わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月23日 11:58

排泄予測デバイス「DFree」で実現する人の尊厳を大切にする介護へ(前)

トリプル・ダブリュー・ジャパン(株) 代表取締役 中西 敦士 氏

 現在、全国で介護を受けている方は約600万人。自分で排泄をコントロールできなくて便が漏れてしまう方は20~65歳で300万人以上、65歳以上で130万人以上といわれている。排泄で困っている人の役に立ちたいという想いから生まれた世界初の排泄予測デバイス「DFree(ディーフリー)」は、超音波を使ったセンサーで膀胱を検知し排尿のタイミングを予測して、使用者のスマートフォンにトイレに行くタイミングを知らせる。今まで排尿がいつ起こるかわからずに漏らしてしまうことで悩んでいた人も、排泄の悩みや不安が軽減されることで前向きに生きる意欲を高めることができる。

排泄の悩みを軽減する「DFree」はどこから生まれたのか

トリプル・ダブリュー・ジャパン(株)
代表取締役 中西 敦士 氏

 「DFree(ディーフリー)」を開発したトリプル・ダブリュー・ジャパン(株)の代表取締役 中西敦士氏は、「米国に留学していた当時に引っ越し作業をしていて、トイレが近くになかったため、トイレに行くことができずに自分のお腹にたまっていた『うんこ』をもらしてしまう経験をした。その忘れられない経験から、排泄で困っている人の悩みを解決したいと決意し、ディーフリーの開発を始めた」と話す。

 ディーフリーは介護で排泄介助をしている人や、排泄のタイミングがわからずに漏らしてしまう人に、排泄のタイミングを予測して知らせる機器だ。今まで、いつ排泄が起こるかわからずに困っていた人は前もって排泄の予測ができるようになるため、トイレに行くタイミングがわかるようになる。介護者からも、トイレ誘導がスムーズになったという声が届いているそうだ。

 ディーフリーは現在、トライアルを含めて500以上の介護施設で排尿予測デバイスとして利用されている。しかし、排尿のタイミングを予測して知らせる機器という今までになかったアイデアをかたちにするには、多くの課題があった。たとえば、どのようなデータを取得したら排尿のタイミングを予測できるのかということは、今まで前例のない課題だった。そのため、高度な知識をもつ社内の専門家とともに、1つひとつ検証して製品をつくり上げていったという。

 そして、前例のない革新的なデバイスを、既存のサービスが確立されている介護業界に導入する場面では、どのように最初の一歩を踏み出したのだろうか。中西社長は「発売前の2015年にクラウドファウンディングを行った時に、介護施設の方々から『排泄介助の役に立つので、ぜひ早く製品化してほしい』と多くの声を受け取ったことが、介護施設向けにディーフリーの販売を始めたきっかけ。今までになかった新しい製品を市場に導入するときには、ユーザーや業界の課題や目指しているものを理解して、いかに現場のニーズにマッチさせるかが大切」と話す。

DFree(ディーフリー)

 介護施設にディーフリーを導入するにあたっては、社内で介護の資格を取得して勉強会を行い、社長と社員が介護の現場に入り込んで業界の状況やニーズを把握した。そして、介護の現場で実感した排尿の悩みを軽減するという視点で製品を完成させたという。発売当初には応援してくれる方々や協力会社を得ながら、徐々に販売規模が広がっていった。製品の試験段階から現場に足を運び、肌で感じたことを生かして現場のニーズを汲むという地道な取り組みが、最も顧客のニーズに合った人の心をつかむ製品の誕生につながると感じる。

 また、ゼロから製品を生み出すことは、前例がないために成功の可否の判断が難しい。中西社長は「まず、本人の覚悟が大きい。そして、前例がなくてもやってみることに対する周りの理解や、失敗を次の成功に生かせる土壌が生まれたら、多くの企業がイノベーションに取り組みやすくなるのではないか」と話す。中西社長はディーフリーの開発にあたり、形になる前からディーフリーが完成して世の中の役に立つことを確信しており、迷いが一切なかったという。イノベーションを起こす場面では、本人が確信をもって取り組む姿勢も成功の秘訣ではないかと感じる。

(つづく)

【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月26日 13:57

山本太郎氏が都知事選擁立を「一切聞いてない」、長妻発言に敬意と警戒

 立憲民主党の長妻昭選対委員長が7月5日投開票の東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、「そ...

2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設鉱業所とし...

2020年01月26日 07:00

福岡の街づくりに青春を全力投入されたら如何ですか

  福岡では天神再開発、博多周辺開発で中心部の街づくりが進行している。博多の街は1587年に豊臣秀吉による区割りで現在の基盤が形成された。そして第二次世界大戦で度重な...

2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生...

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

pagetop