• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月04日 13:00

社員目線で考え抜いた働き方改革で『輪』の強化を目指す(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(株)ハマジ 福岡営業本店

九州随一のサイン資材総合商社

 サイン資材の総合商社の(株)ハマジは、現在、熊本の本社のほか、福岡市内や久留米、北九州、大分、長崎などに8つの営業所を構える、九州随一の業界規模を誇る企業だ。1951年に塗料を扱う問屋として創業し、各種フィルム用のロール材、アルミ、アクリルなどの板材、棒・管材、規格サイン材、設備機材やサプライ商品など、今や扱う商品は数百種類にもおよぶ。なかには自社商品も多数ラインアップしており、メーカー機能をもつ商社として、最新技術を取り入れながら日夜商品開発も行っている。さらに、2018年10月には、6回目を迎える2年に一度の自社イベント「Advance Solution 2018 presented by HAMAJI」を開催。自社商品はもちろん、サイン関連の業者が多数出展し、業界の最新商材を見て知って体感することができる。

 「めまぐるしく変化する市場で、最新技術も日進月歩で発達しています。弊社が創業から一貫してきたサインディスプレイ資材や看板のほか、今は施設照明などの分野にも進出しています」。そう語るのは、代表取締役社長の濱地泰行氏だ。22歳で同社に入社し、福岡営業所の立ち上げから成長に貢献。競合他社がひしめく業界内において、いち早くデジタルの分野に活路を見出すことで商材の幅を広げ、市場拡大の可能性を示してきた。「現在の弊社の目標は売上高30億円です。そこに向かって、社内体制を強化しつつ私たちの強みを生かして、突き進んでいきたいですね」(濱地社長)。

社内体制を大幅にチェンジ

 体制強化として、17年に大幅な改革に踏み切った。16年に新たにリフレッシュ休暇を導入し、年に連続6日間の休日を取得できるようになったのだが、17年からは、休日取得の仕方も変化した。「まず、昔から土曜日はすべて営業しているため、交代制で月2回の出勤としました。そして、土曜日営業という弊社伝統のスタイルを変えたくなかったので、月1回の平日休み(希望日※調整あり)と月1回だけ午前中を休みとする半休制度『PMデー』を設定したのです。私の経営スタンスとして、現場のビジネスには極力口出しはしないのですが、こういった体制づくりはトップダウンで強制的にやらないと変わることができませんからね」(濱地社長)。

 求人を行う際、ネット広告ばかりに力を入れても、なかなか反響が得られないケースがあるが、大抵の場合は、求職者が募集内容に魅力を感じていないことが多い。同社はその点をクリアできる内容に改善し、かつ広告にも経費をしっかりかけることで飛躍的に反響を伸ばすことができた。たとえば、事務職の募集に170もの応募を集めることに成功。さらには、産休明けでもその人の能力などを考慮した配属を行っているため、ほとんどの女性が職場復帰をはたしているという。

 ただ、ここまで以前よりも手厚い体制になったことで、既存スタッフに緩みが生じてしまいそうだが、そのリスクヘッジについては最新システムを取り入れることで解消した。

 「昨年から、手間のかかる日報や週報の類は一切排除しました。その代わり、カーナビと連動してスタッフの行動を把握できる業務車輌管理システムを導入して、そこで行動管理をしています。すべての車輌に設置していますが、予算をクリアしている営業所はシステムをオフにしてもよく、逆に予算に達していない営業所はオンにするようにして、売上に対する意識強化につなげています」(濱地社長)。

 制限速度の管理もできるため、一昨年は11件あった交通事故も昨年は1件にまで減少し、事故防止にも一役買っている。さらに、営業マンとクライアントとのやりとりにはLINEを採用。全社員にスマホを支給し、LINE IDを付与。発注などはLINEに送れば営業マンと24時間つながることができる。ある営業スタッフに聞くと、「現場で忙しい時に電話するのも面倒というお客さまもいらっしゃるので、ちょっとした注文などに便利ですね。写真を送って画面を見ながら商品を確認できますし、履歴が残る分、言った言わないなどのトラブル回避にもなるんです」という。

 「今ある便利なシステムを活用して作業を効率化していかないと、せっかくつくったノー残業や平日休みといった体制を活用することができません。社内だけの利便性だけでなく、お客さまにとってもメリットのある方法だということが大事だと思いますので、これまで取りいれたツールはどんどん活用していきたいですね」(濱地社長)。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:濱地 泰行
所在地:福岡市南区弥永2-6-2
設 立:1979年1月
資本金:1,000万円
TEL:092-584-2221
URL:http://www.k-hamaji.com

<プロフィール>
濱地 泰行(はまじ・たいこう)

 1979年3月生まれ。22歳でサイン・広告資材を扱う(株)ハマジに入社。福岡営業所開設にともなって赴任し、取引先拡大に尽力。その後、会社にデジタル化の波をもたらし急成長。その後、2014年に代表取締役社長に就任。近年は社内体制を見直し、最新のシステムを導入し、斬新な待遇を採用するなどして、働きやすい仕組みづくりを強化。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop