• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月06日 07:03

人工知能と経済の未来 2030年~来るべき雇用大崩壊時代を読む(前)

駒澤大学経済学部准教授 井上 智洋 氏

 将棋や囲碁のトップ棋士を下すなどして、驚異の能力を世界中に見せつけている人工知能(AI)。開発競争の激化にともなって、性能向上のスピードも加速しているが、人工知能が実際に社会にどのような影響を与えるのかについては、まだわからない部分が多い。人工知能は人類を幸せにするのか、それとも仕事を奪うのか―「人工知能×経済」分野のトップランナーである井上智洋・駒澤大学経済学部准教授が、5月に福岡市で行った講演をまとめた。

日常にあふれている人工知能

▲質問に答える井上智洋氏

 今日は人工知能と経済の未来というテーマで、お話をさせていただきます。まずは、人工知能(AI)とは何かという話から始めます。AIというのは、研究者によってその定義はさまざまですが、私は「ITのなかでも比較的賢いものがAIである」というぐらいに広く捉えています。

 我々の身の回りにはいろいろなAIが使われていますが、一般の方にとって一番身近なのは音声操作アプリ「Siri」だと思います。最先端のものでは自動運転車にも人工知能が使われていて、これは運転手の代わりにAIが自動車を制御するというものです。2017年7月、トヨタが20年代前半には自動運転車を市場に投入すると発表しましたので、20年代の初めごろから完全自動運転の車が徐々に日本でも普及していくだろうと思っています。

 AIは、芸術の分野にも進出してきました。たとえば、音楽の分野では、昔から自動作曲が行われていました。最も有名なのは作曲プログラム「エミー(Emmy)」で、これも一種の人工知能だといえます。バッハやベートーベン、モーツァルトなど過去の偉大な作曲家の曲を大量に読み込ませて、そこからパターンを抽出、それに基づいて作曲します。人工知能は、かなりモノ真似がうまくなっていますが、AIがつくったオリジナルの曲が大ヒットしたということは起きていないので、優れた人間の作曲家にはまだ勝てません。原理上、優れた作曲家を乗り越えるのはかなり難しいと思っています。

宅配サービスに自動運転車

 今の人工知能は「機械学習」といって、データをたくさん読み込ませると賢くなるタイプのAIです。機械学習を実現する技術の1つとしてディープラーニングがあります。何ができるかというと、たとえばGoogle翻訳は、ディープラーニングを搭載することによって、翻訳の精度が格段に上がったと言われています。それから、Siriが音声を聞き取る精度が高くなったのも、ディープラーニングを搭載しているためです。

 私は人工知能が一番得意とするのは、画像認識ではないかと思います。画像認識を何に使っているかというと、皆さまがスマホのロックを解除するときに使っている指紋認証も画像認識の一種です。iPhone 10に至っては、顔認証でロックが解除できます。

 ですから実は、我々の生活の至るところに人工知能が使われているのです。例を挙げていけば枚挙にいとまがありません。新しい実験も行われています。その1つが、ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)が協力して開発している自動運転車「ロボネコヤマト」による宅配サービスです。家の前にロボネコヤマトがやってくると、メールで通知が来ます。家の外に出てロボネコヤマトに暗証番号を入力して、宅配ボックスから自分で商品をとって蓋を閉めると、自動運転車が次の目的地に向かうという仕組みです。私は、ドローンによる宅配サービスよりも、日本ではこちらのほうが実用的ではないかと思っています。

(つづく)
【文・構成:宇野 秀史】

<プロフィール>
井上 智洋(いのうえ・ともひろ)

駒澤大学経済学部准教授。慶應義塾大学環境情報学部卒業。早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学)。専門はマクロ経済学、貨幣経済理論、成長理論。人工知能と経済学の関係を研究するパイオニアとして、学会での発表や政府の研究会などで幅広く発信。AI社会論研究会の共同発起人を務める。著書として、『人工知能と経済の未来』(文春新書)、『ヘリコプターマネー』(日本経済新聞出版社)、『新しいJavaの教科書』(ソフトバンククリエイティブ)、『人工超知能』(秀和システム)、共著に『リーディングス 政治経済学への数理的アプローチ』(勁草書房)、『人工知能は資本主義を終焉させるか』(PHP新書)など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年12月10日 17:59

明治「明治エッセルスーパーカップ」など計23商品の値上げを発表

   明治(本社:東京都中央区、松田克也社長)は10日、来年3月1日から市販用アイスクリームの価格改定を実施すると発表した。  対象商品は「明治エッセルスー...

2018年12月10日 17:53

中九州横断道路 朝地IC〜竹田IC、来年1月19日に開通

    国土交通省九州地方整備局は4日、中九州横断道路の一部として建設中の「大野竹田道路」のうち、朝地IC〜竹田ICを結ぶおよそ6.0kmの区間が、2019年1月19...

2018年12月10日 16:23

豊洲市場の「闇」に光差す!東京高裁「抗告許可」決定(前)~技術専門家が解説

   豊洲市場水産仲卸売場棟の構造計算偽装(設計:日建設計)をめぐる裁判において、仮の使用禁止申立に関して、5日、東京高裁は「抗告許可」を決定した。東京地裁、東...

2018年12月10日 15:26

福大・医学部で、浪人生が不利になる不適切な評価を実施~データ・マックスの取材に虚偽回答か?

   福岡大学(福岡市城南区)は8日、同大医学部の入試で浪人生の配点が現役生より低く設定されていたことを発表。同日行われた記者会見で、「不適切だった」と陳謝した。 ...

2018年12月10日 15:08

西鉄、年末年始に太宰府天満宮までの臨時列車、臨時バスを運行

   西日本鉄道(以降、西鉄)は7日、太宰府天満宮参拝客の利便性向上のために臨時列車「大晦日(終夜)臨時列車」「臨時急行『初詣号』」と臨時バスを運行すると発表した。 ...

2018年12月10日 13:50

福岡県知事選の進退、小川知事「早い時期に決めたい」

  議会中継より  小川洋福岡県知事は10日、福岡県議会で来年4月に行われる福岡県知事選の進退について公明党県議団の代表質問(田中正勝県議)で...

2018年12月10日 13:39

『脊振の自然に魅せられて』「ヤブコウジ」藪柑子 ヤブコウジ科

   山道を歩いていると背丈は10cmから15cmぐらいで、ひっそりと赤い実をつけた植物を目にします。晩秋から冬にかけて、たくましく花や実をつける「ヤブコウジ」です。...

2018年12月10日 13:22

くるり九州ひたすら歩く旅~九州一周、完歩を目指す(21)

   国道3号線と10号線をひたすら歩く“九州一周完歩”の旅。歩行距離は実に833kmにおよぶ。週末を利用しつつ、実際に現地に赴き九州の...

2018年12月10日 11:51

仮想通貨関連の(株)フィスコ 業績予想を修正

   ビットコインを中心とした仮想通貨などの金融情報提供、仮想通貨取引所運営などの(株)フィスコ(東証JASDAQグロース、本社:東京都港区、狩野仁志社長)は12月7...

2018年12月10日 11:30

芝浦グループが忘年会開催~かくし芸大賞はホールディングスが受賞

  新規事業を発表する新地哲己会長兼CEO  太陽光発電事業で知られる芝浦グループは、12月7日、「ホテルニューガイアオームタガーデン」で忘年...

pagetop