• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月07日 07:01

人工知能と経済の未来 2030年~来るべき雇用大崩壊時代を読む(中)

駒澤大学経済学部准教授 井上 智洋 氏

第4次産業革命で取り残される?

 次は、人工知能と並んで最近注目を浴びている第4次産業革命について解説します。第4次産業革命というのは、AI 、IoT、ビッグデータによる産業構造の劇的な変化だと言われています。この3つの技術がセットになって、これから生産活動の高度オートメーション化を成し遂げていくのです。第4次産業革命がいつごろ起きるのかというと、2030年ごろではないかと思っています。

 先ほどの3つの技術の組み合わせですが、その仕組みは実空間からセンサーによってデータを収集して、ネットを経由して集められた多くのデータがビッグデータとなって、それをAIが解析して知識創造、つまり新しい知識を生み出すというものです。

 例を挙げると、最近、スマートウォッチやリストバンド型のヘルス器具を腕につけて、絶えず脈拍や血圧を測っている人がいます。そのデータを自分の健康管理のために使うのですが、さらに大量のデータを収集してAIで解析したら、どういう人がガンになりやすいのか、どういう人が糖尿病になりやすいのかといった、医療に関する新しい知識が生み出せるでしょう。また、自動運転車で混んでいる方面に走っている車を空いている方にうまく誘導すれば、渋滞を緩和できるようになります。そうやって街全体が賢くなって、渋滞緩和ができるような街をスマートシティと呼んでいます。

 強調したいのは、各産業革命期に汎用目的の技術をいち早く導入して普及させた国が、覇権を握ってきたという歴史上の事実です。最初の覇権国家はイギリス、第二次産業革命はアメリカ、ドイツ、第三次産業革命はアメリカ、第4次産業革命は、はこのままいくとまたアメリカになりそうです。しかし、ドイツの取り組みが少し早いということと、中国が科学技術力の面でものすごい追い上げを図っています。新しい技術の導入も早く、中国はかなり脅威であるといえます。日本はこのままいくと覇権どころではなくて、世界の先進的な部分から置いていかれてしまうという危機感を、私自身ももっています。

ITの進歩で事務職が余る

 AIと呼べない段階のITだと事務作業ぐらいしかできませんが、ITがさらに賢くなると頭脳労働がAI化でき、AIをロボットに組み込むことで肉体労働をロボット化することができるようになります。それから、車や工場、さらに町をAIでコントロールする。それはスマート化と呼ばれることが多く、それぞれスマートカー、スマートハウス、スマートファクトリー、スマートシティと呼ばれています。こういったものがこれからどんどん出てくるということです。

 ここからは第4次産業革命に向けて、人工知能、AIがどのように進歩するかについてお話ししたいと思います。15年ごろから日本ではフィンテックが普及し始めました。フィンテックはファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語です。一言でいうと、金融のIT化ということになると思います。最近は、金融や事務手続きや事務処理のIT化が進み、これだけ人手不足時代だと言われていながら17年の一般事務有効求人倍率が0.35倍と、事務職は人手が余っています。

 一方、トラック運転手はすごく人手が不足しています。自動運転のトラックが出てくるのは、早くても25年ぐらいで、自動運転のトラックが世の中に普及するには30年ぐらいまでかかるでしょうから、それまでは、あまり人手不足の状況は改善しないと思います。

(つづく)
【文・構成:宇野 秀史】

<プロフィール>
井上 智洋(いのうえ・ともひろ)

駒澤大学経済学部准教授。慶應義塾大学環境情報学部卒業。早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学)。専門はマクロ経済学、貨幣経済理論、成長理論。人工知能と経済学の関係を研究するパイオニアとして、学会での発表や政府の研究会などで幅広く発信。AI社会論研究会の共同発起人を務める。著書として、『人工知能と経済の未来』(文春新書)、『ヘリコプターマネー』(日本経済新聞出版社)、『新しいJavaの教科書』(ソフトバンククリエイティブ)、『人工超知能』(秀和システム)、共著に『リーディングス 政治経済学への数理的アプローチ』(勁草書房)、『人工知能は資本主義を終焉させるか』(PHP新書)など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop