• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月09日 07:03

人々を幸福にするプラットフォームへ 次世代のための新事業「Pando」(2)

(株)クインテット 代表取締役 松下 耕三 氏

新事業「Pando」

新事業としてスタートした「Pando」

 ―その二本柱を土台として新たに「Pando」(パンドゥ)を立ち上げられました。この新システムについて教えてください。
 松下 「Pando」の構想段階での呼び名は「ビジネス・プラットフォーム」でした。SNS的な要素もありますが、ホームページの代わりにもなります。開発中ですが、今後、EC(Eコマース)機能も付けていきますし、クラウドファンディングや、購読料を取ることもできたりするようにしていきます。また、組織内のコミュニケーションツールとしても活用することができ、いろいろなノウハウの蓄積が可能になります。イメージしているのは、PR活動、採用、情報共有、人材育成などを一本化できるプラットフォームです。スマートフォンのアプリも生成できるようになる予定ですが、それらをリーズナブルに提供したいと考えています。

 ―いつから開発を始めたのですか。
 松下 開発自体は2017年の年末からになりますが、「Pando」の構想自体は、10年近く前からありました。ただし、既存のクライアントにご迷惑をかけることがあってはいけませんので、まずはしっかり足場を固めるということに専念してきました。私のなかで遅くても40歳には始めないといけないという考えがあり、昨年2月に41歳を迎える前にスタートしました。

 ―FacebookやTwitterといった従来のSNSとの違いは?
 松下 名前の由来は、アメリカのユタ州に存在し、根の部分でつながっている巨大なポプラの森で、1つのコンセプトとして、将来的には、後世に残すべき人類の叡智、重要な知識やノウハウが集まった場所にしていきたいなと考えています。従来のSNSは、次々に情報が流れていくようになっており、人にとって大切な情報が残らず、本当の意味での発展にはつながらないのではないかと思っています。

 この事業(Pando)で収益を上げようという観点はさほどありません。ただ、続けていくためにはビジネス的に成立しなければならないというだけです。もともと私が山で育ち、物理とか世の中の法則、性質というものに関心があったこともあるのでしょうが、20代の前半に、平和で安全が保証されていて、便利で豊かな時代なのに、なぜ、ハッピーではないように見える人たちが多いのだろうかと疑問をもつようになりました。

 23歳ぐらいのときに少し目覚めたのですが、人間の生物的な性質として幸福をどう感じるかは決まっており、これが幸せな生き方だという見方をしているから、そう見えるのではないかと気づきました。そして、私も子どもをもち、その子がハッピーに生きられる環境を用意していかなければならないと思うようになったんです。

 ―「Pando」は次世代のための事業ということですね。
 松下 そうですね。たとえば、動物園にいる動物は、時間になったらエサも与えられて、生きていくのに困らないわけですが、野生の動物のほうが、食べるものがなくて死にかけることもあるでしょうけど、何かイキイキしていますよね。それはやはり、生物としての性質の1つであろうと思っています。人間も、仕事をしなくても生きていけるのは、その時だけ考えると楽そうに思えますが、それで本当に満足できるかというと、達成感もなく、充足感も得られない。やはり何か一生懸命できるものに向かって取り組むことが大きいのですね。

 しかし、現代は、便利になりすぎ、情報があふれている分、人間としてどう生きて行けばいいのかとか、どういう考え方が大事であるのかとか、先人たちがいろいろな戦いや人生のなかで見出してきた人間の智恵とか、あまり継承されない方向にいっているように感じます。

 ―ネットの検索によって知識だけが手元に来る。
 松下 表面的な知識ばかりで、本当に大事なことが継承されてない部分は結構あるのではないかと思います。それで、一生懸命に取り組めるものなどを本当にもつことができていない人が増えているのではないでしょうか。そういうものを見出せる環境を残していかなければなりません。

