• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月11日 07:02

福沢諭吉と現代(3)

 現在、私たちが手に取ることのできる福沢の著作で最も優れていると思われるのは「文明論之概略」(1875)である。もう1つ挙げるなら、「民情一新」(1879)であろう。この2つで、彼が日本の近代をどのように捉えていたのかがよくわかる。

 「福翁自伝」はどうか。福沢個人の生きざま、物の見方や考え方がわかる点では面白い。読み物としての魅力もある。しかし、彼の文明観・近代文明論となれば、上記の二冊だ。以下、それらをかいつまんで見てみたい。
「文明論之概略」は日本がどうして西洋文明を摂取しなければならないか、その理論的根拠を示した本である。

 まず彼は、彼のいう「文明」とは何かを説明する。「文明」とは人智の発達であり、同時に公徳の発達であると定義し、1つの社会が知能においても道徳においても高い水準に達していることが「文明」だというのである。
これに基づいて世界を見た場合、アメリカを含めた西欧の社会が他を圧しているというのが福沢の評価であった。なんとなれば、欧米は社会が理性の発達を促し、これを保護してもいる。また、人々が知の成果を共有し、互いが住みやすいように尊敬しあい、社会全体がよくなるように協力しあっていると。

 それに比べるとアジアはいまだに封建秩序が支配し、権力者が理性の発達を拒み、一部の人に知的財産が集中し、道徳も身分秩序に縛られて、本当の意味で人間が人間に対する礼儀というものが確立していない。だから、アジアは遅れているのであり、欧米社会を範とした社会改造が必要だというのである。

 このような見解は、現在からみれば誤っていると見ることもできよう。なんとなれば、欧米社会が平等社会でないことは自明のことであるし、人間が人間に対して礼儀を保っているなどというのも実情に反していると思われるからである。

 しかしながら、理性の発達を促進し、知的財産を市民が共有する社会という点ではどうか。やはり欧米社会が、この点では世界をリードしていると言わざるを得ず、その点において、福沢の尺度からすれば、西欧社会が一歩先んじているといえるのである。現時点でも、世界の公準は西欧がつくり出したものとなっており、アジア、アフリカを問わず、(少なくとも表向きには)民主主義を否定する思想を推奨している国はまずない。

 ところで、福沢が西欧社会を見て感心したことに、学校教育と病院、そしてメディアの発達がある。教育が理性の発達と個人の尊重を強化し、人々の声が社会の改善に利するシステムがメディアを通じて機能している、そう彼は見たのである。

 そういうわけで、欧米見学から帰った彼が真っ先に実行しようとしたのは教育改革であり、病院建設をはじめとする医療制度の改革であり、新聞の刊行によるメディアの充実である。これらが実現しなくては「文明」に達することはできないと判断したのだ。慶應義塾、慶応病院、時事新報、これらはみなそうした考えから生まれた。

 「文明論之概略」は日本の近代化の問題点を明らかにしている点でも注目に値する。「文明」は到達目標であるが、残念ながらこれに邁進するわけにはいかない現実があるのだ、と明言している。

 その現実とは、西欧諸国が国家主義を掲げて己の領分を守っているだけでなく、他国の領分、ほかの社会を破壊し、世界をわが物にしているという現実である。

 福沢にすれば、そうした西欧諸国のやり方は「文明」とはほど遠い「野蛮」なものだったが、それでも西欧社会は彼の思う「文明」に最も近いところにあった。日本とすれば、西欧の野蛮さに対しては自己保存に努め、その一方で「文明」の理想に近づこうとしなくてはならないと考えたのである。
このことを言い換えれば、近代という時代の持つ本質的な矛盾に彼は気づいたということでもある。欧米世界は自由とか平等とか人権とかを唱えつつ、世界全体の自由・平等・権利を無視し、一面で「文明」的でありつつ、他面で「野蛮」であるという矛盾だ。

 この矛盾を福沢はわが身に引き受けて、先にも述べた「背に腹は替えられず」の論理に基づいて、まずは身を守ること、そのために「文明の利器」を身につけることを説いた。

 彼ははっきり言っている。「四海同胞」すなわち世界全体が兄弟であるというのが理想である。しかし、そんな理想を実現している国など世界中どこにもない。世界は弱肉強食。まずは身を守り、強くなり、生き延びねばならないと。

 このような彼の見地は、当時としては政府や国民の目を開かせるものがあったにちがいない。欧米列強のすさまじい力を実感していた彼らは、福沢の現実主義には大いに鼓舞されたのである。

 しかしながら、彼の説く合理的精神の発達についてはどうか。国民レベルで合理主義が発達すれば、権力は維持できなくなるのである。
 伝統主義者からも、相当の反発を買った。長い間の中国志向から抜け出せず、「文明」のモデルは東洋しかなかった彼らには、福沢の強調する科学的思考など、伝統破壊にほかならないと映ったのである。

 そういう困難な状況にあって、彼は何とかして自分の見方が多くの人に共有されるよう啓蒙活動を続けた。また、知識人に対しては理論書を書く必要を感じ、それが「文明論之概略」となったのである。

(つづく)
【大嶋 仁】

<プロフィール>
大嶋 仁(おおしま・ひとし)

1948年鎌倉市生まれ。日本の比較文学者、福岡大学名誉教授。 1975年東京大学文学部倫理学科卒業 1980年同大学院比較文学比較文化博士課程単位取得満期退学。静岡大学講師、バルセロナ、リマ、ブエノスアイレス、パリの教壇にたった後、1995年福岡大学人文学部教授に就任、2016年に退職し、名誉教授に。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月17日 07:03

空間に新たな価値を付加する家具づくり 時代変化に適応し、新体制の構築へ(前)

  (株)アダル 代表取締役社長 武野 龍 氏 主に業務用家具・店舗用家具の製造・販売を行い、創業から65年以上の業歴を重ねてきた地場を代表する老舗の...

2019年02月17日 07:01

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(4)

  強まる韓国の悲観論  米中貿易戦争は韓国経済にどのような影響をおよぼすだろうか。現在、韓国経済は悪材料がいくつも重なっており、先の見通しができないほど不...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

pagetop