• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月31日 07:04

目指す高みは明確。共感できる仲間と歩みたい 団結力を武器にさらなる技術向上を目指す(後) 時代を紡ぐ企業110社 

第一電建 (株)

技術力の向上に注力

 高山代表が代表取締役に就任した2009年以降、売上高は右肩上がりに増加。10億円を突破してからは売上高ベースで業績を考えるのではなく、総受注高で捉えるようになった。

 成長を維持するために無理していた部分があったのは事実だ。無理した部分の弊害は、技術力が期待する水準に達していないことだ。もちろん相応の技術力は業歴と実績が示すようにもち合わせている。しかし、高山代表は自身が描く水準に達していないことに気づいた。増収続きでこれまでやってきたが、今一度原点に帰る必要がある。

 そのため、目下の課題は技術者の育成だ。今まで1つの現場に1人の現場代理人を置いてきた。これから3年ぐらいはそれを2人体制にしようと考えている。当然、それまでかかってきた固定費が単純に2倍になる。それでも推進したいのが、OJTの強化だ。

 今まで現場代理人を置いていたところに、新卒や経験の浅い技術者を配置。技術が固まらないままだった人材に教育を施す目的がある。そのため、売上高は現状維持でも構わない。技術者と一言で言っても現状を分析すれば、上級者、中級者、初級者などさまざま。これまでは初級者でも、代理人として現場に配置せざるを得なかった。受注が伸びるなかで、発注者の期待に応えるには現場を回すしかなかったからだ。気がつけば、技術者のレベルアップが遅れていた。

 活気ある風通しの良い職場環境なのは、社員の平均年齢が若いことにも起因する。しかし、裏を返せばベテラン技術者の数が少ないということにもなる。4月入社で社員は40名。100年企業を目指す同社にあっては、組織で戦える会社にしない限り、目標は達成できない。売上を社長だけがもってくるような会社にはしたくない。社員1人ひとりが売上に貢献し、組織として成長していく企業にしないと、100年企業は近づいてこないのだ。

社員の家族とも本音で話す

 一般家庭の電気、水回りなどの困りごとを解消する「住まいるレスキュー隊」に加え、「住まいるリフォーム隊」も発足。リフォーム隊は現在、一般家庭のトイレに特化した部隊だ。本業の電気工事に比べれば事業規模はまだ小さいが、同社の電気を含めた仕事ぶりを一般の方に知ってもらうための情報ツールにもなる。

 大型の電気工事となれば、クライアントは法人がメインだ。同社の魅力が伝わるのは、あくまでその法人に対してしかないが、一般家庭へコツコツ積み重ねた信頼は将来大きなものとなって返ってくる。そう願って、2つの部隊を発足させた。一般個人からの評判も上々で、感謝される回数が社員の喜びとなって、社員のモチベーション向上にもつながっている。リフォーム隊では、今後トイレ以外にも対応範囲を広げ、水回り全般へと広げていく方針だ。

保護者懇談会の様子

 2018年4月に4名の新入社員を迎えた。同年2月には「保護者懇談会」を開催。いくら成人となっても、保護者の影響は大きい。会社が社員の家族に理解されないままだと、本当の意味で会社が家族にならないからだ。保護者に会社のことを知ってもらいたい。そのため、就職内定者の保護者を集め、保護者に向けて会社説明会を行う。その場で高山代表は「自社を成長過程にある会社だ」とはっきりいう。

 「まだまだ至らないところも多い。それでも目指している高みはある。そこまで行くために、力を貸してほしい」と伝えている。飾った言葉ではなく、正直な気持ちに、かえって保護者は一様に安心するというのだから、面白い。おそらく良いことばかりいわれると思っていた保護者が大半であろう。「逆に安心しました」―これで保護者の了解が得られたということだ。社員が不満を表に出せるのは、家庭でもある。保護者が会社にとっての協力者となれば、バックアップも得られるというわけだ。

 まだまだ若い高山代表ではあるが、すでに次代へのバトンタッチも考えている。後継者を決めて10年代表を続けるのと、ぎりぎりになって後継者を決めるのでは、まったく意味合いが違う。社員の取り組み方が変わるからだ。高山代表は早期に社長から退くと明言している。そうすることで、野心のある社員がいれば、自分が社長になれる希望をもてる。ゴールを明確にしないと、ペース配分もわからない。そうすることで、メキメキ頭角を表した社員も複数いる。 

 「欲しい人材は学歴やスキルじゃない。第一電建の理念に共感してくれる人を採用したい」高山代表の採用基準は明確だ。

(了)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:高山 幸治
所在地:福岡市博多区井相田2-8-15
設 立:1971年6月
資本金:2,300万円
TEL:092-588-2260
URL:http://d-denken.co.jp

<プロフィール>
高山 幸治(たかやま・こうじ)

 1974年福岡県春日市出身。94年、第一電建(株)に入社。2009年8月に同社代表に就任。趣味はゴルフとお酒。月1回は社員全員とサシ飲みする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

pagetop