• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月18日 07:00

怪物・カマチグループ創設者、蒲池真澄氏(11)

 

医学界の常識を破り都心部・原宿で回復期病院革命を起こす(中)

<東京は低リハビリ地域>

 回復期リハビリ病棟に関するカマチグループの歴史は、八千代リハビリテーション病院開設にまつわる件よりさらに前からあるのだが、それはまた後に記すとする。ここでは関東方面に目を向けてみよう。

teiji 東京は、蒲池会長にとって進出するに申し分ない地域だった。というのも、急性期病院は大小含めて多数あるが、人口10万人当たりの回復期病床数は全国レベルを下回るからだ。2014年時点で38床。全国平均52に対して大きく下回っている。なかでも都心部は少ない。原宿リハビリテーション病院周辺の山手線沿線には、100万人の高齢者がいると見られているが、回復期病床はわずか200床しかない。
 蒲池会長は「東京は低リハビリ地域だ。カマチグループは、東京にリハビリ専門病院が少なくて住民が困っていたことから、これを建ててきた。リハビリテーション病院は、どちらかというと地方に多く、地価が高い都心にはつくるべきでないという医学界の常識があると聞く。これを覆したいと思って原宿に建てた」と、都心進出への意気込みを語った。
 医学界の常識より10年先を見据えた医療を提供するというのも、蒲池氏が下関カマチ病院を19床で始めた当時からの持論だった。「医学界の常識を破る」ことを公言してはばからない蒲池会長だが、そう言えるだけの先見の明があることはたしかだ。国がまだ早期リハビリテーションの価値を認めず、診療報酬の点数もほとんど加算されなかった70年代から、積極的にこれを実践してきた。
 当時は1人の患者を早期回復させるには、術後は少なくとも1週間は絶対安静というのが常識だった。しかし本当に回復させるには、できるだけ早くリハビリに入る必要がある。手厚くアシストするためには、リハビリ職員(理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST))の存在が欠かせないと、これを増員するために、学校法人福岡保健学院内で看護、介護、助産などの人材育成を目的とした専門学校を建て始めた。それが前述の八千代リハビリテーション学院を含む3校だ。

<リハビリ職員の充実が回復期事業拡大の強みに>

 各専門の業務内容について、簡単に触れる。
 PTは起き上がる、立ち上がる、歩くなどの基本的な動作の回復を目的としたリハビリテーションを行う。また電気などを用いた治療やマシーンを使った筋力トレーニングで、社会復帰に必要な体力面の強化を行う。OTは着替えや入浴など、自宅での生活を想定した日常生活訓練を中心に行う。また、自動車の運転や職場復帰のために必要な訓練および園芸や書道などの趣味的な活動も行う。そしてSTは聴く、話す、読む、書くといった言語の障害を持った患者に、機器などを使ってあるいはジェスチャーや描画などによって、言葉や意思を引き出す訓練を行う。また嚥下障害がある患者には、食事を安全に、よりおいしく楽しく食べられるように食べ方の訓練を行う。

 このような専門職の育成が、どれだけカマチグループのリハビリ病棟としての特異性を培っているかというのが、示されるのが【表】だ。
 この表が示す通り、回復期リハビリテーション病棟は、在宅復帰率、看護配置、リハビリ専門職配置、重症者率などで一定以上の基準が求められる。そして巨樹の会は、1番高レベルに当たる回復期リハビリテーション1の認定を受けるための基準にすべて達しているのはもちろん、なかには基準を上回るものもある。
 なかでも群を抜くのが、1病棟あたりのリハビリ職員数だ。
 1レベルの基準がPT3名以上、OT2名以上、ST1名以上であるのに対し、同法人では、PT22名以上、OT11名以上、ST4名以上である。その具体的な人数は、関東グループだけで1,200名。この大人数のリハビリ職員が、他の看護師による看護部や、医師、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカーとのチーム体制をとり、365日、必要なときにはいつでもリハビリテーションを提供できるよう準備を整えている。
 それが、在宅復帰率と重症患者の受入率の高さにも貢献している。重度患者への治療は実践を積んだより質の高い人材が必要であるため、どの病院でも受け入れられるというものではない。救急車の受け入れ拒否の理由にもなりがちだ。重度患者の受入率の高さは、スタッフの質を示す1つのバロメーターだということもできる。

siryou

 

(つづく)

<プロフィール>
kamati_pr蒲池 真澄
学校法人福岡保健学院創設者、社会医療法人財団池友会理事長、カマチグループ会長。
1940年4月14日、福岡県八女郡黒木町生まれ。蒲池家は江戸中期から8代続いた医師の家系で、蒲池真澄で9代目となる。59年 福岡県立修猷館高校卒業、65年九州大学医学部卒業。東京虎ノ門病院でインターン(1年間)、九大大学院医学研究科、下関市立中央病院、福岡大学医学部を経て、74年に今日の池友会グループの礎となった下関カマチ病院を開院し独立した。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop