わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月31日 23:00

2018年を振り返って―誰もが「我が勝手」どうする!!~2019年―我々の覚悟

 幼い子どもが「我が勝手」ならまだ大目に見られる。老人レポーターとして名を馳せている大山眞人氏が「老人は誰も彼もが我が勝手」と見捨てるように呟く。ここまではまだ個人レベルの話である。

“ゴーン欲の塊”によって再びニッサンは業績悪化か

 一度は救世主であった人物が、サタンになり下がるかもしれない。『ゴーン欲の塊』排除を法的な策略で行った日本人最高経営責任者西川氏。仮に完全にゴーン氏を排除できたとしても、ニッサンの業績回復の糸口はみられない。(1)リコール問題を抱える国内での販売不振、(2)ゴーン氏に代わって国際戦略を大胆に展開する人材もいない。一番の根本原因は20年間もゴーン氏をトップに据えていたことである。ただ、日本経済のためにはニッサンは沈むわけにはいかないのである。

安倍さん、トランプの犬か!! 

 ニッサンという自動車国際企業が沈むのも“大事”だが、政界、いや国家運営も今、大試練に立たされている。『美しい国づくり』を政治信条にしてきた安倍首相はアメリカではなく『トランプの犬』に成り下がる様相を呈している。
 安倍首相自身の部下掌握のポイントは“おべっか使い”を登用していることがその核心である。政治家も官僚も「覚え目出度きの忠誠心」を発揮する。

 ところが、トランプ米大統領との関係に目を転じると安倍首相自身が『トランプの犬』として存在感を誇示している。いわれるままに最先端の武器の購入を増大させ2019年予算案では武器購入費が突出しているのだ。今後のアメリカとの通商交渉においても妥協につぐ妥協をしていくであろう。よく考えてみよう!!「犬コロ忠誠心」で接してもトランプが感謝の念をひとかけらも抱くわけがない。「安倍は俺の忠臣だ」と図に乗るだけであろう。
 安倍さん!!貴方は誇るべき日本を“トランプの犬コロ”に仕立てるのか!!「我が勝手」な首相だ。

トランプvs 習の面子の張り合いの果て

 トランプ大統領の評価すべきところは「公約は忠実に実行する」の1点だけである。お粗末極まりないのは国家組織の運営、幹部たちの使い方であろう。まるで一族会社の使用人扱いである。折しも新年早々の米国国防省トップ辞任の報道も流れている。FRBトップの更迭説も流れたが、これは否定した。大臣・長官クラスはプライドをもった知性に富んだ連中である。「こんな頭脳足らずの下で誰が働くか!!」と腹のなかで批判しているに違いない。
 トランプは優秀な人材でも正論を吐き意見が対立すれば、即刻、クビにする「我が勝手」な奴よ!!

 中国共産党総書記・習近平氏の野望も凄い――「アメリカを抜いて世界のトップに君臨する」と豪語している。中国は長い間、世界トップだったのだから、その覇権を取り返すプロジェクトには多数の中国人民にとって気分爽快なことだ。ところが習氏は「生涯現役」を超えて「生涯総書記」というように権力に固執している。中国の歴史を少し学べば誰もが「毛沢東と比較しても習の功績は、その足元にもおよばない」と断ずる。習総書記も我が名誉を後世に残すことだけに執着する「我が勝手」な人よ。

 そしてこのトランプvs習の面子の張り合いの果てに2019年は大動乱時代に突入する。「我が勝手」な対立には中途半端な妥協はない。
 我々庶民は「我が勝手」に生きて抵抗するしか道はないのか!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月20日 10:28

海洋資源大国・日本の新たな船出(後編)NEW!

 近年、世界各国の研究機関や企業は二酸化炭素の削減技術やCO2の固定化技術の開発にしのぎを削っている。これまでも藻類を活用したCO2の固定化や藻類バイオマスの研究開発...

2020年01月20日 10:19

筑邦銀行がSBIホールディングスと資本業務提携(前)NEW!

 第一地銀の筑邦銀行(福岡県久留米市)は1月17日、、ネットで証券・銀行・保険業務を幅広く手がけているSBIホールディングス(以下、SBIHD)と、地方創生を目的とし...

2020年01月20日 08:53

オフィスランドが「第2回大文具まつり」~3月20、21日北九州市小倉北区でNEW!

 大平紙業グループの文具専門店、オフィスランドは3月20日(金)~21日(土)、北九州市小倉北区の西日本展示場で「第2回大文具まつり」を開く。

2020年01月20日 07:00

多くの大手ハウスメーカーとスクラムを組み月間1,000棟を手がける九州トップの足場会社NEW!

 「BIKE MEN style」(ビケメンスタイル)。筋骨隆々の若者が表紙を飾るどこかのマニアックな情報誌かと思えば、それは意外にも(株)ダイワが制作した雑誌スタイ...

2020年01月20日 07:00

愛され続けて36年 不動産のプロとして顧客をサポートNEW!

 イタリア由来のデザイン、最新の住設備を取り入れた自社ブランドマンション「モントーレ」シリーズで好評を得ている西武ハウス(株)。その始まりは1983年8月に現代表の豊...

2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へNEW!

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務め...

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

pagetop