• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月31日 14:00

名実とも九州No.1のデベロッパー目指し、理想の住まいへ飽くなき挑戦(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(株)コーセーアールイー

創業25周年とともに東証一部上場達成

盛大に開催された「創業25周年・東証一部上場記念祝賀会」

 2017年12月8日、(株)コーセーアールイーは創業25周年および東証一部上場の記念祝賀会を開催した。会場のホテルオークラ福岡には政財界を中心に400名を超える来賓客が集まり、同社のこれまでの発展および東証一部上場達成が盛大に祝われた。

 同社代表取締役・諸藤敏一氏は、「私どもは1992年8月の創業以来、四半世紀となる25周年を迎えることができました。ひとえに皆さまのご支援の賜物であり、心より御礼申し上げます。これからも慢心することなく、理想の住まいづくりに取り組んでまいります」と挨拶。17年10月23日に東証一部上場をはたしたことや、18年1月期は売上・利益ともに過去最高を更新する見込みなどを報告。上場の意義については「事業の健全な継続」とし、オーナー企業を脱却してパブリック・カンパニーとして社会性を高めることにより、存続し続けることが可能になる、との考えを述べた。

祝賀会で挨拶する諸藤敏一氏

 さらに、これから目指すべきものについては、「東証一部企業の使命は、継続して利益を出すこと、そのためにコンプライアンスやガバナンス、CSRを充実させること、すなわち企業価値の向上です。まずはこの3年で利益を積み上げて自己資本を100億円にし、これを元手に10年のうちに500億円の売上と、時価総額500億円を目指すことが当面の目標です」と述べ、マンション事業に徹していくのはもちろんのこと、新たな事業への挑戦も視野に入れ、総合不動産業を目指していく決意を表明。また、自身の事業意欲はまだまだ旺盛としながらも、これからは後を担う人材を鍛え、より強い会社組織づくりに取り組んでいく意向も示した。

 そして最後に、「皆さまには、これまで通り、コーセーアールイーのこれからを見守っていただき、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。我々は、ステークホルダーの皆さまの繁栄に貢献する存在であり続けられることを切に願っております」と締めくくった。

顧客満足を徹底的に追い求め地域や社会に貢献

 同社は、現代表の諸藤敏一氏が、92年8月に(株)コーセーとして営業を開始したのが始まり。社名に冠した「コーセー」とは、清く正しくという意味の中国語「光済」に由来するもの。「常に清く正しくあるべき」という人間としての生き方の基本を表しており、同社の社員の行動基準ともいえるもの。併せて、経営理念として掲げた「理想の住まいへ飽くなき挑戦」の下、同社は顧客満足を徹底的に追い求め、地域や社会に貢献していくことを目指している。

 同社は、93年5月に自社第1号物件の「ラフォーレ箱崎」(42戸)を発売して以降、「ラフォーレ」および「グランフォーレ」シリーズの分譲マンションを福岡都市圏中心に供給してきた。05年1月に現本社ビルを建設し、同時に現商号へと変更。07年8月には福岡証券取引所に、12年4月には大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場をはたした。また、12年8月に設立20周年を迎えた際には、地元経済活性化へのさらなる貢献とともに「30周年には100億円の売上高、東証一部上場」という新たな目標を掲げている。その後、13年7月に市場統合にともない東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場した後、16年9月の東証二部への市場変更を経て、17年10月23日、ついに東証一部上場となった。さらに、17年1月期は売上高102億4,527万円を計上しており、20周年の際に打ち立てた30周年時の目標は、5年も前倒しで達成されたことになる。

 現在、実需型のファミリーマンションと投資型マンションの2つの事業を大きな柱として展開している同社。直近でも「グランフォーレ南福岡レジデンス」(博多区相生町)や「グランフォーレ大濠西」(中央区鳥飼)、「グランフォーレ高宮プレミア」(南区野間)など、福岡都心部を中心に活発な開発を続けている。そのほか、「今後はビルメンテナンス事業にも力を入れ、第3の柱へと育てていきたいですね」(諸藤氏)として注力するほか、不動産賃貸管理業や戸建事業などにも取り組んでおり、新たな事業への挑戦意欲も旺盛だ。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:諸藤 敏一
所在地:福岡市中央区赤坂1-15-30
設 立:1992年8月
資本金:15億6,245万円
TEL:092-722-6677
URL:http://www.kose-re.jp

<プロフィール>
諸藤 敏一(もろふじ・としかず)

 1955年6月、福岡市生まれ。九州共立大学経済学部卒業。大手マンション会社勤務後、(株)すまい取締役を経て、92年9月に(株)コーセー(現・(株)コーセーアールイー)を設立し、代表取締役に就任した。(一社)九州住宅産業協会の理事長も兼務し、2014年には「春の黄綬褒章」を受章した。趣味はゴルフとマリンスポーツ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop