雄(ふもと・すみお)
1957年生。鹿児島大学教育学部卒、兵庫教育大学大学院修士課程社会系コース修了。元公立小学校長。著書に『奄美の歴史入門』(2011)『谷山の歴史入門』(2014)『鹿児島市の歴史入門』(2016 以上、南方新社)。監修・共著に『都道府県別日本の地理データマップ〈第3版〉九州・沖縄地方7』(2017 小峰書店)。ほか「たけしの新世界七不思議大百科 古代文明ミステリー」(テレビ東京 2017.1.13放送)で、谷山の秀頼伝説の解説などに携わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

pagetop