• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月18日 15:35

下水汚泥燃料化事業で式典 福岡県御笠川浄化センター

下水汚泥燃料化施設を見学する小川知事ら

 福岡県は18日、1日に供用を開始した下水汚泥の燃料化事業の完成を祝う式典を御笠川浄化センター(福岡市博多区那珂)で開いた。この事業は、下水の処理過程で発生する汚泥を炭化処理し、石炭代替燃料(バイオマス燃料)として火力発電所(長崎県松浦)で利用するDBO(設計施工、運営維持管理一括発注)事業。約104億円で電発・月島・三笠JVが受注していた。今後20年間の維持管理・運営は(株)バイオコール福岡御笠川が行う。同事業により、年間約2100tの石炭利用の削減、年間約5800t-CO2削減のほか、トータル約30億円(建設費・維持管理費)の経費削減が見込まれる。

 御笠川浄化センター(計画処理能力26万7400m3)は、同県最大級の流域下水処理場として、1975年度から福岡市、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川市6市の下水処理を行っている。発生した下水汚泥の処理費用は、維持管理費用全体の約35%を占めており、コスト管理が重要な課題になっている。県ではこれまで、溶融処理による建設資材化などを行っていた。

 下水汚泥燃料化施設は、既存の汚泥溶融施設を改築し、整備。設計・施工は月島機械(株)が行った。炭化処理は、消化ガスを熱源とする蒸気による加熱(250℃〜300℃)で行う。処理能力は約100t/日。施設建設費用は約38億円。

 式典で挨拶に立った小川洋・福岡県知事は「(この施設は)循環型社会の推進に供することを目的に設置された最新の施設だ。今後の社会情勢の変化や技術の進歩など時代の流れをしっかり捉え、これらに対応しながら下水道の整備を着実に進め、県民の快適な暮らしを支えるとともに、環境との調和を図りながら、住み良い福岡県をつくっていきたい」などと期待を寄せた。

 同様の事業は、北九州市の日明浄化センターで2015年10月から稼働している。福岡市の西部水処理センターでも整備が進められている。

【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月23日 09:00

中国経済新聞に学ぶ~増税で日本旅行はどれくらい値上がりするか(前)NEW!

 日本政府はこのほど消費税率の8%から10%への引き上げをめぐる詳細なルールを発表した。税率が引き上げられると、日本で暮らしている人だけでなく、日本を訪れる外国人観光...

2019年08月23日 07:00

直面する人手不足と採用 解決のカギは健康経営(後)NEW!

 タクシー運転手は、座る時間が長く、夜中にまとめて食べるなど不規則な食生活になりやすく、入社して半年から1年で体重が増えてしまうこともある。だが、毎日、出発する前に自...

2019年08月23日 07:00

どうする?どうなる?社会保障(4)NEW!

 以前は医療保険だった維持期・回復期のリハビリテーションや訪問看護、介護老人保健施設などが介護保険に移ってきている。病院や診療所の病床数(患者のベッド数)を減らし、早...

2019年08月22日 21:08

【ホークス速報】これが「最強」ホークスだ!

  ホークス5-1オリックス  主砲・柳田の待望の1軍復帰戦を何としても勝利で飾りたかった昨夜の試合で4-14の大敗を喫した福岡ソフトバンクホークス。 ...

2019年08月22日 17:55

AirDrop痴漢にご用心~iPhoneユーザーは今一度設定の確認を

 福岡県警は8月20日、福岡市西区に住む会社員男性(37)を、福岡県迷惑行為防止条例違反(卑猥な行為などの禁止)で検挙した。内容は7月5日午後8時44分頃、福岡市中央...

2019年08月22日 16:34

夏の甲子園決勝~履正社が星稜を下し初優勝

 全国高校野球選手権の決勝が22日に行われ、星稜(石川)と履正社(大阪)が対戦した。

2019年08月22日 15:55

【交通取締情報】23日、飯塚市、北九州市八幡西区で実施

 福岡県警は23日(金)、飯塚市と北九州市八幡西区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年08月22日 15:31

「九州の食」旗印にすえ、フードチェーン全体を盛り立てる~(一社)九州の食

 ラグビーW杯の開催まで一カ月を切った。来年には1964年以来の2度目の東京オリンピックを控え、さらに翌2021年には福岡市で世界水泳が行われるなど、毎年、名だたる世...

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(4)

 1973年にライオンズクラブに入会し、長年において337-A地区で奉仕活動を続ける和田耕司氏。80歳を超えてもなお、その活動への情熱が衰えることはない。過去、クラブ...

2019年08月22日 14:49

直面する人手不足と採用 解決のカギは健康経営(前)

 「健康」という今の高齢化社会に潜む課題をいち早く見出し、社員の健康づくりのための「健康経営」に積極的に取り組んでいる。心のこもったサービスをする企業として、人手不足...

pagetop