• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月18日 15:52

【西日本新聞】大濠花火大会終了の背景~相次ぐリストラ策(前)

(株)西日本新聞社

 九州のブロック紙「西日本新聞」も衰退の一途をたどっている。かつては、沖縄を含む九州全県および山口県で新聞を発行していたが、近年、次々に支局を閉鎖するなど事業規模を縮小。この10年で、売上高はグループ連結で約200億円、同社単体で約97億円のマイナス。創刊140周年を迎えた2017年から、さまざまな新事業に着手しているが、本業の情報発信における挽回の「策」は、いまだ模索中である。

減り続ける発行部数、10年で大幅な減収に

 福岡県を中心に、九州の北部および中部で展開するブロック紙「西日本新聞」。そのルーツは、1877年に刊行された福岡県内最初の新聞「筑紫新聞」に遡る。同紙は福岡の地方紙として「めさまし新聞」や「筑紫新報」と改題。1880年4月に福岡日日新聞社を設立し、「福岡日日新聞」として自社印刷による日刊紙の発行を始めた。
 その後、佐賀県、熊本県、長崎県佐世保市で新聞を発行。北九州、山口および朝鮮半島の読者向けにも「関門毎夕新聞」を配布するなど、活動範囲を広げ、九州を網羅するブロック紙として発展を遂げていった。1943年4月、一県一紙の国策により、ライバル紙であった「九州日報」(1887年創刊。旧・福陵新報)を発行する(株)九州日報社と合併し、(株)西日本新聞社が誕生。「西日本新聞」は、その前年(42年)の8月10日から発行されている。

 現在の主な事業は、新聞関連事業、総合広告代理業、不動産事業。子会社27社および関連会社7社で企業グループを構成(【表Ⅰ】参照)。新聞関連事業では、日刊の「西日本新聞」と「西日本スポーツ」(55年創刊)を発行。連結子会社の(株)西日本リビング新聞社が女性向けの生活情報フリーペーパー「リビング福岡」などを発行。印刷を始め、広告仲介、折込広告、広告制作などは子会社で行われる。

 主力メディアとなる「西日本新聞」は、現在、福岡市と北九州市の2本社、東京と大阪の2支社、福岡県内の筑豊と久留米、佐賀、長崎、熊本、大分の各県各地域にそれぞれ総局・支局、鹿児島と宮崎には支局を設置し、九州一円をカバー。海外では、中国・北京に総局、アメリカ・ワシントン、韓国・ソウル、タイ・バンコクに支局を置く。㈳日本ABC協会によると、発行部数は、2017年1~6月の平均部数で朝刊63万8,865部。九州における発行部数では、全国紙およびローカル紙のなかでトップとなる部数だが、減少傾向が続いており、同協会の調べでは、18年5月時点で朝刊60万9,645部となっている。

 総合広告代理業は、(株)西広が担当し、「西日本新聞」のほか、地方民法テレビ局などへの広告を取り扱っている。西広は、1992年3月期で売上高177億4,969万円を計上していたが、「西日本新聞」の発行部数減とともに減収が続き、2015年3月期には売上高が80億円を割り込んだ。近年では、ネット広告費の大幅増もあって、やや回復傾向にあり、18年3月期は売上高94億1,800万円、当期純利益1億1,727万円を計上した。

 不動産事業では、今年4月1日付で、(株)西日本エルガーラビルが(株)西日本新聞会館を吸収合併し、(株)西日本新聞ビルディングに商号変更。3月に取得した西日本新聞博多駅前ビル(旧・JPR博多中央ビル。受益権の100分の80を同社が所有。残りは東京建物(株)が所有)を含め、都市部に3棟の賃貸用建物の賃貸・管理を行っている(【表Ⅱ】参照)。

 18年3月期におけるセグメント別売上高は、新聞関連事業431億6,000万円(前期比4.5%減)、総合広告代理業94億1,800万円(同9.1%増)、不動産事業32億7,200万円(同2.7%減)。連結売上高に占める新聞関連事業のシェアが圧倒的に高い。また、連結売上高に占める割合が10%を超えている(株)西日本新聞総合オリコミは、売上高124億9,600万円、経常利益2億1,900万円、当期純利益1億4,000万円を計上した。

