• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月08日 15:07

混雑緩和の効果は限定的?! 都が時間帯別運賃を検討へ

都営地下鉄神保町駅

 東京の通勤ラッシュ時における電車の混雑率は殺人的だ―国土交通省の資料によると、東京メトロ東西線の木場~門前仲町区間の199%を筆頭に、2位のJR総武線各駅停車の錦糸町~両国間が197%、3位のJR横須賀線の武蔵小杉~西大井間が196%、4位のJR南武線の武蔵中原~武蔵小杉間が189%、5位のJR東海道線の川崎~品川間と日暮里・舎人ライナーの赤土小学校前~西日暮里間がともに187%となっている。

 東京都は2017年度から、民間企業と連携して「朝が変われば毎日が変わる」をキャッチフレーズに通勤ラッシュ回避のために通勤時間をずらす働き方改革の1つ「時差Biz(ビズ)」キャンペーンを展開している。ほかにも、各民間企業が自主的に実施している在宅勤務である「テレワーク」なども混雑緩和策の一助となっている。

 これらの混雑緩和策に加えて東京都は、19年度からラッシュピーク時と比較的余裕がある時間帯の運賃に差をつける「時間帯別運賃」の是非について検討する方針を固めた。これは19年度予算案のなかに「快適通勤の実現に向けた混雑緩和策等の検討調査」の項目を入れ、輸送力強化などの観点から、先端技術も活用した車両や運行システムの改良など中長期的に実現可能な施策について検討するもの。具体的には信号システムを工夫することで電車の運行間隔を短縮する方法や、電車の運行本数を増やす工夫について議論する。このうちの1つに、「時間帯別運賃」も俎上に挙がっている。快適通勤に向けた混雑対策の検討・調査費は5,000万円が計上された。

 「国交省とも相談し、どの程度の規模で何ができるか、それとも難しくて実現困難なのかを洗い出しをしていく」(東京都)といい、今後は、アメリカ、イギリス、シンガポールなどの導入事例を調査し、有識者や鉄道事業者からも意見を聞きつつ、混雑緩和策の効果的な施策を模索していく方針だ。ただし、自動改札システムの改修の負担もあり、実現の可否については不透明。東京都としては、「膨大なお金がかかということになれば、実現は難しい」とのスタンスだが、混雑緩和について、「いろいろな政策を総動員しながら組み立てをしていく」とのことだ。小池百合子・東京都知事も「満員電車ゼロ」を重点政策に掲げており、東京都のラッシュ時の混雑解消の試みについて注目が集まりそうだ。

【長井 雄一朗】

「時間帯別運賃の導入検討」について

(公財)日本都市センター 研究員
 高野 裕作 氏

公益財団法人日本都市センター
高野 裕作 氏

 東京のような大都市圏において通勤時の混雑を解消するため、時間帯別運賃を導入したとしても、効果は限定的であろう。いまの行動パターン(+時差通勤など多少の行動変容)のまま混雑を解消するなら、圧倒的にインフラが足らず、線路の増設、駅の改良など、大掛かりな投資が必要になる。その原資としてピーク時の運賃を増額するということであれば、特定都市鉄道整備促進特別措置法の枠組みで過去に加算運賃を適用していた事例もあり、ここで議論されている時間帯別運賃と運賃変動の幅は異なると思われるが、特段新しい議論とも思われない。

 むしろ、現状は定期利用によってピーク時ほど安い運賃の利用者が多いのだから、定期割引率の見直しなど、その是正から始めることも考えられるのではないか。根本的には、東京都心への通勤需要・オフィスの集中が問題なのであるから、これを分散させることを目指すべきであり、分散させる衛星都市や地方都市の魅力(住民にとっても、事業者・経営者にとっても)を高めることが求められ、その1つとして公共交通を充実させることは効果的と思われる。

