• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月22日 13:12

2万坪という広大な敷地をもつ滞在型施設 豊かな自然環境を生かして、ストレスケアの場を提供

日月倶楽部

富士山麓の風光明媚な朝霧高原に、滞在型ウェルネスリゾート施設「日月倶楽部」がある。園主は、朝霧高原診療所の山本竜隆院長。地域医療を担いながら、地元静岡県富士宮市の協力のもと、私財を投じて2013年4月に開設した。心身を休める静養の場として、開設以来、経済界のオピニオンリーダーや会社経営者などの利用が増えているという。

伝統的な食育や環境教育を行う場

ヨガ指導者が、自然のなかで実技をアドバイス

 富士山頂上から駿河湾までの稜線を眺望する朝霧高原は、丘陵地帯に自然林が広がる地域で、気候療法の適応がある環境としても知られている。

 富士山麓の希少なロケーションにある日月倶楽部は、「自然欠乏症候群」を解消するきっかけの場として、山本医師が手づくりで開設した自然療法を兼ねたウェルネスリゾート。約2万坪の敷地内には6室のメゾネットタイプの宿泊施設があり、窓からは雄大な富士山を臨むことができる。

 また、エアストリームを堪能できるコテージ付きの部屋も用意してある。テーラーメイドの食膳薬膳茶、山本医師監修の各種ヘルスプログラムで、心身のリフレッシュ、自然体感、自然欠乏対策に利用してもらう日本初の滞在・体感型施設となっている。

池のほとりにあるVIP専用コテージ

 滞在施設は、築200年の貴重な建築資産である古民家を移転・増改築したものをはじめ、周囲を取り巻く富士山麓の自然環境とともに、利用者の健康意識向上や行動変容、気づき、伝統的な食育や環境教育を行う場でもある。

 このため、食事はレストランでの食事ではなく、栄養学としての食でもない。「自然の命をいただく実感や、いただけることに感謝の念をいだくことが本来の食育である」(山本医師)との考えから、敷地内に自生する野草や野菜を提供。宿泊客の要望に応じてシカ肉やイノシシ肉を使ったジビエ料理を出すこともある。

自然療法に基づくヘルスプログラム

ダイヤモンド富士を臨みながらヨガを体験

 日月倶楽部のヘルスプログラムは、自然療法の考え方を基に主に次のようなメニューが用意されている。

 東洋医学的自律神経検査(良導絡検査):自律神経のバランスから心と身体の状態を調べる検査。皮膚に微弱な電流を通し、交感神経の興奮性から自律神経のバランスをみることが可能。

 良導絡トリートメント:良導絡検査の結果をもとにアロマオリジナルブレンドを作成。経絡を刺激して五臓六腑のバランスを整える、オリジナルのアロマトリートメント(17歳以上の女性限定)。
 シンギング・リン:シンギング・リンは、2004年に日本で生まれたヒーリング楽器。その音色は倍音豊かで、サウンドのシャワーを浴びることで心身をリラックスさせることできる。シンギング・リンの振動で骨・細胞が活性化され、ココロとカラダが調和される。

 フィールド吹矢:約2万坪の敷地を生かしたフィールド吹矢の施設。森林や草原のなかで森林浴をしながら、標高700mの中山保養地で、新鮮な空気のなか、呼吸法としてのフィールド吹矢を楽しむことができる。 
 体質別薬膳茶:オーナーで、医師の山本竜隆氏が監修した、体質別に調合された8種類の煎じ茶を提供。

 アロマワックスバー:火を灯さないアロマキャンドル。キャンドルと同じくロウを主としてドライフラワーなどで装飾した見た目もキュートなフレグランスを味わうことができる。

自然に溶け込む時間をゆっくり味わってもらいたい

鳥のさえずり、草木の息吹を感
じながら過ごせるハンモック

 また、富士山静養園では宿泊客に対し、自然の摂理、リズムに従い生活をすることを呼び掛けている。天候や日の出の時間などによっても異なるが、関連施設の富士山静養園では、朝6時半ごろから富士山の湧水の“お水取り”を行い、富士山の湧き水で口をゆすぎ、湧き水でお茶などを飲むなどしてから森林散策や、呼吸法などを行って朝食をとる。

 朝食後から夕食までは、吹矢フィールドや富士山の取れ立て野草アロマセラピー、富士山野草と自然水によるスチームサウナ、そのほかの自然セラピーなどで過ごすという流れだ。

 ただ、山本医師は、「これをやらなければならないということではありません。過ごし方は利用する方の自由です。ここにいる間だけでも仕事を忘れ、自然に溶け込む時間をゆっくり味わっていただければと思います」と話す。

【施設MEMO】
日月倶楽部は、約2万坪のプライベート空間のなかで過ごしていただくための滞在型ウェルネスリゾート施設。ヨガや瞑想などのマインドフルネス、企業の健康管理者への指導、健康関連分野のセミナー合宿など、雄大な自然環境に身を置いて行う各種滞在プログラムを提供。期間限定で、山本医師監修の「自然欠乏症候群 改善プログラム」もある。宿泊施設は、百数十年前の古民家を移設、建設したもので、随所にアンティーク家具や建具を配し、自然との調和を大切にしている。各種プログラムの詳細と予約は、下記ホームページから。

〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭2271
TEL:0544-52-2611
URL:http://www.hitsuki-club.com 
E-mail:info@hitsuki-club.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

pagetop