わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月04日 12:00

【特別レポート】黒く塗りつぶされる島~逮捕者2人、死者1人を出したメガソーラー事業で揺れる宇久島(3)

 佐世保市沖に浮かぶ小島、宇久島。壇ノ浦の闘いに敗れた平家盛(平清盛の弟)が落ち延びたという平家伝説の地に2014年6月、大規模な太陽光発電(メガソーラー)事業計画が発表された。しかし、いっこうに進まない計画をめぐって市議が贈賄事件で逮捕され、昨年は事業担当者が島で亡くなったうえに同僚が傷害致死罪で逮捕されるという異例の展開をみせている。さらに取材の過程でわかったのは、島をほとんど覆いつくすパネルの群れが生み出す「海上の黒い要塞」の異様さだ。島民もほとんど知らされていないというメガソーラー事業の全容に迫った。

既報(1)(2)

黒く塗りつぶされる島

 特別取材班は、宇久島でのメガソーラー事業について取材を進めるなかで、数枚の衝撃的な画像を入手した。メガソーラー事業が太陽光パネルを設置する予定地としている土地の場所と、パネルの面積をコンピューターグラフィックで地図上に詳細に反映させた画像で、画像からはまさに島が黒く塗りつぶされた様子が見てとれる。宇久島のほぼ中央にある城ケ岳を取り巻くように、平地のほとんどが黒く塗りつぶされ、宇久島の南西に連なる属島・寺島(面積約1km2)に至っては、保護林地域を除くほぼすべての土地に太陽光パネルが設置される異様な光景となっている。住宅地を取り囲むように黒いパネルが林立する様子も見てとれるが、はたして事業が実現した後、この島で人間が暮らすことなどできるのだろうか。

 じつは、島が黒く塗りつぶされる計画について知る住民はほとんどいない。九電工などが事業説明会で示した完成予想図は今回入手した画像ほど詳細ではないうえに、なにより島民が計画の全体像について知る機会がないのだ。つまり、地権者は計画予定地のうち、細分化された自分の土地についてパネル設置の説明を受けるだけで、事業の全体像の説明を受けるわけではない。地権者それぞれはジグソーパズルのワンピースだけを見せられただけで、パズルが完成した暁の「海上の黒い要塞」の絵を見せられて契約したわけではないのだ。

 相続などで宇久島の土地を入手した、島を訪れたことのない島外に住む地権者が多いことも話を複雑にしている。

 「島外の地権者にとってみれば宇久島の土地は遠い存在で、太陽光発電事業に貸すことでお金が入るのならば、万々歳なのでしょう。しかし、実際に暮らしている島民からすればメガソーラー事業は生活そのものが失われることを意味します。子どもの頃から親しんだ自然は失われるし、パネルの照り返しで気温が上昇すれば畜産など島の農業がどうなるかわからない。大規模な環境アセスメントを実施したうえで、島民全員に計画の全容を伝えて、事業の是非を問うべきです」

 そう語るのは、島外での生活を経て帰郷した島民K氏。いったん島を離れたからこそ実感する、「島がもつ財産=自然」が失われてはならない、と訴える。

(つづく)
【特別取材班】

※クリックで拡大 黒く塗りつぶされた、宇久島の全景
※クリックで拡大 メガソーラー事業者が島民に提示した太陽光パネル
の敷設予定図。島が黒く染まる様子は伝わらない
※クリックで拡大 わずかに残る集落を取り囲む、太陽光パネルの群れ
※クリックで拡大 太陽光パネル設置後の宇久島南部。
海上からは「黒い要塞」と化した島の姿しか見ることができない
※クリックで拡大 島のほとんどが太陽光パネルで黒く埋まる寺島

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月20日 08:53

オフィスランドが「第2回大文具まつり」~3月20、21日北九州市小倉北区でNEW!

 大平紙業グループの文具専門店、オフィスランドは3月20日(金)~21日(土)、北九州市小倉北区の西日本展示場で「第2回大文具まつり」を開く。

2020年01月20日 07:00

多くの大手ハウスメーカーとスクラムを組み月間1,000棟を手がける九州トップの足場会社NEW!

 「BIKE MEN style」(ビケメンスタイル)。筋骨隆々の若者が表紙を飾るどこかのマニアックな情報誌かと思えば、それは意外にも(株)ダイワが制作した雑誌スタイ...

2020年01月20日 07:00

愛され続けて36年 不動産のプロとして顧客をサポートNEW!

 イタリア由来のデザイン、最新の住設備を取り入れた自社ブランドマンション「モントーレ」シリーズで好評を得ている西武ハウス(株)。その始まりは1983年8月に現代表の豊...

2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へNEW!

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務め...

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

pagetop