• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月08日 09:36

更年期を正しく理解し、健康増進の重要性を理解してもらうことが大切(2)

NPO法人更年期と加齢のヘルスケア 理事長 小山 嵩夫 氏

 超高齢社会に突入した今、更年期からの健康づくり、未病対策は医療において、また、ヘルスケア産業においても重要な課題となっています。これからは“人生100年時代”と言われます。一般女性に、更年期のことを正しく知ってもらう啓発活動が重要になることはいうまでもありませんが、治療のほかにも日頃の生活のなかでできる予防、健康増進の重要性を自覚してもらい、実践してもらうことが必要不可欠となります。

 ―骨粗鬆症などは生活習慣病が原因と言われていますが、更年期の女性の場合その原因の1つがホルモンバランスの変調なのでしょうか。
 小山 最近は「私はまだ40代だから」と、更年期とは無縁だと思っている方がいますが、更年期対策は早いに越したことはありません。私は市民向けの講演会などで、「40代に入ったら更年期のことを意識してほしい」と呼び掛けています。今の時代は晩婚、晩産化で、30代後半で子どもを産むことが当たり前ですから、子育て中に更年期に入る人も珍しくはありません。授乳の長期化、卵巣機能の低下などにより、40歳前後で更年期を迎える場合もあります。

 とくに女性が注意しなければならないのが、生活習慣病のリスクです。「更年期イコール生活習慣病」と言っても過言ではありません。生活習慣病になっていく過程は、男性と女性とでは決定的な違いがあります。男性は、過度な飲食や喫煙、運動不足などがリスク要因となりますが、女性はそれ以上に女性ホルモンのエストロゲン低下が大きな要因で、急激に分泌量が減少すると糖の代謝機能が低下し、認知機能にも影響します。つまりエストロゲンの低下は更年期症状だけではなく、全身の疾病リスクに大きく関わっているのです。

 また、私は「助産師が更年期女性と関わらなければならない」と感じています。昔は助産師と更年期女性はあまり接点がありませんでした。しかし、高齢出産で、出産直後に更年期に入る女性が増えている現状を考えると、産後から更年期ケアにつなげることが重要といえます。たとえば、近年は出生数の5%が生殖補助医療で生まれていますが、これは出産年齢の高齢化で卵巣機能が低下していることに起因しています。年間の出生数を100万人としたら5万人が生殖補助医療での妊娠ですから、出産と更年期は隣り合わせといってもよいでしょう。これだけ高度生殖補助医療が発達し、高齢出産が多くなってくれば、性成熟期と更年期の境がなくなってくるのは必然といえます。出産年齢の高齢化が進み、生殖時期と更年期があいまいになっているからこそ、助産師は産褥期の更年期症状や更年期障害への対処法をしっかり学んでおく必要があるのです。

 もちろん一般の方への啓発活動も重要です。当会が認定するメノポーズカウンセラーへの調査(有効回答101名)では、HRTの普及率が低い理由として「更年期女性のヘルスリテラシーの問題」を指摘する回答が最も多いことがわかりました。確かにHRTについて新聞や雑誌で目にすることはあっても、その内容について理解している人は少ないのが現状です。その一方では、大多数の女性が、更年期に対する基本的な知識を備えていても、受診先や治療方法といった対処行動に結びつける知識が不足しているという面も否めません。それをサポートするのがメノポーズカウンセラーの役目ですが、的確なアドバイスができるようにするためには日頃からトレーニングをしておくことが大切です。そして、メノポーズカウンセラー自らが、「メノポーズカウンセラーである」ということをオープンにして、周囲にアピールしていくことが不可欠です。

(つづく)
【吉村 敏】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

2019年08月16日 07:06

“未完成”をメリットに進化を続ける機能性表示食品制度!~4度におよぶアクティブな改正で制度自体が業界をけん引!

 健康食品業界を大きく変えたといわれる「新たに機能性表示を可能とする仕組みの整備」が2013年6月14日に閣議決定されてから、早いもので6年の月日が流れたことになる。...

2019年08月16日 07:05

中小企業の現場で実現できるのか 働き方改革の課題とこれからの展望(後)

 働き方改革の時代は、働き方が異なる人がお互いに力を合わせて仕事するパッチワーク型、モザイク型のチームワークになると予想している。バリバリ働く人だけでなく、介護や育児...

2019年08月16日 07:00

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(10)

 京都の地から始まり、全世界に広がった盛和塾という組織そのものは、本年12月をもって幕を閉じることになります。しかし、これからもフィロソフィを学び続けると同時に、その...

pagetop