• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月18日 15:52

【西日本新聞】大濠花火大会終了の背景~相次ぐリストラ策(前)

(株)西日本新聞社

 九州のブロック紙「西日本新聞」も衰退の一途をたどっている。かつては、沖縄を含む九州全県および山口県で新聞を発行していたが、近年、次々に支局を閉鎖するなど事業規模を縮小。この10年で、売上高はグループ連結で約200億円、同社単体で約97億円のマイナス。創刊140周年を迎えた2017年から、さまざまな新事業に着手しているが、本業の情報発信における挽回の「策」は、いまだ模索中である。

減り続ける発行部数、10年で大幅な減収に

 福岡県を中心に、九州の北部および中部で展開するブロック紙「西日本新聞」。そのルーツは、1877年に刊行された福岡県内最初の新聞「筑紫新聞」に遡る。同紙は福岡の地方紙として「めさまし新聞」や「筑紫新報」と改題。1880年4月に福岡日日新聞社を設立し、「福岡日日新聞」として自社印刷による日刊紙の発行を始めた。
 その後、佐賀県、熊本県、長崎県佐世保市で新聞を発行。北九州、山口および朝鮮半島の読者向けにも「関門毎夕新聞」を配布するなど、活動範囲を広げ、九州を網羅するブロック紙として発展を遂げていった。1943年4月、一県一紙の国策により、ライバル紙であった「九州日報」(1887年創刊。旧・福陵新報)を発行する(株)九州日報社と合併し、(株)西日本新聞社が誕生。「西日本新聞」は、その前年(42年)の8月10日から発行されている。

 現在の主な事業は、新聞関連事業、総合広告代理業、不動産事業。子会社27社および関連会社7社で企業グループを構成(【表Ⅰ】参照)。新聞関連事業では、日刊の「西日本新聞」と「西日本スポーツ」(55年創刊)を発行。連結子会社の(株)西日本リビング新聞社が女性向けの生活情報フリーペーパー「リビング福岡」などを発行。印刷を始め、広告仲介、折込広告、広告制作などは子会社で行われる。

 主力メディアとなる「西日本新聞」は、現在、福岡市と北九州市の2本社、東京と大阪の2支社、福岡県内の筑豊と久留米、佐賀、長崎、熊本、大分の各県各地域にそれぞれ総局・支局、鹿児島と宮崎には支局を設置し、九州一円をカバー。海外では、中国・北京に総局、アメリカ・ワシントン、韓国・ソウル、タイ・バンコクに支局を置く。㈳日本ABC協会によると、発行部数は、2017年1~6月の平均部数で朝刊63万8,865部。九州における発行部数では、全国紙およびローカル紙のなかでトップとなる部数だが、減少傾向が続いており、同協会の調べでは、18年5月時点で朝刊60万9,645部となっている。

 総合広告代理業は、(株)西広が担当し、「西日本新聞」のほか、地方民法テレビ局などへの広告を取り扱っている。西広は、1992年3月期で売上高177億4,969万円を計上していたが、「西日本新聞」の発行部数減とともに減収が続き、2015年3月期には売上高が80億円を割り込んだ。近年では、ネット広告費の大幅増もあって、やや回復傾向にあり、18年3月期は売上高94億1,800万円、当期純利益1億1,727万円を計上した。

 不動産事業では、今年4月1日付で、(株)西日本エルガーラビルが(株)西日本新聞会館を吸収合併し、(株)西日本新聞ビルディングに商号変更。3月に取得した西日本新聞博多駅前ビル(旧・JPR博多中央ビル。受益権の100分の80を同社が所有。残りは東京建物(株)が所有)を含め、都市部に3棟の賃貸用建物の賃貸・管理を行っている(【表Ⅱ】参照)。

