わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月04日 11:01

【特別レポート】黒く塗りつぶされる島~逮捕者2人、死者1人を出したメガソーラー事業で揺れる宇久島(1)

 佐世保市沖に浮かぶ小島、宇久島。壇ノ浦の闘いに敗れた平家盛(平清盛の弟)が落ち延びたという平家伝説の地に2014年6月、大規模な太陽光発電(メガソーラー)事業計画が発表された。しかし、いっこうに進まない計画をめぐって市議が贈賄事件で逮捕され、昨年は事業担当者が島で亡くなったうえに同僚が傷害致死罪で逮捕されるという異例の展開をみせている。さらに取材の過程でわかったのは、島をほとんど覆いつくすパネルの群れが生み出す「海上の黒い要塞」の異様さだ。島民もほとんど知らされていないというメガソーラー事業の全容に迫った。


佐世保市宇久島で進む、日本最大のメガソーラー計画

宇久島に約165万枚が設置される
予定の太陽光パネルのモデル

 2014年6月12日、ある大規模プロジェクトの概要が発表された。総事業費約2,000億円(2018年1月時点)が見込まれる巨費が投じられる舞台となるのは、長崎県の佐世保市沖に浮かぶ人口約2,500人の小島、宇久島。島の面積の4分の1にあたる約630万m2を借り上げ、「日本最大」を謳う太陽光発電(メガソーラー)事業を進めるというのだ。

 事業は、ドイツを本拠地とするフォトボルト・デベロップメント・パートナーズ社(以下、フォトボルト社)と、太陽光パネル生産で国内2位の京セラ(本社:京都市伏見区)、電気設備大手の九電工(本社:福岡市南区)、オリックス(本社:東京都港区)、みずほ銀行(本社:東京都千代田区)の5社によって結ばれた基本合意に基づいて進められ、2015年度の着工、2017年以降の操業開始を目指すと発表された。

 基本合意書によると、宇久島で計画されている事業は世界最大(2014年6月12日時点)となる最大出力430MWの営農型太陽光発電事業で、「地球環境保護への貢献、また離島である宇久島の経済活性化を図り、島の再生を目的に計画しているメガソーラープロジェクト」(基本合意発表資料より)だという。

 「営農型」は、農地の一時転用で土地を借り上げてソーラーパネルを設置する方法で、パイプなどで枠組みを組んで太陽光パネルを高い場所に設置し、パネルの下に家畜が出入りできるようにして放牧を可能にするもの。総事業費は当初約1,500億円を見込み、事業用地として借り上げる面積は合計で約630万m2にもおよぶ。これは東京ドームの約134個分にあたり、島のおよそ4分の1にあたる面積に太陽光パネルが設置されることになる。

 発表資料では、年間の発電電力量は約50万MWh(メガワットアワー)、一般家庭約13万8,800世帯分(1世帯あたり3,600kWhで計算)の年間消費電力を見込み、年間で25万2,200tのCO₂を削減する計画だ。フォトボルト社は2016年5月時点で、宇久島のほか岩手県遠野市や秋田県由利本庄市など国内7カ所でメガソーラープロジェクトを計画していることを発表しており、合計1,913MWのスーパーメガソーラープロジェクトを同時進行させていた。

 宇久島のメガソーラー事業は、ソーラーパネルを設置する事業用地交渉を宇久島メガソーラーパークサービス(株)(UMSPS/本社:佐世保市宇久町平、社長:赤木順二/以下、宇久島メガソーラー社)が行う。宇久島メガソーラー社は島内の農地や耕作放棄地を借り受け、発電事業の特別目的会社(SPC)であるテラソール合同会社に転貸し、テラソール社は借り受けた用地にパネルを貼って太陽光発電所を建設する計画だ。基本合意では、宇久島メガソーラー社がテラソール社から受け取る営農支援金をベースに、宇久島の主要産業である畜産業を営む農家に農作業を委託し、農業と発電事業の両面から宇久島の地域振興を支えることを謳っている。

 京セラは太陽電池モジュール(組み立て部品など)のすべてを供給したうえで、九電工と共同で施工と設置後の保守・管理を担当する。みずほ銀行は、事業SPCであるテラソール社が主体となって資金調達を行うプロジェクトファイナンスのスキーム検討を担当し、計画発表時点では、京セラと九電工、オリックスの3社が、テラソール社への出資を検討しているとしていた。

(つづく)
【特別取材班】

宇久島メガソーラー事業のスキーム(事業計画)/2014年6月12日の発表資料より

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月27日 07:00

改革を推し進め九州を代表する私学へ躍進 日本有数の教育拠点づくりを目指すNEW!

 「採用を増やしたい大学」で全国第1位――。日経キャリアマガジン特別編集「価値ある大学2020年版」において、日本経済新聞社と日経HR社が上場企業と一部の未上場企業の...

2020年01月27日 07:00

大豆機能性素材の可能性を追求するリーディングカンパニーNEW!

 今年7月に設立20周年を迎えたニチモウバイオティックス(株)。同社の前身は水産事業のニチモウ(株)。養殖事業での魚の餌の研究を進めていく過程で、大豆の有用性に着目。...

2020年01月26日 13:57

山本太郎氏が都知事選擁立を「一切聞いてない」、長妻発言に敬意と警戒

 立憲民主党の長妻昭選対委員長が7月5日投開票の東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、「そ...

2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設鉱業所とし...

2020年01月26日 07:00

福岡の街づくりに青春を全力投入されたら如何ですか

  福岡では天神再開発、博多周辺開発で中心部の街づくりが進行している。博多の街は1587年に豊臣秀吉による区割りで現在の基盤が形成された。そして第二次世界大戦で度重な...

2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生...

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

pagetop