• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月28日 10:40

福岡を活性化させた傑物伝アパマングループ代表大村浩次氏(23)

IT時代の店舗はどこに向かうのか

大村 浩次 氏

 今は、自宅にいながらインターネットで住む部屋を探す時代。APAMANグループは、アパマンショップの店舗の今後のあり方をどのように考えているのだろうか。

 スカイプやラインなどのビデオチャットを使って、スタッフとお客さまが顔を見ながら不動産店舗から部屋の紹介をうけるサービスが広がりつつある。大村社長によると、アパマンショップでは10年前から、ビデオチャットを使って部屋を探している人の顔を見ながら、オンラインで店舗スタッフが部屋を紹介するサービスを始めていたという。

 APAMANグループは、お客さまが便利にサービスを受けられることが何よりも大切だと考えているため、自宅にいながらインターネットで部屋を探せるサービスを充実させてきた。店舗スタッフから部屋の紹介を受けられるサービスや、パソコンから賃貸物件を内覧できるサービスは、お客さまの声やアンケートをもとにしてつくっているという。また、アパマンショップの賃貸物件検索サイトが部屋を探している人にとって見やすく使いやすいことが大切なため、ホームページのデザインなどのクリエイティブに力を注いでいる。

 部屋を借りるときの手続きも、IT化が進んでいる。賃貸不動産会社が部屋を借りる人に伝えることが法律で決められている重要事項説明書の手続きがオンラインでできるようになるなど、法律も整いつつある。また契約も、どの業界でもデジタルデータで調印することが多くなってきた。国は、契約の電子化にむけて法律を急速に整えており、デジタルデータで契約して部屋を借りることができるようになった。賃貸あっせん事業で今まで「紙」を使っていた業務は、ほぼ完全にコンピューターやスマートフォンでやり取りできるようになると見込んでいる。

店舗は住まいのアドバイザーに

 大村社長は、AI(人工知能)や業務自動化システムのRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用して仕事のIT化が進んでも、お客様と接する仕事は、今後も人が行う会社でありたいと考えている。そして、パソコンやスマートフォンからすべてのサービスが受けられるようになっても、お店に行って情報を聞きたいというニーズはなくならない。そのため、アパマンショップの店舗は、部屋を借りたい人への部屋探しの対面でのコンサルティングや、部屋選びで迷っている人に自分にあう部屋を見つけてもらえるように相談にのる住まいのアドバイザーの役割に変わっていくと予想している。店舗では、パソコンやスマートフォンだけで部屋を借りる手続きを済ませたいという人も、店舗に足を運んで情報を聞きたいという人も両方のニーズがあることを踏まえて、それぞれのお客さまに合った方法で対応していきたいという。

近くの店舗ですぐに対応できる便利さ

 アパマンショップの店舗は、部屋を探している人に賃貸物件を紹介するとともに、賃貸物件を管理するプロパティ・マネジメントや不動産オーナーへの対応も行っている。賃貸物件の管理や不動産オーナーの対応に関する仕事はとてもたくさんあり、全国各地の賃貸物件の近くにある店舗が対応している。ビルやマンションなどの賃貸物件は、建てたところから動くことはない。そのため、店舗で管理している賃貸物件の近くにスタッフがいて、何か問題がおこったときには、すぐに現地にいって対応することが必要だ。

 たとえばスマートフォンのアプリや数字認証でカギの開け閉めができる電子キーが使えるようになっても、まちがった数字を入れてしまいカギが空かないなどのトラブルが起きると、スタッフが現地に行ってカギを開ける対応が必要になる。また、隣の人の音がうるさいなどの近所とのトラブルでは、近いところにいるスタッフが現地に見にいかなければ対応できない。

 いまではインターネットにつないだカメラを使って、離れたところからパソコンの画面で現場を見る方法もあるが、部屋を借りている人や不動産オーナーに会って説明をして、気持ちをくんで対応するコミュニケーションは、ITテクノロジーには変えられず人でなくてはできない仕事だ。また、新しい人が入居するときには部屋の説明をして、退去した後に賃貸物件の状況をチェックすることも、スタッフが現地に行かないとできないことだ。

 最新のITテクノロジーを使いこなしても、スタッフが現地に行って得られる情報や足を運んで対応するスピード感には、まだまだかなわない。賃貸物件の近くに店舗があって、スタッフがすぐに対応できることは何にも代えがたいため、これからも全国のアパマンショップの店舗では、地域に根ざして不動産オーナーや賃貸物件の対応をしていきたいと考えている。APAMANグループは、業務のIT化を進めて効率化をはかる一方で、店舗では人ならではの仕事に力を注いでいく。

(つづく)
(取材・文・構成:石井 ゆかり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop