• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月19日 07:00

『東アジア友愛フォーラム』~「一帯一路」構想が「友愛」理念で新結合!(後)

<日本はAIIBと「一帯一路」に積極的に参加すべきである>

 午後の部は、午後1時から2時までがパネル討論会(1)「一帯一路と運命共同体」(進行:中川十郎・日本ビジネスインテリジェンス協会会長)で、パネリストは蘆載憲・韓国一帯一路研究院共同院長、曹衛・匯景国際集団有限公司副総経理、劉栄軍・北京師範大学法学院教授、林慧春・北京師範大学一帯一路学院教授、朽木昭文・国際アジア共同体学会理事長・日本大学生物資源科学部教授、小松昭夫・小松電機産業社長であった。

 午後2時10分から3時10分まではパネル討論会(2)「一帯一路と新しいビジネス展開の可能性」(進行:徐静波・(株)アジア通信社代表取締役社長)で、パネリストは朴 哲・北京世博投資集団董事長・北京市政協委員、李山・中国全国政協委員・シルクロー ド計画研究センター理事長 、張伯清・贝罗尼集団董事長、近藤加奈子・DENBA(株)常務執行役員、椛澤優奈・(株)リエイ取締役・(株)アジアリエイ社長、松延洋平・元農水省種苗課長であった。

 パネル討論会に続いて、陳昌珠・世宗研究所日本研究センター長、王振中・中国社会科学院経済研究所元副所長、谷口誠・元国連大使・北東アジア研究交流ネット代表幹事3人の講演が行われた。

谷口 誠 元国連大使

 当日最後の登壇者となった谷口元国連大使は、OECD(経済協力開発機構)時代の経験を踏まえ、1日をまとめるようなかたちで次のように話した。

 東アジア関連の会議には多数出席の経験がありますが、本日のような熱気は初めて感じました。従来までの日本外交は対米依存・従属一辺倒でした。しかし、私たちはアジア人です。東アジアやASEAN諸国でまとまらずに、遠く太平洋を飛び越えてあまりにもアメリカに依存・従属するのはおかしいことです。とくに今のアメリカ、ヨーロッパは昔と比べれば混乱しています。

 2060年(OECD報告書から)の人口予測はインドが第1位で15億人、中国が第2位で10億人です。インド、中国、アメリカが世界をリードします。日本は早く目覚め、対米依存・従属一辺倒な外交政策を転換、中国、インド、そしてEUとも仲良くやっていかなければなりません。とくに一衣帯水の大国である中国とは、より仲良くやっていく必要があります。私は当初から、日本はAIIBにも「一帯一路」構想にも積極的に参加すべきと考えています。(一部抜粋)

<第2回はぜひ中国(北京)での開催を検討したいと表明>

 鳩山大会名誉実行委員長の閉会挨拶(総括)を経て、参加者有志約150名は会場を移し、講師、来賓を囲んでの和気藹々の懇親、夕食を楽しんだ。この席で胡必亮・北京師範大学一帯一路学院執行院長から「第2回はぜひ中国(北京)での開催を検討したい」旨の意思表明があった。

 翌10日(水)には、午前9時30分~午後5時まで『一帯一路友愛学術・ビジネスフォーラム』(共催:東アジア共同体研究所、中央大学、一帯一路陝西友愛研究所、日本ビジネスインテリジェンス協会、日本シニア起業支援機構、アジア現代経済研究所『アジア現代経済』編集局)が御茶ノ水の中央大学駿河台記念館で開催、有識者約70人が参集した。 

西安・楊凌自由貿易試験区、先端農業特区などの話題を中心に、学術およびビジネス交流が行われた。

「一帯一路」へのイタリア参画というホットニュース

中川 十郎 大会実行委員長

 開会の挨拶に立った鳩山友紀夫・東アジア共同体研究所理事長に続き、酒井正三郎・中央大学総長、劉鋒・楊凌農業ハイテク産業モデル区日本首席代表、中川十郎・日本ビジネスインテリジェンス協会理事長、松井武久・日本シニア起業支援機構理事長が挨拶を行った。続いて、酒井正三郎・中央大学総長の基調演説『中国「一帯一路」の構想・展開・課題』が行われた。

 酒井総長は「一帯一路」へのイタリアの参画(2019年3月23日に覚書調印)というホットなニュース(G7では初で、協力分野は「交通・インフラ」「投資」「経済協力」「銀行システム」「通信技術」におよぶ。とくに、トリエステ港、ジェノバ港の2港は今後「一帯一路」の欧州へのアクセス拠点となる)から話始めた。

 そして「一帯一路」(英文表記はOBOR(One Belt,One Road)からBRI(Belt and Road Initiative)に)の構想~展開(濃淡ある進展に特徴)~課題(資金問題、経済的相互補完性、普世価値)について解説、そのうえで日本の果たせる重要な役割(米国と中国への橋渡し、一帯一路構想とインド太平洋構想の融和など)に言及した。

国有企業は資本合理的な生産方法で経済成長を主導

 基調演説の後は、王振中・アジア現代経済研究所教授、範雲濤・亜細亜大学教授、池蓮 広東財経大学助教授、宮川彰・首都大学東京名誉教授(「中国の国有企業は日本の国有企業のイメージとは大きく異なり、資本合理的な生産方法によって、生産力を顕著に発展させる原動力を担い、中国の経済成長を主導・牽引している」と結論)4人の報告が行われた。午後も中川十郎・日本ビジネスインテリジェンス協会理事長、小松昭夫・小松電機産業社長、松延洋平・元農水省種苗課長・首都大学東京客員教授の報告が続いた。

楊凌自由貿易区投資環境・優遇政策についての説明

 休憩を挟み、楊凌農業ハイテク産業モデル区日本代表処の毛士勇事務局長から「楊凌自由貿易区投資環境・優遇政策について」の説明があり、2つのビジネ交流を目的としたパネルディスカッションが行われた。パネラーの多くは中国楊凌で2018年に開催された「農業ハイテク成果博覧会」の日本ブース出展者であった。

 午後5時に主催団体を代表して、中川十郎・日本ビジネスインテリジェンス協会理事長が閉会の挨拶を行い、参加者は懇親会場へ移り、夕食、意見交換を楽しんだ。

(了)
【金木 亮憲】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月23日 07:00

【11/25】「fabbit Conference 全国大会」オンラインで開催~元駐日米国大使・キャロライン・ケネディ氏が特別講演

 スタートアップ企業の創業支援やコワーキングスペース・レンタルオフィス「fabbit」の運営などを行うfabbit(株)は11月25日に、毎年恒例の「fabbit C...

2020年11月23日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(後)

 「当社は、2月に入ってからすぐにイベント等の中止を決定するなど、緊急事態宣言が実施される前から対応してきました。イベントなどは3月以降、オンライン開催に切り替えたほ...

2020年11月23日 07:00

ホームセンター大手6社の今期、軒並み過去最高更新へ 巣ごもり消費警戒で下期は控えめ

 ホームセンター上場大手6社の2,3期決算は巣ごもり消費の恩恵で軒並み過去最高になる見通しだ。増収効果に加えDIYや園芸用品などの高採算商品の売上好調で粗利益が改善し...

2020年11月22日 13:00

【高速道手抜き工事】自民党支部の真相究明会議に宮内副大臣が猛烈抗議 文書で「政治活動の妨害」

   中央自動車道の耐震補強工事をめぐる橋台のコンクリートに鉄筋が入っていなかった問題で、工事を請け負った宗像市の建設・運輸業者「大島産業」との癒着関係が取...

2020年11月22日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(中)

 「それまでは大都市、もしくはビジネス街といわれる地域を中心に拠点を開設することが多かったのです。宗像市で開設に至ったポイントの1つとしては、やはり自治体としてスター...

2020年11月22日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~塘栖古鎮で想ったこと、古鎮ツーリズムの夢

 もともと、余杭は梅花で有名な土地で、超山という海抜260mの山があり、そこには中国五大古梅のうち、唐梅と宋梅の2本が今なお元気に生存している...

2020年11月22日 07:00

【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(後)

 今年10月、球磨川で流域治水協議会が設置され、議論がスタートした。新たな会議体に場所を移したとしても、球磨川流域の治水を考えるうえで、川辺川ダムが焦点なのは変わりな...

2020年11月22日 07:00

いつまで続くコロナ特需 ホームセンター大手中間決算、軒並み過去最高

 長く鳴かず飛ばずの状態の続いたホームセンターがコロナ特需に湧いている。上場大手6社の8、9月中間決算は軒並み大幅な増収増益を計上。今期決算では過去最高を更新する企業...

2020年11月21日 07:00

黎明期から戦国時代に突入~シェアオフィス業界に求められる変革(前)

 アメリカで生まれ、日本でもニーズが高まっているシェアオフィス業界。東京や大阪などの大都市を中心に供給エリアが拡大するとともに、外資系企業や国内企業の新規参入もあって...

2020年11月21日 07:00

ストラテジーブレティン(266)2021 年の景気拡大前に、投機化する米国金融~日本株式の相対優位鮮明に~(後)

 鍵となる米国長期金利は8月に0.5%であり、ボトム長期上昇トレンドに入ったとみられる。米金融緩和は弾力的でありプラグマテックである。景気とワクチンおよび財政による経...

pagetop