• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月18日 15:35

下水汚泥燃料化事業で式典 福岡県御笠川浄化センター

下水汚泥燃料化施設を見学する小川知事ら

 福岡県は18日、1日に供用を開始した下水汚泥の燃料化事業の完成を祝う式典を御笠川浄化センター(福岡市博多区那珂)で開いた。この事業は、下水の処理過程で発生する汚泥を炭化処理し、石炭代替燃料(バイオマス燃料)として火力発電所(長崎県松浦)で利用するDBO(設計施工、運営維持管理一括発注)事業。約104億円で電発・月島・三笠JVが受注していた。今後20年間の維持管理・運営は(株)バイオコール福岡御笠川が行う。同事業により、年間約2100tの石炭利用の削減、年間約5800t-CO2削減のほか、トータル約30億円(建設費・維持管理費)の経費削減が見込まれる。

 御笠川浄化センター(計画処理能力26万7400m3)は、同県最大級の流域下水処理場として、1975年度から福岡市、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川市6市の下水処理を行っている。発生した下水汚泥の処理費用は、維持管理費用全体の約35%を占めており、コスト管理が重要な課題になっている。県ではこれまで、溶融処理による建設資材化などを行っていた。

 下水汚泥燃料化施設は、既存の汚泥溶融施設を改築し、整備。設計・施工は月島機械(株)が行った。炭化処理は、消化ガスを熱源とする蒸気による加熱(250℃〜300℃)で行う。処理能力は約100t/日。施設建設費用は約38億円。

 式典で挨拶に立った小川洋・福岡県知事は「(この施設は)循環型社会の推進に供することを目的に設置された最新の施設だ。今後の社会情勢の変化や技術の進歩など時代の流れをしっかり捉え、これらに対応しながら下水道の整備を着実に進め、県民の快適な暮らしを支えるとともに、環境との調和を図りながら、住み良い福岡県をつくっていきたい」などと期待を寄せた。

 同様の事業は、北九州市の日明浄化センターで2015年10月から稼働している。福岡市の西部水処理センターでも整備が進められている。

【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月22日 07:00

ラグビー・イタリア代表チーム、福岡市内の小学校で交流イベント実施

 ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場しているイタリア代表チームは本日(22日)、ナミビア代表チームとの初戦を迎える。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(4)

 地球上の生命は水を介してすべてが循環している。この水の流れを滞らないようにすることが、生命体である人間にとっても地球にとっても欠かせない。水そのものを大切にするのは...

2019年09月21日 07:00

【9/28】横断歩道のルールを学ぶ~横断歩道マナーアップキャンペーン2019

 日本自動車連盟(JAF)福岡支部は9月28日(金)、エルガーラ・パサージュ広場(福岡市中央区)で「横断歩道マナーアップキャンペーン2019」を開催する。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(3)

 欧米の水メジャーが仕掛ける大規模な水ビジネスのなかで、日本は単なるパーツの提供、納入業者の地位に甘んじてきた。言い換えれば、最も儲かる水道事業の管理、運営の部分はこ...

2019年09月20日 17:10

トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(後編)

 筆者は以前、自著『ハゲタカが嗤った日』(集英社インターナショナル)で、イ・アイ・イ・インターナショナル社長・高橋治則氏のことを書いた事がある。彼は「日本のドナルド・...

2019年09月20日 16:37

【交通取締情報】9月24日、北九州市八幡西区とみやま市で実施

 福岡県警は9月24日(火)、北九州市八幡西区とみやま市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月20日 15:22

えんHDの新本社ビル「えん博多ビル」で上棟式

 (株)えんホールディングス(えんHD)が福岡市博多区住吉で建設中の新社屋「えん博多ビル」で20日、上棟式が行われた。同社の原田社長が関係者や近隣住民へ感謝の辞を述べ...

2019年09月20日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 8月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年09月20日 14:33

地域との共生のため~しっかりとした顧客対応が必要に

 暑さも峠を過ぎて朝晩めっきり涼しくなり、野菜を植えるシーズンの到来となった。私もわずかばかりの畑にシソ、ピーマン、大根、キャベツ、白菜、人参、ジャガイモ、ニンニク、...

2019年09月20日 13:00

イオン、「インナーカジュアル」分社化へ

 イオンリテールはGMS改革を進めて、売場の専門化に取り組んでいる。そのなかから、キッズ・ベビーの「キッズリパブリック」、ヘルス&ビューティケア「グラムビューティーク...

pagetop