• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月01日 11:55

衰退進む日本型GMS(総合スーパー) 歯止めがかからない現実(前)

2000年の大規模小売店舗法の廃止により、大型店の出店が郊外に進んだことを背景に、ここ20年、広域から集客する大型ショッピングセンター(SC、ショッピングモール)、大型スーパー、商業施設といった米国型の新しい業態「GMS(General Merchandise Store)」が増加した。一方で、消費量的減少と通信販売の成長といった購入形態の多様化が進み、大型店舗による集客・囲い込み・有力企業との提携が思うような収益効果を生まず、大量閉店も余儀なくされている。これには市場競争を背景に店舗の飽和化など、さまざまな理由がある。

煮詰まった従来型

 この半世紀、世を挙げてパーソナル化、つまり個人にシフトしてきた。1970年ごろになると「マイコン」という言葉が世の中に登場した。もともとは超小型のマイクロコンピュータを表す略語だったが、80年代になるとそれは60年代に登場していた「マイカー」のように「パソコン」と呼ばれるようになり、一般化を始めた。コンピュータのパーソナル化はやがて電話のパーソナル化につながった。それまで会社や家族単位で使っていた便利ツールが個人に帰属するようになったのである。携帯電話である。長い間、家庭に1台だった固定電話が1人1台の個人専用が当たり前になった。その影響を受けたのは街角の公衆電話だ。93年にピークの93万台を超えた公衆電話は今や15万台余りと激減している。固定電話も同じである。2001年の6,105万台から昨年とうとう2,000万台の大台を割った。ここ数年こそ、その減少幅が鈍化しているものの、それでも毎年200万台のペースで減少が続いている。そしてこれは個人専用電話がなくならない限り、元に戻ることはない。

合併は劇的な改善につながるのか

 チェーンストア理論というのがある。より多くの店(販売拠点)をつくり、より多くの商品をメーカーにオーダーすることで原価を下げ、価格を安くし、さらに売上を増やすという商法を繰り返すことで市場占拠を大きくしていく手法をいう。たしかに、店舗数が少なく、モノの充足が不十分で、来店する客数を多く望むことができる消費量成長期にはこの手法は正しかった。まず、「他人と同じモノを!」というのが当時の消費の主流だった。

 しかし、もはやそのような時代ではない。店舗は過剰で、高齢化・少子化・人口減少で消費の先行きも明るくない。なにより、今の消費者に心底ほしいモノがあるのだろうか?かつて消費はある意味で「夢」だった。時代はトヨタ自動車の「いつかはクラウン」(1983年)というキャッチコピーに象徴される。旺盛な消費意欲をもつ団塊の世代はこのとき30代。車に限らず、衣・食・住あまたの商品に若者の夢と欲求があふれていた。しかし、「いつか…」の夢が叶ったどうかは別にして、彼らにもはやモノへの夢はない。そして彼らの子ども、孫の世代の消費形態もかつての若者とは違う。しかも、eコマースによって購買のための選択肢が以前とは比べものにならないくらい多くなった。

 消費の量的減少と購入ツールの多様化。そこでは規模を中心にした単純な水平型の提携はもはや思うような効果を生まない。イオン(株)や(株)セブン&アイ・ホールディングスといった巨大小売業のリテール部門の収益性が継続して振るわないことがそのことを物語っている。さらにその原因は単に市場規模の問題だけではない。同じような店が増えすぎた結果、既存店舗の売上を伸ばすことができなくなってきているのだ。対策は過剰になった店舗をなくすことだ。だから、現在の合併は米国のドラッグ企業に見られるように合同後、お互いに競合していた店舗の片方を閉鎖することで効率改善を図るなど必ずしも量の拡大だけを目的としていない。

(つづく)
【神戸 彲】

<プロフィール>
神戸 彲(かんべ・みずち)

1947年、宮崎県生まれ。74年寿屋入社、えじまや社長、ハロー専務などを経て、2003年ハローデイに入社。取締役、常務を経て、09年に同社を退社。10年1月に(株)ハイマートの顧問に就任し、同5月に代表取締役社長に就任。流通コンサルタント業「スーパーマーケットプランニング未来」の代表を経て、現在は流通アナリスト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月19日 07:00

自転車は交通インフラであり続けられるか?(前)NEW!

 自転車は、古くて新しい乗り物だ。日本全体の自転車保有台数は7,000万台を超えるといわれ、気軽に乗れる「日常の足」として、老若男女問わず、多くのユーザーがいる。とり...

2019年07月19日 07:00

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(後)NEW!

 「北九州の資さん」として親しまれてきた同社は、今期4店を出店。18年11月には筑豊地区初出店となる「飯塚穂波店」、19年3月には同社として初めての商業施設内出店とな...

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

pagetop