• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月27日 15:24

大々的に発表された「柳橋ホテル計画」 実は天秤にかけられていた 耳より情報 

柳橋連合市場

 10月末、柳橋連合市場(福岡市中央区)内でのホテル開発が地元紙で報道された。開発を手がける東京の(株)大京(本社:東京都渋谷区)もこのホテル開発計画を発表。しかし、関係者の一部は狐に摘まれたような気分になったという。水面下では当該用地を含む、より大型の開発計画が進められていたからだった。さらに取材の過程で明らかになったのは、売買契約後に別交渉を行っていた売買仲介業者の不穏な動き。利益追求は悪くはないが、あまりにもモラルに欠ける行為だ。

 10月30日、不動産開発の大京が「博多の台所」と呼ばれる柳橋連合市場の一角に開発するホテル計画を発表した。現在はコインパーキングとして利用されている約400坪の用地。かつては食品スーパーの「マルキョウ柳橋店」があった場所だ。同地は2015年1月に学生寮を建設する目的で、香蘭女子短大や香蘭ファッションデザイン専門学校などを運営する(学)山内学園が取得していたが、進入口が狭いことで建設を断念。その後は、関東や福岡でマンションや戸建住宅の開発、不動産売買を手がける(株)ジョイフルコーポレーション(本社:東京都町田市)が土地を借りて、パーキング事業を行っていた。

ホテル建設予定地

 市場内のビルに福岡支店を置くジョイフル社は現在、市場内中央部で建設が進んでいる「春吉1丁目プロジェクト」(通称:高口ビルの建替)に深く関わっていた。当時の高口ビルのテナント立退交渉では、柳橋連合市場を巻き込み、協同組合で何度も総会の議題に上った経緯がある。(詳細はコチラ

 今回のホテル計画にも、このジョイフル社が大きく関わっている。18年6月、同地にホテルを建設することを目的に、大京が売買契約(売買代金完済の条件付き)を締結。山内学園が大京に土地を売却する契約が交わされているのだが、関係者の話では実際は「中間省略」でジョイフル社が間に入っているという。山内学園と大京の契約金額は17.6億。しかし、実際は間のジョイフルが14.6億で買ったようになっており、3億上乗せして、大京に売却しているかたちだという。売買仲介も行っているため、この取引だけでジョイフル社が手にした金額は数億円との試算が成り立つ。ジョイフル社にとっても、大きな取引であったに違いない。

 10月には地元紙がホテル計画を大々的に報じたことで、地上12階242室のホテル誕生に期待が集まっているのだが・・・。一部の市場関係者が首をひねっているのも事実のようだ。どうやら水面下では別の大型開発計画が進行しており、ホテル計画は現実の話なのかと懐疑的に捉える関係者もいる。

 そんななか、一時ジョイフル社が買い主である大京の知らぬところで、別の第3者へ売却を検討していたことが明らかになった。事実なら売買契約成立後に契約を覆すことになる。一般的には考えられないことなのだが・・・。売買契約後の8月、ジョイフル社が第3者に先の売買金額におよそ10億円上乗せした金額(28.8億円)で提案していた文書が見つかっている。金額の内訳も詳細に記載されていること、解約違約金も含まれていることから、新たな買い手が見つかれば、大京に対し、契約を解除する交渉に出る予定だったとみられる。買い主である大京にジョイフル社の一連の行為について確認したところ、一切把握していなかった。利益を追及するのは悪いことではないが、先の契約がありながら天秤にかけるようなジョイフル社の行為が事実なら、モラルに欠ける行為と言わざるを得ない。

【東城 洋平】

▼関連リンク
・柳橋連合市場・ビル建替えまでの人間ドラマ(前)
・柳橋連合市場 マルキョウ跡のパーキングにホテル計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

2019年08月16日 07:06

“未完成”をメリットに進化を続ける機能性表示食品制度!~4度におよぶアクティブな改正で制度自体が業界をけん引!

 健康食品業界を大きく変えたといわれる「新たに機能性表示を可能とする仕組みの整備」が2013年6月14日に閣議決定されてから、早いもので6年の月日が流れたことになる。...

2019年08月16日 07:05

中小企業の現場で実現できるのか 働き方改革の課題とこれからの展望(後)

 働き方改革の時代は、働き方が異なる人がお互いに力を合わせて仕事するパッチワーク型、モザイク型のチームワークになると予想している。バリバリ働く人だけでなく、介護や育児...

2019年08月16日 07:00

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(10)

 京都の地から始まり、全世界に広がった盛和塾という組織そのものは、本年12月をもって幕を閉じることになります。しかし、これからもフィロソフィを学び続けると同時に、その...

pagetop