 ―今の子どもたちにとってはスマホがあって当たり前ですからね。
 松下 コミュニケーションも希薄化していると思います。LINEなどで昔以上にやり取りはしているかもしれませんが、顔の見えないコミュニケーションで、その人がどういう気分になっているのかを感じることがありません。あまり人の価値観とか、人間の生き方とか、思想のようなものに踏み込んだら良くないというような風潮もあって、そういうことを語り合う人の付き合いのようなことが、どんどんなくなっています。やはり人と人が本気で向き合ってこそ、相手のこと、人のことがより理解できたりするものだと思います。だから、これから「Pando」が、これまでのSNSの薄いつながりとは違った、相互理解を深められる場所として存在していく意義があるのではないかと思っています。

(つづく)
【聞き手・構成:山下 康太】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:松下 耕三
所在地:東京都新宿区市谷本村町2-10
設 立:2003年12月
資本金:1,620万円
URL: http://pando.life/qwintet

<プロフィール>
松下 耕三(まつした・こうぞう)

1977年、福岡県生まれ。東京大学理科二類(農学部)に進学、大学卒業後の2003年、(有)TRCを設立。05年(株)クインテット設立し、代表取締役となる。18年からは新たなビジネスプラットフォーム事業を推進する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月16日 15:15

中洲の灯は絶えない、必ず復活する(1)意外としぶとい

 中洲を専門とする不動産業者は14日にも顧客から17件の休業申し出の連絡を受けたようだ。しかし、暗い感じはまったくない。関係者は「経験こそが財産、数億円の価値をもつ力...

2021年01月16日 07:00

コロナ禍でも今後に向けた協力を促進、九州-ベトナム関係の全面的な発展を(後)

  コロナという逆風が吹き荒れるなか、ベトナムは九州との人的・経済交流を質的に発展させるために、IC・ICT商談会やベトナム人労働者の技能向上などに注力している。ヴー...

2021年01月16日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(5)

 「新聞、雑誌などで地球市民(グローバルシチズン)という言葉がよく躍っているのを、読者の皆さまもお気づきのことかと思います。私たちには、特定の国・地域に限られる権利と...

2021年01月15日 18:37

【福岡県に緊急事態宣言】(8)福岡県下の主な商業施設の営業時間変更(15日時点)

 福岡県への緊急事態宣言発令を受け、対象区域内の商業施設の営業時間の変更が続々と発表されている。現時点では休業ではなく、利用者への注意を促したうえでの営業時間短縮で対...

2021年01月15日 18:16

大和エネルギー、風力発電事業から糸島市を除外

  大和ハウスグループで再生可能エネルギー関連事業を手がける大和エネルギー(株)(大阪市)は14日、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山の脊振山系西側で計画する大規模風...

2021年01月15日 18:13

次世代のデジタルバンク「みんなの銀行」、24時間スマホで口座開設が可能に~ふくおかフィナンシャルグループ

 (株)ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市、柴戸隆成会長兼社長、以下、FFG)の子会社の(株)みんなの銀行(横田浩二頭取)は14日、インターネット専業銀行「みんな...

2021年01月15日 16:58

関係者困惑~西日本新聞の新天町再開発記事は飛ばし!?

 2021年の元旦、福岡の地方紙である西日本新聞の一面に、センセーショナルな文字列が躍った...

2021年01月15日 16:51

前熊本市長・幸山政史氏が自伝「下手と呼ばれた男の流儀」を出版

 熊本県議、熊本市長を務めた後、熊本知事選に2度出馬した幸山政史氏がこのほど、政治家生活25年を機に、自伝をまとめた。到底書評と呼べるものではなく、読書感想文の域を出...

(有)アドバーウィン(大分)/産業廃棄物中間処理

 同社は、2020年12月22日、大分地裁に破産手続きの開始を申請した。

2021年01月15日 16:43

ストラテジーブレティン(270号)~年初の経済市場点描、株高は当然だ(前)

 米国株式は史上最高値更新、日本株式も30年ぶりの高値(ドルベースでは史上最高値更新)など、株が駆け上がっている。韓国、台湾株は昨年11月以降、日本株式以上の上昇ペー...

pagetop