• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月19日 07:05

対中強硬派のロバート・ライトハイザーUSTR代表の胸の内(前編)

NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2019年1月18日付の記事を紹介する。

 アメリカと中国の貿易摩擦は「新冷戦」とまで呼ばれるほど抜き差しならない泥沼に陥ってしまった。昨年末、トランプ大統領と習近平国家主席の間で「休戦協定」のために90日間の猶予期間を設けることが合意されたのだが、そのデッドラインである3月1日までに事態が打開される見通しは得られないままだ。

 万が一、交渉が決裂することになれば、世界第1位と第2位の経済大国が高い関税をかけ合うことになり、世界経済全体に悪影響が及ぶことは避けられない。トランプ大統領とすれば、対米貿易黒字を積み重ね、アメリカの知的財産権を侵害する中国への圧力を強化させることでアメリカの産業基盤を回復させることを意図しているのであろう。歴代の大統領ができなかった対中強硬策を成功させることで、「アメリカ・ファースト」の大統領として2020年の再選を目指す心づもりに違いない。

 実際の対中交渉の現場で指揮をするのはロバート・ライトハイザーUSTR代表である。ホワイトハウスのピーター・ナバロ大統領補佐官と共に「対中強硬派」の筆頭役を務め、トランプ大統領からの信頼も厚い。ライトハイザー氏といえば、かつての日米通商戦争の際にも、「対日強硬派」として日本政府を震え上がらせた強者(つわもの)交渉官である。果たして、日本を手玉に取ったように中国をも陥落させることができるのであろうか。

 ライトハイザー氏と共に仕事をした経験のある複数のアメリカ人から最新の情報を入手し、今後の米中関係の行方を占ってみた。まずは、同氏の基本的な発想について見てみたい。周囲が一致するのは、ライトハイザー氏の発想の根底には「アメリカの偉大な産業の復活=雇用のアメリカでの復活、それを可能にする製造基盤のアメリカ回帰」という考え方が根付いているようだ。

 そのため、あるべき「アメリカの復活」に対して阻害要因でしかない外国、特にかつての日本、そして今の中国による「不公正な貿易、通商慣行や背後の国家的関与を排除」することが絶対的に欠かせないとの強い信念がある。そのための最も効果的な手法は「圧力=関税交渉」というもの。

 ライトハイザー氏の口癖は「歴史から学べ」。過去の政権による対中融和政策の結果、アメリカは抜きがたい損失と国際競争力を失う事態に追い込まれた。今からでも間に合う。だから中国への対策を誤らないように、中国の隠された国家的意図を明らかにした上で、同盟国とも連携し、中国の台頭を抑止すべし。これが同氏の堅い決意というわけだ。その意味では、トランプ大統領とは「イデオロギー上の同志」と言っても過言ではないだろう。

 こうした発想が生まれた背景には、ライトハイザー氏の生い立ちが関係していると思われる。彼が生まれ育ったオハイオ州の五大湖に面するアシュタブーラはアメリカ鉄鋼や化学産業の中心地であった。しかし、中国のダンピングによって地元のアメリカ鉄鋼産業が衰退する現実を目の当たりにし、若くして失望と怒りを感じたという。

※続きは1月18日のメルマガ版「対中強硬派のロバート・ライトハイザーUSTR代表の胸の内(前編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月23日 07:00

直面する人手不足と採用 解決のカギは健康経営(後)NEW!

 タクシー運転手は、座る時間が長く、夜中にまとめて食べるなど不規則な食生活になりやすく、入社して半年から1年で体重が増えてしまうこともある。だが、毎日、出発する前に自...

2019年08月23日 07:00

どうする?どうなる?社会保障(4)NEW!

 以前は医療保険だった維持期・回復期のリハビリテーションや訪問看護、介護老人保健施設などが介護保険に移ってきている。病院や診療所の病床数(患者のベッド数)を減らし、早...

2019年08月22日 21:08

【ホークス速報】これが「最強」ホークスだ!

  ホークス5-1オリックス  勝てばマジック点灯、主砲・柳田の待望の1軍復帰戦と何としても勝ちたかった昨夜の試合で4-14の大敗を喫した福岡ソフトバンクホ...

2019年08月22日 17:55

AirDrop痴漢にご用心~iPhoneユーザーは今一度設定の確認を

 福岡県警は8月20日、福岡市西区に住む会社員男性(37)を、福岡県迷惑行為防止条例違反(卑猥な行為などの禁止)で検挙した。内容は7月5日午後8時44分頃、福岡市中央...

2019年08月22日 16:34

夏の甲子園決勝~履正社が星稜を下し初優勝

 全国高校野球選手権の決勝が22日に行われ、星稜(石川)と履正社(大阪)が対戦した。

2019年08月22日 15:55

【交通取締情報】23日、飯塚市、北九州市八幡西区で実施

 福岡県警は23日(金)、飯塚市と北九州市八幡西区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年08月22日 15:31

「九州の食」旗印にすえ、フードチェーン全体を盛り立てる~(一社)九州の食

 ラグビーW杯の開催まで一カ月を切った。来年には1964年以来の2度目の東京オリンピックを控え、さらに翌2021年には福岡市で世界水泳が行われるなど、毎年、名だたる世...

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(4)

 1973年にライオンズクラブに入会し、長年において337-A地区で奉仕活動を続ける和田耕司氏。80歳を超えてもなお、その活動への情熱が衰えることはない。過去、クラブ...

2019年08月22日 14:49

直面する人手不足と採用 解決のカギは健康経営(前)

 「健康」という今の高齢化社会に潜む課題をいち早く見出し、社員の健康づくりのための「健康経営」に積極的に取り組んでいる。心のこもったサービスをする企業として、人手不足...

2019年08月22日 14:15

福岡都市高速、北九州都市高速が値上げ~10月1日から

 福岡都市高速と北九州都市高速は、10月1日の消費税率の引き上げにともない、料金の増収率が消費税増加率である110分の108以内となるよう料金を改定する。

pagetop