2024年04月24日( 水 )

独自の防水・漏水の技術を集約 屋上緑化を提案し全国展開へ(前)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

(株)栄住産業

金属防水工法のすばらしさを提案

 (株)栄住産業は1975年、鹿児島市内で創業した防水工事業を手がける会社だ。76年2月に法人化され、79年には本社を福岡市に移転した。創業者は宇都正行氏であり、現在も代表取締役として第一線で活躍している。同社の特色は木造住宅の下屋部分を平らにしてバルコニーを設置し、金属で防水する工法を提供していること。この工法により同社は、既存の概念にとらわれない新しい発想と高い技術を組み合わせた独立独歩の会社として業界内外で認知されている。

 現在も業界内では「屋根に傾斜をつけているのは雨漏りしないようにするためなのに、なぜ、わざわざ雨漏りのリスクを高める工事をする必要があるのか」という意見がある。とくに工事を依頼する工務店は「こんな工事をしたら非難されて仕事ができなくなってしまう」と拒絶反応を示すところもある。それでも宇都代表は「弊社の金属防水工法は、試行錯誤を繰り返して積み上げたノウハウと高い技術によって構築されている」「これからのライフスタイルを大きく変えることができる新しい工法」と工務店に同社の金属防水工法をわかりやすく丁寧に提案していった。

 宇都代表の粘り強い提案もあり、この工法について関心をもつ工務店経営者が徐々に現れ始め、少しずつ工事件数が増えていった。不安視された雨漏りも発生せず、快適な空間を手にした施主から感謝の声が届き始めた。金属防水工法が改めて認知され、新たな木造住宅のスタイルをつくり出したのだ。

 この金属防水工法は、自社ブランドである『スカイプロムナード』への開発につながっていく。社名よりも高い知名度をもつようになってきた『スカイプロムナード』。これは耐久性・防水力に優れたステンレス・鋼板の表面に特殊保護膜加工をするもので屋上緑化などの施工に最適だ。しかも、建物の揺れなどに対応できる『オープンジョイント工法』を用いて柔軟性ももたせている。『スカイプロムナード』は、創業から43年で38万棟の施工実績をもつ。国が定める住宅瑕疵担保責任保険に加え、施工実績は38万棟以上あり、そのほとんどで漏水に関するクレームは寄せられていない。また『スカイプロムナード』は、内閣府認定のNPO法人日本金属防水工業会の保証対象製品であり、10年または30年の保証がつけられている。

 断熱材や、高性能な窓、高効率の熱交換換気システムなどを導入して、徹底的に熱を逃がさないよう工夫された住宅「パッシブハウス」として認定された最初の住宅の屋根には『スカイプロムナード』が採用されている。同社では屋上緑化・庭園以外にも、屋根に穴を開けない磁石による太陽光パネルシステム『レインボウマグソーラーシステム』の設置も手がけている。「すべては施主、工務店の喜ぶ顔を見るため」と日々、技術開発を進めている。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:宇都 正行
所在地:福岡市東区原田3-5-6
設 立:1976年2月
資本金:9,800万円
TEL:092-622-6292
URL:http://www.eijyu.co.jp

<プロフィール>
宇都 正行(うと・まさゆき)

 1944年7月、鹿児島市生まれ。68年3月、鹿児島経済大学卒業。75年9月に栄住産業を創業。76年2月に法人改組し、(有)栄住産業を設立。89年2月に株式改組。趣味はゴルフ

(後)

関連キーワード

関連記事