2022年05月26日( 木 )
by データ・マックス

福岡の企業経営者ら134名がナイスショット!~第42回マックス会ゴルフコンペ

優勝者の徳森宏取締役

 10月22日、(株)データ・マックスが主催する第42回マックス会ゴルフコンペが、福岡雷山ゴルフ倶楽部(福岡県糸島市)で開催された。今回は134名の企業経営者らが参加。爽やかな秋晴れの空の下で、多くのプレーヤーが快音を響かせ、活力に溢れたハツラツプレーが繰り広げられた。

 グロス80を切る凄腕プレーヤーに加え、90以下も27名という大混戦のなか、ダブルペリア方式による総合優勝は、(株)サンコービルドの徳森宏取締役(NET67.6)で強豪ひしめくなか、見事栄冠に輝いた。準優勝は、(株)エステートワークスの樋口文典社長(NET69.4)。なお、樋口社長はベストグロス賞も獲得した(グロス79)。女性の部では、P.P.MAMAの横山京子さん(NET80.6)が優勝した。

 コンペ終了後の表彰式は、福岡市博多区の「グラナダスィート福岡」で行われた。乾杯の発声はムライケミカルパック(株)の村井正隆社長が行い、参加者が各テーブルでお互いの健闘をたたえ合い、お酒を酌み交わす盛大な式となった。

 優勝、準優勝、ニアピン賞、ドラコン賞の表彰以外にも、120位からの順位賞、ブービー賞などがあり、協賛企業から提供された豪華賞品が用意された。

 ゴルフの腕を競い合った後は運で勝負。表彰式終了後は、恒例のチャリティー・ビンゴ大会、じゃんけん大会を実施。ビンゴカードの販売で集まった収益金10万9,000円は、カンボジアで地雷廃絶に向けた活動と、地雷被害者支援を行っている「(一財)カンボジア地雷撤去キャンペーン」に寄付される。中締めの挨拶は、秋元液化ガス(株)の秋元正幸会長が行った。

準優勝の樋口文典社長(右)
ゴルフの様子

 データ・マックスのゴルフコンペは毎年2回開催され、毎回100社以上が参加する。ゴルフを通して、福岡の地場企業の関係者が親交を深める場にもなっており、毎回参加する常連企業は多数。第43回大会は、2019年5月頃の開催を予定している。

【代 源太朗】

※クリックで拡大

 

関連キーワード

関連記事