 18年3月期におけるセグメント別売上高は、新聞関連事業431億6,000万円(前期比4.5%減)、総合広告代理業94億1,800万円(同9.1%増)、不動産事業32億7,200万円(同2.7%減)。連結売上高に占める新聞関連事業のシェアが圧倒的に高い。また、連結売上高に占める割合が10%を超えている(株)西日本新聞総合オリコミは、売上高124億9,600万円、経常利益2億1,900万円、当期純利益1億4,000万円を計上した。

 全体的に新聞の部数が減少するなか、同社においても、減収に歯止めがかからない状況が続いている。かつて約80万部はあったとされる発行部数は約64万部まで減少。業績で見ると、09年3月期の単独売上高322億3,800万円から10年で97億500万円のマイナス。連結決算では、売上高535億2,600万円、経常利益19億3,700万円、当期純利益15億600万円。十数年前に730億円台で推移していた連結売上高が200億円も大幅に減っている(【表Ⅲ】【表Ⅳ】参照)。

(つづく)

【山下 康太】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:柴田 建哉
所在地:福岡市中央区天神1-4-1
設 立:1943年4月
資本金:3億6,000万円
売上高:(18/3連結)535億2,600万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月25日 17:19

TATERUが子会社株を譲渡 インベストオンライン株の譲渡は白紙に

   (株)TATERU(東証一部)は、連結子会社・(株)TRASTAの株式を売却することを発表した。売却額は4億円で、株式譲渡は28日を予定している。TATERUは...

2019年06月25日 16:51

不祥事相次ぐ大和ハウス 専務ほか役員を処分

 大和ハウス工業(東証一部)は、3月と4月に判明した問題を受け、代表取締役専務ら7名の人事を発表した。6月25日付けで代表取締役専務の土田和人氏と藤谷修氏が代表権のな...

2019年06月25日 16:40

柳橋連合市場の新築ホテル計画、概要判明

 福岡市中央区春吉1丁目、柳橋連合市場内駐車場にホテルの建設が予定されているが、6月19日に条例に基づく予定建築物の標識が設置された。

2019年06月25日 16:15

シリーズ・消えた「流通企業」 日本から消えた海外勢~テスコ、カルフール、ブーツetc

 「ジャパン アズ ナンバーワン」と持て囃された1980年代。海外企業にとって日本は天国のような豊かな国に見えたのかもしれない。ブッシュ大統領が、非関税障壁の代表とし...

2019年06月25日 16:02

平成挽歌―いち雑誌編集者の懺悔録(8)

 フライデー編集長は森岩弘。雑誌全体の流れを掴むのには進行係がいいだろうといわれた。まあそうだろうなと了解した。進行表をつくり、毎朝、各担当者が間違いなく入稿したかを...

2019年06月25日 15:28

アルバクリエイト、筑紫野で5棟目のマンションを計画

 九州一円で住宅開発、販売を手がける(株)アルバクリエイトが、福岡県筑紫野市で5棟目となるマンションの新築を予定していることがわかった。

2019年06月25日 15:21

室町ケミカル、自社健康食品販売終了へ

 医薬品・健康食品製造販売業の室町ケミカル(株)(本社:福岡県大牟田市)は、19年9月末日までに自社健康食品の販売を終了する。

2019年06月25日 15:18

IR誘致で参考人招致~北九州市議会総務財政委員会

 北九州市議会総務財政委員会は24日、IR(統合型リゾート)の誘致検討の調査のため、IRに詳しいコンサルタント会社であるアバナード(株)(東京都港区)の担当者を参考人...

2019年06月25日 14:36

アスタラビスタ、祐徳自動車のSM事業買収~4店継承

 アスタラビスタは祐徳自動車から食品スーパー事業を買収することで21日までに同社と合意した。祐徳がSM5店を分離し新会社を設立。アスタラビスタが同社を完全子会社化する。

2019年06月25日 14:13

【JR九州列車運行状況】車内で白い粉を発見~山陽本線でダイヤの乱れが発生

  JR山陽本線の下関駅で、午後1時29分発小倉行きの車内で白い粉が発見されたため、警察による現場検証が行われている。

pagetop