• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月04日 09:41

自然災害に備える住まいとは

(株)イエノタネ プロデューサー 原田 大介 氏

 2018年も残り3カ月を切ったが、今年は全国各地で、多くの自然災害が発生している。今週末も台風25号が、日本列島を直撃する可能性がある。

 今年起こった主な自然災害を列挙すると、平成30年豪雪(北陸豪雪、福井豪雪)、草津本白根山噴火、島根県西部地震、大阪府北部地震、7月豪雨、台風12、20、21号そして北海道胆振東部地震などが挙げられる。
これらの災害は人命、住まいなどの財産を奪い、水道・ガス・電気、交通網などのインフラを崩壊させた。そして人々に深い悲しみと虚しさ、不安をもたらした。今もなお国と自治体、地域住民が一丸となって街の復興のために活動している。
 今後も地震を中心に、自然災害が多発すると各分野の見識者が警鐘を鳴らしている。そのような状況下、我々は手をこまねいて“命運尽きる”のを待つのではなく、できる限りの準備を行い、自然災害に備える必要がある。

 では、どのように備えれば良いのか?福岡地場の戸建住宅のエキスパートである、(株)イエノタネ(本社:福岡市中央区、木庭律明社長)のプロデューサー・原田大介氏に聞いた。

 ──今年は、さまざまな自然災害が発生し、各地に甚大な被害をもたらしました。これからの自然災害に対し、どのような準備が必要でしょうか

 原田 抽象論、精神論になりますが、まずは我々大人が「しっかりする」ことでしょう。つまり、今まで人類が壊してきた自然を元に戻すことが必要だと思います。日本政府は今の自然環境について、より正しい情報を国民に伝えて、国全体で自然を大切にする取り組みをすることが必要です。「自分1人がやっても変わらない」という考えではなく、「みんなで取り組むなかの1人」という意識で国民1人ひとりが取り組んでほしいのです。

 最近では、スターバックスコーヒーがストローを紙製に変えたという話があります。小さいストローですが、大量のゴミとなり世界を汚染していたわけです。スターバックスに追随する企業も現れてきました。まずは、1人ひとりの意識を変えていくことです。

 ──貴社が住まいづくりで一番大切にしていることですね

 原田 当社がつくる住宅は、二酸化炭素排出の抑制や森林資源の保護を見据えて取り組んでいます。二酸化炭素排出(化石燃料の燃焼)対策は、断熱性を高めることにより、少ないエネルギーで快適で健康的に暮らすようにすることです。森林資源枯渇への対策は、長持ちする住宅をつくることです。
どちらも地球の空気環境に大きく影響を与えている大問題です。空気環境の破壊による地球の気候変動は明らかです。近年、このような情報は建設業界に伝わっているはずです。

 自社の増収増益はもちろん大切でしょうが、それよりも人間の生活の基盤となる自然環境を守る行動に移るべきですね。建築コストやデザインを優先することも良いですが、環境ファーストであることのほうが、結果的に住まれる方にとって重要なのです。

 国民が正しい情報を得て、正しい判断ができるようになれば、さまざまな業界が環境問題に取り組むようになります。そうなれば、100年後の地球も人間が生活できる環境を維持しているでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月29日 16:50

私の履歴元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(26)パナマ運河鉄道改修工事NEW!

 日本帰国後最初の南米プロジェクトはパナマ運河鉄道改修工事プロジェクトであった。業務本部南米首席として日本からのミッションに同行。長期パナマ出張を命じられたのだ...

2020年10月29日 14:29

【10/31~】イオンモール筑紫野でパンコレクション開催NEW!

 大型ショッピングセンター「イオンモール筑紫野」を舞台に、10月31日(土)~11月8日(日)の期間限定で「第4回パンコレクション」が開催される...

2020年10月29日 13:47

織田信長の天下統一は濃尾平野の豊かさのおかげNEW!

 10月19、20日名古屋へビジネス出張。その際、清州城(清須市)、金華山・岐阜城、犬山城(犬山市)を4時間半の短い時間であったがタクシーで駆け巡った。この地域に戦国...

2020年10月29日 12:01

スピード設置と検温が可能なサーマルカメラで感染拡大防止をサポート~スリーアールグループNEW!

 新型コロナウイルス感染拡大の防止に向けて、あらゆる場面で検温が求められる時代。スリーアールグループはこのウィズコロナ時代に対応した商品を相次いで開発しており、オフィ...

2020年10月29日 11:00

急速にEV(電気自動車)化が進むインド~モディ政権のEV推進で3輪、2輪が先行(前)

 インド・モディ政権は、貿易赤字解消のための石油の輸入減や大気汚染の解決などを目的に、電気自動車(EV)推進政策を実施。インドの自動車(4輪)市場は、中国、米国、日本...

2020年10月29日 10:42

【福岡市役所インサイダー】トップが変わっても、政治の「陰険・隠蔽」体質は変わらず

 政府は、日本学術会議が推薦した会員候補のうち6名の任命を拒否して、その理由についてまともな説明を一切していない、っていうか説明できない状況が続いている。安倍から菅に...

2020年10月29日 10:00

8月中間期の粗利益率、イオン九州除き改善 チラシ自粛で特売減る

 上場5社の8月中間決算の粗利益率は、イオン九州を除き前年同期から大幅に改善された。コロナ禍による緊急事態宣言で特売チラシを自粛したことで安売りが減ったことによる...

2020年10月29日 09:33

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命の論理学(前)

 内閣総理大臣の違法行為・犯罪行為が国民からこれほどまでに非難を受けない「似非文明国」は、日本をおいてほかにない。日本はなぜ、こんな哀れな国になったのか...

2020年10月29日 07:00

バイオ企業・林原の元社長、林原健氏が死去~マスコミを利用した“バイオの寵児”の神話は砂上の楼閣(4)

 林原グループは2011年2月2日、東京地裁に会社更生法を申請した。倒産によって、林原の経営実態があぶり出された。これまで非上場を理由に一切の財務諸表の公表を拒否して...

2020年10月29日 07:00

ストラテジーブレティン(263)~コロナパンデミックの経済史的考察(5)

 各国政府は従来、財政の健全化を“錦の御旗”とし、財政赤字の抑制を最重点政策課題としてきた。たとえばユーロ圏参加国は、財政赤字対GDP比3%以下、政府債務対GDP比6...

pagetop