• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月23日 11:58

排泄予測デバイス「DFree」で実現する人の尊厳を大切にする介護へ(前)

トリプル・ダブリュー・ジャパン(株) 代表取締役 中西 敦士 氏

 現在、全国で介護を受けている方は約600万人。自分で排泄をコントロールできなくて便が漏れてしまう方は20~65歳で300万人以上、65歳以上で130万人以上といわれている。排泄で困っている人の役に立ちたいという想いから生まれた世界初の排泄予測デバイス「DFree(ディーフリー)」は、超音波を使ったセンサーで膀胱を検知し排尿のタイミングを予測して、使用者のスマートフォンにトイレに行くタイミングを知らせる。今まで排尿がいつ起こるかわからずに漏らしてしまうことで悩んでいた人も、排泄の悩みや不安が軽減されることで前向きに生きる意欲を高めることができる。

排泄の悩みを軽減する「DFree」はどこから生まれたのか

トリプル・ダブリュー・ジャパン(株)
代表取締役 中西 敦士 氏

 「DFree(ディーフリー)」を開発したトリプル・ダブリュー・ジャパン(株)の代表取締役 中西敦士氏は、「米国に留学していた当時に引っ越し作業をしていて、トイレが近くになかったため、トイレに行くことができずに自分のお腹にたまっていた『うんこ』をもらしてしまう経験をした。その忘れられない経験から、排泄で困っている人の悩みを解決したいと決意し、ディーフリーの開発を始めた」と話す。

 ディーフリーは介護で排泄介助をしている人や、排泄のタイミングがわからずに漏らしてしまう人に、排泄のタイミングを予測して知らせる機器だ。今まで、いつ排泄が起こるかわからずに困っていた人は前もって排泄の予測ができるようになるため、トイレに行くタイミングがわかるようになる。介護者からも、トイレ誘導がスムーズになったという声が届いているそうだ。

 ディーフリーは現在、トライアルを含めて500以上の介護施設で排尿予測デバイスとして利用されている。しかし、排尿のタイミングを予測して知らせる機器という今までになかったアイデアをかたちにするには、多くの課題があった。たとえば、どのようなデータを取得したら排尿のタイミングを予測できるのかということは、今まで前例のない課題だった。そのため、高度な知識をもつ社内の専門家とともに、1つひとつ検証して製品をつくり上げていったという。

 そして、前例のない革新的なデバイスを、既存のサービスが確立されている介護業界に導入する場面では、どのように最初の一歩を踏み出したのだろうか。中西社長は「発売前の2015年にクラウドファウンディングを行った時に、介護施設の方々から『排泄介助の役に立つので、ぜひ早く製品化してほしい』と多くの声を受け取ったことが、介護施設向けにディーフリーの販売を始めたきっかけ。今までになかった新しい製品を市場に導入するときには、ユーザーや業界の課題や目指しているものを理解して、いかに現場のニーズにマッチさせるかが大切」と話す。

DFree(ディーフリー)

 介護施設にディーフリーを導入するにあたっては、社内で介護の資格を取得して勉強会を行い、社長と社員が介護の現場に入り込んで業界の状況やニーズを把握した。そして、介護の現場で実感した排尿の悩みを軽減するという視点で製品を完成させたという。発売当初には応援してくれる方々や協力会社を得ながら、徐々に販売規模が広がっていった。製品の試験段階から現場に足を運び、肌で感じたことを生かして現場のニーズを汲むという地道な取り組みが、最も顧客のニーズに合った人の心をつかむ製品の誕生につながると感じる。

 また、ゼロから製品を生み出すことは、前例がないために成功の可否の判断が難しい。中西社長は「まず、本人の覚悟が大きい。そして、前例がなくてもやってみることに対する周りの理解や、失敗を次の成功に生かせる土壌が生まれたら、多くの企業がイノベーションに取り組みやすくなるのではないか」と話す。中西社長はディーフリーの開発にあたり、形になる前からディーフリーが完成して世の中の役に立つことを確信しており、迷いが一切なかったという。イノベーションを起こす場面では、本人が確信をもって取り組む姿勢も成功の秘訣ではないかと感じる。

(つづく)

【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月14日 07:00

【医療専門家に聞く】100歳まで自分の足で歩く方法(中)

 歩くときに足が安定していないと、足に負担をかけてしまう。だから、ただ歩くだけではなく、足に負担がかからないようにサポートをすることが大切だ。かかとから足が地面につい...

2019年10月14日 07:00

世界的に“市民権”を得た日本ビジネスインテリジェンス協会!(5)

 1992年に溜池山王の全日空ホテルで設立総会&記念シンポジウムが盛大に行われてから約10年後の2001年に、10周年記念行事として、キューバに18名の視察団を出しま...

2019年10月13日 07:00

【医療専門家に聞く】100歳まで自分の足で歩く方法(前)

 日本初の「足の総合病院」として足の病気を治し、「100歳までスタスタ歩ける足のつくり方」を執筆している下北沢病院・院長・菊池守氏に、生涯自分の足で歩くための方法と、...

2019年10月13日 07:00

世界的に“市民権”を得た日本ビジネスインテリジェンス協会!(4)

 最も印象深かったのが小野田寛郎・元陸軍少尉((財)小野田自然塾 初代理事長)との出会いです。1977年にブラジルのリオデジャネイロ駐在中に御縁ができ、以来37年間に...

2019年10月12日 07:00

世界的に“市民権”を得た日本ビジネスインテリジェンス協会!(3)

 奇しくも今はまさに約30年前と同じです。当時は米ソの対立があり、現在は米中の対立があります。また、当時すでに、日本の大企業は商社を筆頭に、世界に100を超える支店が...

2019年10月12日 07:00

いい判断ができるかは実は体調で決まる(後)

 健診で調べても、検査数値に出ないことが原因で不調になることもある。無駄な緊張や無理な動かし方をしていると気づいて直していくと、体の調子が優れない時に、感覚で早く気づける。

2019年10月11日 17:30

ホークス、日本シリーズ進出でセール開催へ

 福岡地所(株)と(株)エフ・ジェイ・エンターテインメントワークスは、福岡ソフトバンクホークスが「SMBC日本シリーズ2019」に進出決定した場合、セールを開催すると...

2019年10月11日 17:25

ワークマンプラス福岡吉塚店オープン 福岡県5店舗目

 (株)ワークマン(本社:群馬県伊勢崎市、小濱英之社長)は10日、福岡市博多区に「WORKMAN Plus 福岡吉塚店」をオープン。この日は大阪、山形、宮城、福岡と、...

2019年10月11日 17:13

I Rプロジェクトコンソーシアムとエクイティ

   JC福岡(一般社団法人福岡青年会議所)主催・主導で9月30日に開催された「九州IRシンポジウムin福岡」は、九州経済連合会の常務理事ほか数人のパネリストを招き、...

2019年10月11日 17:12

続・鹿児島の歴史(8)~流人について1~

 鹿児島は本土最南部、そしてその南方に多くの離島があるため、流人や隠れ人となった人が多くいます。県外人と県内人とに分け、2回にわたって述べます。まず和気清麻呂について...

pagetop