• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月28日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~737MAXを中国最終仕上げセンターから初納入 ボーイング・中国舟山工場が完成(後)

 ボーイングが製造する約4機に1機は中国向けで、中国の航空会社は同社の最大の収益源である737の最大の買い手。ボーイングは舟山の新施設でいずれ737MAX年間100機の最終仕上げを行う計画だ。フランス社長は本格稼働の時期については言及を控えたが、従業員の熟練に応じて「徐々に向上する」と説明した。約75人の従業員の大部分はボーイングの米社員で、新たに採用された従業員の育成を手助けするため一時的に駐在する。

 ブランズ社長によると、舟山の施設の塗装部門がまだ稼働していないため、中国国際航空に今回納入された機体は米国で塗装された。中国では内装の総仕上げが行われたが、「作業指示はかなり限定的」だったという。

 ボーイングの最新民間航空機市場予測(CMO)は、中国が世界最大の民間航空市場になるとしており、中国の需要が今後20年で7690機、1兆2千億ドル(約136兆円)相当に達すると見込んでいる。また、中国では航空会社の保有航空機拡大を支えるため、1兆5千億ドル以上の航空サービスが必要になるとしている。同社は、舟山工場の完成と稼働により国内顧客にさらに寄り添うこととなり、同センターの年間引き渡し能力を約100機と見込んでいる。

 米ボーイングで北東アジアのマーケティング責任者を務めるダレン・ハルスト氏が13日、東京都内で記者会見し、アジアでは「787」や「777」などワイドボディー(WB)機と呼ぶ双通路の中・大型機の需要が拡大すると強調した。特に「中国は潜在的な需要がすさまじい」と指摘した一方、小型機を含めた現地生産には従来通り慎重な姿勢を繰り返した。ハルスト氏は向こう20年、中国で1500機のWB機の需要が生まれるとの見方を示した。 同社はナローボディー(NB)機と呼ぶ小型機の「737」の最終仕上げ拠点を中国の舟山市に設けたばかり。ただハルスト氏は将来的な完成機の最終組み立てやWB機への拡充については、「舟山の機能はあくまでも塗装や最終仕上げで、工場ではない」と話した。

 競合するエアバスはすでに中国に工場をもつが、日本の航空関連メーカーの関係者からは「ボーイングが警戒するのは 虎の子の技術流出だろう」との指摘も聞かれる。中国商用飛檐(COMAC)はNB機の「C919」の初飛行にも成功しており(ボーイングにとってはライバルとなる。

 米中貿易摩擦の影響については、(ルスト氏は「短期的に見た場合、インパクトは今のところは出ていない」と述べたうえで、「(ボーイングとして)米国と中国の指導層に対し、航空機産業がいかに経済や産業に重要かを訴えている」と語った。

 「米中の航空機業界の関係はWin-Winであった。なるべくそれを今後も持続させたい。より良いソリューションをうみだし、米中相互の利益をもたらす関係を維持したい」と語った。

(了)


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
■(株)アジア通信社
所在地:107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

2019年07月18日 13:38

【追悼】非常に悔いが残るお別れ、松本組専務・平島義和氏

 16日午前中、松本組から「平島義和専務が急逝」というファックスが流れてきた。筆者は「嘘だろう!何かの間違いではないか」と、このファックスの内容に疑念を抱いた。なぜな...

2019年07月18日 13:22

大塚市長に聞く、新「ふるさと納税」再申請をひかえた直方市の課題と今後~福岡県直方市

 今年6月1日からスタートした、「ふるさと納税」新制度。直方市は総務省より「不適切な寄付集め」との指摘を受け、税制優遇期間が6月から9月までの4カ月に指定を受けた43...

pagetop