わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月20日 16:24

アダルは中国でどう戦ってきたか? 友利家具新工場設立までの歩み(前)

業務用木工家具の製造販売などを手がける(株)アダル(本社:福岡市博多区、武野重美・会長ファウンダー、武野龍・代表取締役社長)は1953年3月に創業(イスヤ商会)。「壊れない家具」をモットーに、「斜線ホゾ」などの独自技術を駆使し、強度とデザインを兼ね備えた「はたらく家具」を世に送り出してきた。「顧客のニーズに応えつつ、絶対に納期を守る」という同社の姿勢は、顧客からの高い信頼に直結している。同社の家具づくりを支えているのが、国内の総合工場(福岡県宇美町)と中国工場。創業者の武野重美会長は、国内のバブル経済がはじけた90年以降、コストと品質の両立した大量生産を目的に、中国での生産拠点構築に奮闘してきた。日本とはビジネス習慣、国民性などが異なる中国での20数年間は、戦いの歴史だった。アダルの中国での歩みを振り返る。


社運を賭けた中国への進出

桐郷市友利家具有限公司。右手の
建物が工場棟、左手が社員寮棟

 (株)アダルが、中国での家具製造に本格的に乗り出したのは1996年。そのころ、日本の製造業は、バブル経済の崩壊後、モノが売れない、価格競争の時代に突入していた。商品価格を下げるためには、製造コストを抑えるしかない。「日本にしがみついていてもダメだ」。武野重美会長は90年以降、人件費が安い中国での生産に活路を見出し、新たな製造拠点づくりの機会をうかがっていた。アダルにとって、中国進出は社運を賭けた事業だった。

 それ以前、上海ではなく、当時経済特区となる計画があった深圳で合弁会社の設立を進めたことがあった。武野会長自ら現地に足を運んだが、頓挫した。

 その後、場所を上海に変え、現地で外注先となる工場での商品生産を試みた。現地責任者としてアダル社員を送り込んだが、商品の品質が悪く、顧客からのクレーム対応などに追われ、結果的に2,400万円程度の損失を出した。別のアダル社員も送り込んだが、「中国ではどうにもならない」とわずか1年で音を上げた。武野会長は再び、中国進出のため、上海に渡った。「俺には技術と誰にも負けないやる気がある。絶対やり通してみせる」。武野会長を突き動かしたのは、経営者としての意地だった。

独資会社でなければ利益を上げられない

友利家具社員との写真撮影に
応じる武野会長(最前列中央)

 日本と同じ品質の商品を生産するには、自社工場をつくる必要があったが、当時の武野会長にはどうすれば良いかノウハウがなかった。そのようなとき、日系企業のある人物から、現地パートナーとなる国営企業のSK家具を紹介される。武野会長は、SK家具との合弁会社設立を進めることにした。

 その後、経営方針や資本金の出資率などについて、綿密な手順を踏みながら、上海市政府やSK家具と合意に向けたシビアな話し合いを重ねた結果、合弁会社契約調印、会社設立にこぎつけた。

 同年2月、現地国営企業との合弁会社「上海愛得楽(アダル)家具有限公司」を設立。武野会長の陣頭指揮のもと、中国での家具製造をスタートさせた。武野会長の提案により、アダルが現金で60%を出資し、SK家具が残りの40%分の設備をそろえることで合意していた。ところが、工場には30年以上前の古い機械しかなく、なかには動かないものもあった。武野会長は個人資金を投入。何とか機械を補充し、工場が稼働したのは数カ月後のことだった。

 家具づくりのノウハウについては、武野会長が従業員につきっきりで、材料の仕入れから商品の運搬に至るすべての工程を指導した。名人といわれる現地のベテラン職人も雇った。稼働後しばらくは、「ものづくり」ではなく、「ひとづくり」に追われた。上海出身の人間はホワイトカラー志向が強く、作業員として働きたがらない面があり、人づくりも一筋縄ではいかなかった。ただ、このとき熱心な指導を受けた社員のうち数名は、後にアダルの中国工場を支える人材に育つ。

