2024年02月23日( 金 )

MAX倶楽部講演会~(株)アダルの武野重美会長が登壇

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 2月6日、MAX倶楽部特別講演会が行われ、(株)アダルの会長ファウンダー、武野重美氏が登壇した。講演内容は、「中国進出25年!なぜ、中国に4つもの家具製造工場をつくることができたのか」。会場には、開始時間前から、中国ビジネスに関心のある大勢の聴講者が訪れ、活気に溢れた。

 武野会長は現在、御年80歳。とはいえ、現在もなお、1カ月の半分近くを中国で過ごし、現場に足を運んでいる。100社進出して、99社がダメになって帰ってくるといわれるほど、難しい中国ビジネス。そうしたなかで、四半世紀にわたる中国でのビジネスで感じたことは、「だまされても、欺かれても、やめてやろうと思ったことはなかった。常に駆け引き。ただ、最近の中国は、コネも通じなくなってきた。どんどん良くなってきている」という。

 現在の人件費は高騰していて、社会保険もつける必要がある。退職金も必要だ。しかし、武野会長によると、仕事がなくなることはないし、今すごく仕事がきているという。現在、35歳年下の妻とその姉が中国ビジネスの最前線を切り盛りしているという武野会長。「まだ80歳、あと10年は現役でいるつもり。今でも一日2万歩、少なくとも1万2000歩は歩くことを心がけている」と話す。

 武野会長のパワフルさに終始圧倒されながらも、確かな成功のヒントをつかめた、実のある講演会となった。

関連記事