• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月20日 07:03

【スーパーマーケット・トレードショー】加速する変革への対応 SMが抱える課題を解消する商材続々と(4)

食用昆虫など新アイテムも登場

 2回目となる今回の実証実験は、19年2〜3月に行うが、前回の実証実験について、ここで振り返っておこう。

 「食と健康」による市場創造を目指し、JACDSは昨年11月、12月の2カ月間、横浜市港北区のDgS2店舗(フィットケア・エキスプレスセンター南店、ハックドラッグ港北東急SC店)の協力を得て、実証実験ならびに研究を実施した。研究で得たデータを踏まえて、2回目の実証実験を規模拡大して行う。「新しいカテゴリーに新しい市場が創造される」といわれるが、これは市場創造の大原則でもある。

 「食と健康」実証実験の基本的な考え方は、DgSが「食と健康」相談で、医薬品との相互作用まで含めて対応できる「地域の健康プラットフォーム」を目指そうというもの。SMやコンビニではできないDgSだからこそできる新機能をもち、「毎日のバランスの良い食事が基本」をベースに、不足する栄養素の摂取など、健康意識を高めるアドバイスを管理栄養士が行う。

 「食と健康」実証実験は、19年3月に行う「第20回JAPANドラッグストアショー」との連携で行うもので、展示会場では、「食と運動に関する測定」と「健康相談」の実施、「食と健康」の棚割り提案などを紹介する。「食と健康」のブースでは、日本栄養士会、栄養大学と連携して、管理栄養士によるアドバイスも実施する計画だ。

 有職主婦の増加などで簡便調理ニーズが高まっている。富永貿易(株)は、時短で手軽においしいパスタ料理がつくれるよう、通常よりも早くゆであがる茹で時間2分の「ラティーノ エクスプレス 早ゆでスパゲッティ」を昨年10月に発売した。太さは1.65mmで、スパゲッティを成型するときの型を開発、表面に凸凹を入れ、水車のようなかたちにすることで、湯にあたる表面積を増やし、芯まで早く熱が浸透し早くゆであがる。

 新たな流行をつくり出そうとするアイテムもある。台湾の台湾茶葉専門店「茶工廠」。茶葉のうまみを最大限に閉じ込める製法を実現し、高級茶葉の生産地南投県のもの使用した茶葉を売り込む。3月には東京・自由が丘に台湾茶のショップをオープンした。

 (株)ブルボンは、昨年3月、「のせて」「巻いて」「包んで」「型を抜いて」など、さまざまな料理に使ってもらうマヨネーズ風味シート「スライスキッチンシリーズ」を発売した。

 熊本に食用昆虫の自販機が登場し話題になったのが食用昆虫。ヴィレッジヴァンガードのネット通販でも売られている。タイから商品を輸入したサソリ、カブトムシ、タガメ、コオロギ、バッタなどを展示したブースも登場した。

変わり続けることが新たな市場開拓に

 食の安全・安心にもスポットを当て、まだまだ可能性のある海外食材の活用、日本の酒、新商品などをテーマにした特集展示も行った。

 生活者の安全・安心に対する意識は格段に高まり、国際基準であるHACCPの義務化の流れのなかで、SMにもさらなる取り組みが求められている。そこで、「食の安心・安全対策コーナー」を設け、青果、鮮魚、精肉、惣菜での情報提供を行った。

 「世界の食材でつくるウチメシ」コーナーでは、日本であまり知られていない海外食材を、家庭の普段の料理で活用する方法を紹介し、レシピ動画やシェフによる調理実演も行われて、来場者に提案した。

 「てづくりNIPPON」では、日本の伝統・伝承を重んじ、地域や質にこだわったつくり手の技や想いを、地域の食生活や食文化、歴史を絡めて提案しているが、今回は、品質が向上しいま注目されている日本ワインを始め、各地の日本酒、焼酎を紹介した。

 食の流通シーンは毎年、夥しい新商品が登場する。しかし大半の商品は日の目を見ずに消えていき、そのなかから生き残ったものが定番となりロングセラーとなる。今年はカルピスが100周年、モランボンの焼肉のタレ「ジャン」が40周年を迎えた。カルピスは時代に応じて薄めて使うからそのまま飲むへ、ジャンも今年、生ダレを発売し、新たに焼肉のタレの鮮度を提案する。自ら変わることで新たな市場を開拓する。

 商品も店舗も時代の変化に対応し進化していく。SMが誕生して60年以上が経過、社会、経済、技術が曲がり角を迎えているなか、新たな役割が問われている。

(了)
【取材・文・構成:西川 立一】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月19日 07:00

自転車は交通インフラであり続けられるか?(前)NEW!

 自転車は、古くて新しい乗り物だ。日本全体の自転車保有台数は7,000万台を超えるといわれ、気軽に乗れる「日常の足」として、老若男女問わず、多くのユーザーがいる。とり...

2019年07月19日 07:00

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(後)NEW!

 「北九州の資さん」として親しまれてきた同社は、今期4店を出店。18年11月には筑豊地区初出店となる「飯塚穂波店」、19年3月には同社として初めての商業施設内出店とな...

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

pagetop