 ただ、その後も、経営方針などをめぐり合弁相手とたびたび対立。赤字を出した1年目には、「あなたは社長として失格だ。日本へ帰れ」と迫られた。従業員に対し、「武野会長のいうことは聞かなくていい」と言って、足を引っ張る中国人副社長をクビにしようとしたら、阻止された。やっと愛得楽家具で利益が出始めると、利益配分などをめぐって、不当な要求を突きつけられた。「武野会長を追い出し、会社を乗っ取りたい」という、中国経営陣の意図は明白だった。

 追い討ちをかけるように、副社長による原材料横流し、SK家具が手配した従業員によるサボタージュなども発生する。よりにもよって、その副社長は日本で働いているところを「信頼できる」と武野会長自らスカウトし、中国へ連れていった人間。言わば、武野会長の身内的な存在だった。

  武野会長は、合弁会社には6年ほどで見切りをつけ、アダル100%出資による新会社設立に舵を切った。アダルの独資会社「上海協栄家具有限公司(上海南翔工場)」が設立されたのは2001年11月。合弁会社解散の1カ月前のことだった。このときの苦い経験は、武野会長の記憶に強く刻まれている。

 「中国で収益を上げるためには、合弁会社は絶対にダメ。独資会社でなければ可能性はない」は、今でも持論になっている。現地で関わった中国人は「日本人からカネをむしり取ること」しか考えていない人間ばかりだった。

(つづく)
【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月10日 09:00

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(5)NEW!

 「東久邇宮記念賞」は昭和21年当時に、発明振興議員連盟の幹事長であった発明学会の創始者、豊沢豊雄先生が、ある結婚式で、東久邇宮盛厚殿下と偶然お会いになり、意気投合し...

2019年12月10日 07:00

撤退戦の様相を呈すレオパレスの懐事情(前)NEW!

 (株)レオパレス21の業績悪化が止まらない。施工不備問題を発端に入居率は低下を続け、2020年3月期は通期でも赤字を計上する見通しとなった。レオパレスは、長崎県壱岐...

2019年12月10日 07:00

簀子小跡地が医療・福祉のまちへ 桜十字らが病院や体育館整備NEW!

 福岡市が2019年3月から事業者の公募を行っていた「簀子小学校跡地活用事業」の優先交渉権者として、(株)桜十字(熊本市南区)を代表企業とし、九州旅客鉄道(株)(以下...

2019年12月09日 17:38

ヤマキ、かつおだしに血糖値抑制作用を確認

 ヤマキ(株)(本社:愛媛県伊予市、城戸善浩社長)は4日、かつおだし摂取による血糖値上昇の抑制を、ヒト試験で確認したと発表した。

2019年12月09日 17:13

久留米市のマッサージ店経営者、準強制わいせつの容疑で3度目の逮捕

 福岡県警は12月7日、準強制わいせつ容疑で、福岡県筑後市居住の自営業・坂井俊夫容疑者(43)を再逮捕した。坂井容疑者は11月5日、11月26日にも別の準強制わいせつ...

2019年12月09日 17:12

間違いだらけの大学英語入試~経済政策にひた走る文科省!(前)

 大学入学共通テストに導入予定だった英語の民間試験は10月の萩生田光一文部科学大臣の「身の丈」発言(BS討論番組)であっけなく延期となった。しかし、火の粉は高校・大学...

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(17)〜工事経歴に記載されていないのはなぜなのか?

 本日(12月9日)、既報の通り、ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区の『名誉顧問会』が午前10時頃から開催されている。開催場所は不明だが、「開催されることは、...

2019年12月09日 15:49

【読者投稿】宇久メガ現場に「宙に浮いた謎のプレハブ」

 長崎県佐世保市宇久島の島民から、先週末一枚の写真が届いた。写っているのは、コンクリートブロックを重ねた足(台)に宙に浮いている謎のプレハブ。出現した場所は、宇久陸上...

2019年12月09日 15:35

(株)富山ゴルフ(富山) ゴルフ場経営

 富山ゴルフは12月6日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁より保全管理命令を受けた。

2019年12月09日 15:28

「ガセネタであってほしかった」大麻事件

 福岡県宇美町の町議会議員が大麻取締法違反で逮捕された事件。直近の報道では、容疑者は末端の購入者ではなく、大麻を売りさばいており、その中枢にいたことを報じている。有権...

pagetop