• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月18日 15:52

【西日本新聞】大濠花火大会終了の背景~相次ぐリストラ策(前)

(株)西日本新聞社

 九州のブロック紙「西日本新聞」も衰退の一途をたどっている。かつては、沖縄を含む九州全県および山口県で新聞を発行していたが、近年、次々に支局を閉鎖するなど事業規模を縮小。この10年で、売上高はグループ連結で約200億円、同社単体で約97億円のマイナス。創刊140周年を迎えた2017年から、さまざまな新事業に着手しているが、本業の情報発信における挽回の「策」は、いまだ模索中である。

減り続ける発行部数、10年で大幅な減収に

 福岡県を中心に、九州の北部および中部で展開するブロック紙「西日本新聞」。そのルーツは、1877年に刊行された福岡県内最初の新聞「筑紫新聞」に遡る。同紙は福岡の地方紙として「めさまし新聞」や「筑紫新報」と改題。1880年4月に福岡日日新聞社を設立し、「福岡日日新聞」として自社印刷による日刊紙の発行を始めた。
 その後、佐賀県、熊本県、長崎県佐世保市で新聞を発行。北九州、山口および朝鮮半島の読者向けにも「関門毎夕新聞」を配布するなど、活動範囲を広げ、九州を網羅するブロック紙として発展を遂げていった。1943年4月、一県一紙の国策により、ライバル紙であった「九州日報」(1887年創刊。旧・福陵新報)を発行する(株)九州日報社と合併し、(株)西日本新聞社が誕生。「西日本新聞」は、その前年(42年)の8月10日から発行されている。

 現在の主な事業は、新聞関連事業、総合広告代理業、不動産事業。子会社27社および関連会社7社で企業グループを構成(【表Ⅰ】参照)。新聞関連事業では、日刊の「西日本新聞」と「西日本スポーツ」(55年創刊)を発行。連結子会社の(株)西日本リビング新聞社が女性向けの生活情報フリーペーパー「リビング福岡」などを発行。印刷を始め、広告仲介、折込広告、広告制作などは子会社で行われる。

 主力メディアとなる「西日本新聞」は、現在、福岡市と北九州市の2本社、東京と大阪の2支社、福岡県内の筑豊と久留米、佐賀、長崎、熊本、大分の各県各地域にそれぞれ総局・支局、鹿児島と宮崎には支局を設置し、九州一円をカバー。海外では、中国・北京に総局、アメリカ・ワシントン、韓国・ソウル、タイ・バンコクに支局を置く。㈳日本ABC協会によると、発行部数は、2017年1~6月の平均部数で朝刊63万8,865部。九州における発行部数では、全国紙およびローカル紙のなかでトップとなる部数だが、減少傾向が続いており、同協会の調べでは、18年5月時点で朝刊60万9,645部となっている。

 総合広告代理業は、(株)西広が担当し、「西日本新聞」のほか、地方民法テレビ局などへの広告を取り扱っている。西広は、1992年3月期で売上高177億4,969万円を計上していたが、「西日本新聞」の発行部数減とともに減収が続き、2015年3月期には売上高が80億円を割り込んだ。近年では、ネット広告費の大幅増もあって、やや回復傾向にあり、18年3月期は売上高94億1,800万円、当期純利益1億1,727万円を計上した。

 不動産事業では、今年4月1日付で、(株)西日本エルガーラビルが(株)西日本新聞会館を吸収合併し、(株)西日本新聞ビルディングに商号変更。3月に取得した西日本新聞博多駅前ビル(旧・JPR博多中央ビル。受益権の100分の80を同社が所有。残りは東京建物(株)が所有)を含め、都市部に3棟の賃貸用建物の賃貸・管理を行っている(【表Ⅱ】参照)。

 18年3月期におけるセグメント別売上高は、新聞関連事業431億6,000万円(前期比4.5%減)、総合広告代理業94億1,800万円(同9.1%増)、不動産事業32億7,200万円(同2.7%減)。連結売上高に占める新聞関連事業のシェアが圧倒的に高い。また、連結売上高に占める割合が10%を超えている(株)西日本新聞総合オリコミは、売上高124億9,600万円、経常利益2億1,900万円、当期純利益1億4,000万円を計上した。

 全体的に新聞の部数が減少するなか、同社においても、減収に歯止めがかからない状況が続いている。かつて約80万部はあったとされる発行部数は約64万部まで減少。業績で見ると、09年3月期の単独売上高322億3,800万円から10年で97億500万円のマイナス。連結決算では、売上高535億2,600万円、経常利益19億3,700万円、当期純利益15億600万円。十数年前に730億円台で推移していた連結売上高が200億円も大幅に減っている(【表Ⅲ】【表Ⅳ】参照)。

(つづく)

【山下 康太】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:柴田 建哉
所在地:福岡市中央区天神1-4-1
設 立:1943年4月
資本金:3億6,000万円
売上高:(18/3連結)535億2,600万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月17日 07:03

空間に新たな価値を付加する家具づくり 時代変化に適応し、新体制の構築へ(前)

  (株)アダル 代表取締役社長 武野 龍 氏 主に業務用家具・店舗用家具の製造・販売を行い、創業から65年以上の業歴を重ねてきた地場を代表する老舗の...

2019年02月17日 07:01

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(4)

  強まる韓国の悲観論  米中貿易戦争は韓国経済にどのような影響をおよぼすだろうか。現在、韓国経済は悪材料がいくつも重なっており、先の見通しができないほど不...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

pagetop