 時間帯別運賃について、米・英・シンガポールなどで適用例があるというが、とくに福岡や北九州のような地方中枢都市くらいの規模であれば、ドイツの運輸連合のような運賃・サービスの統合を目指すべきだと考える。運輸連合のもとで実現しているサービスでは、バス、路面電車、地下鉄、郊外鉄道、さらには水上バスなどを含め、都市圏の公共交通は1つの運賃体系の下で利用することができ、異なるモード間で運賃が加算されることはない。また、ダイヤの連携も図られ、乗り換えもスムーズになるように工夫されている。具体的な運賃体系は都市圏ごとに異なるが、市内の中心部は均一料金とするゾーン制などわかりやすい制度が導入されているほか、一日乗車券を大人1人がもっていれば子どもも複数人乗ることができるなど、自家用車への対抗を意識した低廉な運賃が提供されており、それと比較すれば時間帯別の変化などは小手先のテクニックに過ぎない。

 一方、最近はMaaS(Mobility as a Service)という言葉も注目されているが、自動運転やシェアリングサービスだけでMaaSが実現するのではなく、上述のような統合された、利用しやすい公共交通ネットワークのサービスが基盤として整えられ、そのうえにICTによる最適化がなされてこそ、真の意味でMaaSになり得ると考えられる。使いやすい運賃、統合されたサービスによって、市民の行動は自動車依存から公共交通利用に変わり、生活の質が向上し、企業にとっても魅力的なまちとなることが期待される。

 使いやすい、低廉な運賃の導入によって事業者の収入が減ってしまうということに対して、欧州では当たり前に公的資金によって公共交通が運営されているが、日本では公共交通に対する公共の支出はあまりに少ないのが現状である。市民の生活の質の向上のために、公的な資金による運営のための財源のあり方など、これまでの考え方とは違う、議論が求められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月24日 18:41

【特報2】川﨑大資こと塩田大介氏の代理人弁護士がデータ・マックスに回答書で「警告」~横浜幸銀と佐賀銀行は不可解な「取材拒否」

  ■代理人弁護士は「やってはいけないことだった」 データ・マックスに届いた回答書  ※クリックで拡大  データ・マック...

2019年05月24日 14:21

【特報】参院厚生労働委員会で、データ・マックス記事をもとに秋元司内閣府副大臣を追及~川﨑大資こと塩田大介氏と関係があったことを認める

 昨日(5月23日)開かれた参議院厚生労働委員会で、立憲民主党の石橋通宏参院議員が質問に立った。質問の内容は、データ・マックスで5月21日に報じた記事に基づいたもの。

2019年05月26日 07:00
NEW!

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(3)

 事故直後の一部報道では、宝運丸の走錨時、海上保安庁が2度にわたって警告を発したと報じている。

2019年05月25日 07:00

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(2)

 運輸安全委員会のHP下部には、参考というかたちで掲載され、報告書の本文中「3 分析」に用いる分析の結果を表す用語について以下のように定義されている。

2019年05月25日 07:00

入場料のある本屋「文喫」、アマゾンとの差別化は“検索しない”本探し(後)

 どんな本でもネットで買える時代。でも本屋好きは、本屋にいくことをやめられない。何かを探すでもなく、なんとなく本屋に行って、思いがけなく面白い本にハマってしまうことが...

2019年05月24日 17:30

【申し込み終了のお知らせ】国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」

 6月5日(水)に参議院議員会館1階101会議室で開催する国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」は、参加者が定員である100名に達したため申し...

2019年05月24日 16:55

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(1)

 2018年9月4日に近畿地方を通過した台風21号。「想定外」ともいえる暴風により、近畿地方を中心に大きな被害をもたらし、関西国際空港とりんくうタウンを結ぶ関空連絡橋...

2019年05月24日 16:24

リビン・テクノロジーズ(旧・シースタイル)が上場承認 東証マザーズ

   東京証券取引所は、不動産関連のウェブサービスを手がけるリビン・テクノロジーズ(株)(東京都中央区、川合大無社長)(旧・シースタイル)を上場承認した。上場するのは...

2019年05月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」5月21日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年05月24日 14:33

こうや豆腐摂取で「床ずれ」の治癒促進効果を確認

 旭松食品(株)(本社:長野県飯田市、木下博隆社長)は、凍り豆腐(こうや豆腐)摂取による、いわゆる「床ずれ」にあたる「褥瘡(じょくそう)」の治癒促進効果についての試験...

pagetop