• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月19日 08:56

中国現地ルポ-広州・杭州・長春・北京-(9)

福岡大学名誉教授 大嶋 仁 氏

北京

 首都北京は今回の最終目的地である。朝起きてホテルの周囲を散歩すると、どの建物も巨大で重い。歴史の重みか、それとも権威の重みか。

 この政治の中心では、人は小さくなるしかないのかもしれない。南国広州の自由な雰囲気が懐かしくなる。とはいえ、大通りの裏には昔通りの人間生活もある。フウトン(胡同)と呼ばれる居住地域がまだ残っているのだ。一部は観光化されて俗悪になったとはいえ、その裏道を覗きこめば、まだまだ人が生きている。

 北京ではかつての教え子のQに再会した。今や国の研究機関として名高い社会科学院に務めている。ずいぶん出世したものだ。

 そのQが開口一番こう言った。「この学院には北京大学や精華大学を出た俊才が集まっています。でも、彼らの多くは凡俗な野心家か、小心な役人根性で、本当の実力とは関係ない」

 Qは学院の文学研究科・東洋文学系に属している。「東洋」とは日本・朝鮮・インド・中近東を指す。Qが紹介してくれた同僚にインド古典の専門家がいて、いで立ちからして珍妙だった。いきなり私に向かって、英語でこう言ってくる。「今の中国、国自慢ばかりでしょ?自慢するというのは、これ、悪徳でしょ?」

 返答に窮した私は、前夜ホテルのテレビで見た習近平主席が「自信回復」を強調し、中国人は自らの文化をもっと誇るべきだと強調していたのを思い出す。このインド学者はそれを疑問視しているのであろうか。

 横で聞いていたQが割って入った。「この人は老荘思想で武装する怠け者。真に受けてはいけませんよ。現政府の国風尊重政策に逆らってるふりをしているだけです」

 同僚をこのように一刀両断できるのは並みではない。しかし、言われたほうも黙ってはいなかった。にやにやあごひげをさすりながら、「私は老子ではありません。とはいえ、怠けることが勤勉より悪い、と決めつけるのは危険ですな」と言い返したのだ。

 たびたび思うのだが、中国人どうしの会話はまるで映画を見ている、いや、司馬遷の『史記』列伝を読んでいるような感じを与える。あまりに明白に思想対立が示されるからだ。アメリカなどは私的な場面では論争を避ける傾向があるが、この中国は人間が熟れているのか、何もかもが論争になる。第三者にとって、これほど面白い見世物はない。

 北京にはもう1人教え子がいる。Qと違って漢民族ではなく、朝鮮族である。常に控え目なこの人に会うのは、6年ぶり。現在は市内の某大学で日本文学を教えている。

 久しぶりの「恩師」との再会ということで、ハイヤーを借り切って北京郊外の「十三陵」まで連れて行ってくれた。明時代の国王の陵墓である。それがなぜ大事なのかと尋ねれば、「明朝は漢民族最後の王朝だったから」と答える。朝鮮族でありながら、中国の歴史を熟知している。

 「中国人は歴史に詳しいんだね」と私がいうと、「でないと、大学に入ることは難しいです」と答える。英語や数学よりも、まずは中国古典と中国史なのだそうだ。「最近は英語や数学を重視するのでは?」と聞くと、「そうでもありません」という。今は『自信回復』の時代で、なるほど書店の児童書コーナーには子ども向き『唐詩選』や歴史物語が並び、彼女の娘はまだ6歳なのに、早くも『三国志』に興味をもっているという。

 十三陵見学の後、市内に戻って喫茶店に入った。中国における文学研究の話になって、俄然彼女の眼が輝いた。「中国での研究は国策と結びつき、上からの指令で論文を書かされる。これでは本当の研究が生まれるわけがありません。もっと、自分のやりたいことを実現できる環境でなくてはならないんですが、なかなか状況は変らない」

 おとなしい彼女の口から出てくるこの批判的言辞。「こんな状況では、世界に誇れる学者を輩出することなど無理だ」、とでも言いたげであった。はたして、自然科学の世界においても同じなのだろうか。国家体制と社会の安定を最優先させれば、研究の自由も抑制せざるを得ないということか。

 彼女が言ったことで、印象に残ったことがもう2つある。1つは「だんだん世の中の声が1つになりつつある」ということ。声はいつも複数なければならないけれども、声が多すぎても社会は混乱するとも言った。

 もう1つは、「現代中国の家庭は危機に面している」ということであった。彼女の危惧は、若いカップルが共働きをし、そのために子どもを親にあずけることをためらいもせずにする現代中国の傾向についてのものであった。彼女にすれば、そうして育った子がはたして次代の社会を支えられるか、と不安なのである。

 別れ際に、彼女に尋ねてみた。「共産党に入りたいと思ったことは?」

 これへの答えも明快だった。「ありません。私も夫も、権力の座に興味ないですから」

(つづく)

<プロフィール>
大嶋 仁 (おおしま・ひとし)

 1948年鎌倉市生まれ。日本の比較文学者、福岡大学名誉教授。 75年東京大学文学部倫理学科卒業。80年同大学院比較文学比較文化博士課程単位取得満期退学。静岡大学講師、バルセロナ、リマ、ブエノスアイレス、パリの教壇に立った後、95年福岡大学人文学部教授に就任、2016年に退職し、名誉教授に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

2020年09月18日 16:45

新型コロナワクチンの開発に成功したと豪語するプーチン大統領と世界の反応(後)

 とはいうものの、「スプートニクV」に限っていえば、すでに触れたように、あまりにも少ない治験データであり、その効果の程は「神のみぞ知る」といったところかもしれない...

2020年09月18日 16:30

ユニバ裁判、創業者の控訴が棄却に

 パチンコ・スロットメーカー大手、(株)ユニバーサルエンターテインメントは、17日、同社の創業者で、元取締役会長・岡田和生氏との裁判において、岡田氏の控訴が棄却された...

pagetop