 全体的に新聞の部数が減少するなか、同社においても、減収に歯止めがかからない状況が続いている。かつて約80万部はあったとされる発行部数は約64万部まで減少。業績で見ると、09年3月期の単独売上高322億3,800万円から10年で97億500万円のマイナス。連結決算では、売上高535億2,600万円、経常利益19億3,700万円、当期純利益15億600万円。十数年前に730億円台で推移していた連結売上高が200億円も大幅に減っている(【表Ⅲ】【表Ⅳ】参照)。

(つづく)

【山下 康太】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:柴田 建哉
所在地:福岡市中央区天神1-4-1
設 立:1943年4月
資本金:3億6,000万円
売上高:(18/3連結)535億2,600万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年10月16日 17:08
NEW!

米小売大手のシアーズが経営破綻

   かつて「シアーズがあるからアメリカ」とまで言われていたGMSの雄、シアーズが連邦破産法11章の適用を申請した。  シアーズといえば、ひと昔前まで、アメリカ...

2018年10月16日 17:02
NEW!

全日空、オセロ最年少記録で時空をつなぐ

   第42回世界オセロ選手権がチェコ・プラハで9~12日に開かれ、神奈川県の小学5年生、福地啓介六段(11歳)が初出場で優勝した。大人も参加する部門で11歳の優勝は...

2018年10月16日 16:15
NEW!

仙谷由人氏が72歳で死去 民主党政権で官房長官

   旧民主党政権で官房長官などを務めた元衆議院議員の仙谷由人氏が11日、東京都内の自宅で死去した。享年72歳。  徳島県出身の仙谷氏は1968年に司法試験...

2018年10月16日 14:43
NEW!

JR九州がサッカー日本代表開催時に臨時列車を運行(日本代表対ベネズエラ代表)

   JR九州は15日、来月16日に大分スポーツ公園総合競技場で行われるサッカーの「キリンチャレンジカップ2018 日本代表対ベネズエラ代表」戦の試合終了時間を考慮し...

2018年10月16日 14:33
NEW!

阿蘇山ロープウェーの解体、撤去が決定

   九州産交ツーリズム(熊本市)は12日、同社が運営する「阿蘇山ロープウェー」の駅舎である阿蘇山西駅と火口西駅、ロープを支える支柱を来春までに解体、撤去すると発表...

シニア層を対象に身元を保証し、ワンストップでさまざまな法的手続き(前)

  プラス事務所 司法書士法人 複雑な相続手続きも専門家に任せれば安心  超高齢社会に突入した日本。それにともない、シニア層では多様な問題が起き...

2018年10月16日 13:12
NEW!

イオンモール福岡が大規模リニューアル実施へ

  ▲イオンモール福岡HP  イオンモール福岡(福岡県糟屋郡粕屋町)は、今秋から2期にわたって専門店約140店舗を刷新。約220店舗のうち...

2018年10月16日 13:00

魅力的な都道府県、福岡は8位にランクイン~地域ブランド調査2018

   ブランド総合研究所は15日、自治体の魅力度を調査した「地域ブランド調査2018」の結果を発表した。都道府県別魅力度ランキングでは10年連続で北海道が首位に、市...

2018年10月16日 11:49

従業員海中転落死の港湾土木工事業者、乗下船に揚錨機を使用

  ▲乗下船に使用されていた揚錨機(矢印は編集部)  一昨年11月に博多湾で発生した海難死亡事故について、裁判で、遺族から安全管理上の責任...

2018年10月16日 11:32

ホークス、ホームラン攻勢で1stステージをクリア!

   福岡ソフトバンクホークスは15日、福岡ヤフオクドームで、日本シリーズ出場を賭けた第一歩であるクライマックスシリーズ1stステージ最終戦に臨んだ。  ホークス...

pagetop