2022年05月26日( 木 )
by データ・マックス

【続報3】大成印刷の工場閉鎖について~取材拒否続く

 4月4日に判明した大成印刷(本社:福岡市博多区)の本社工場閉鎖について、12日時点で判明している情報は以下の通り。

(1)今年4月末で工場を閉鎖する。
(2)工場閉鎖については、4月1日、2日にかけて社内で通知があった。
(3)仕入先などには、社内通知の翌日にFAXなどで周知されたものの、具体的閉鎖日などについては記載されていなかった。
(4)工場閉鎖にともなう人員整理は80人ほどを予定。労組かどうかは確認できないものの、「社員代表」が給与面などを交渉する模様。解雇までの具体的スケジュールは話し合いで決定する。
(5)「廃業」はせず、今後は営業機能に特化する方針。
(6)関連企業については継続して運営する。
(7)東京本社は維持する。
(8)複数の大成印刷関係者によると、代表取締役会長職にある清家邦敏氏は、今年2月13日に同社の取締役副社長だった長男の勇人氏が亡くなって以降、ほとんど会社に姿を見せていないという。

 大成印刷は工場閉鎖が判明した当初、「プレスリリースを出す」としていたものの、4月5日ごろから取材を受け付けない状態が続いている。

▼関連リンク
【速報】大成印刷、4月末に本社工場閉鎖か?
【続報2】大成印刷のリストラ計画について、問い合わせ相次ぐ

関連キーワード

関連記事